・新年最初のライブはこちらになります。
よろしくお願い致します~エントランスフリーですし、是非是非~

■1月18日(水)【伊東篤宏 presents ..... TRONITO vol.10】
@西麻布ブレッツ(http://bul-lets.com/top.html)
19:00~23:00
★★★エントランスフリー★★★

LIVE>
伊東篤宏[OPTRON]
黒澤勇人


伊東さんは蛍光灯を使用した音具オプトロンで演奏されている方で、
動画などもyoutubeにあがっております!
これでオプトロンがどういうものかすぐわかると思います。



SONY "WALKMAN" CMって書いてあるけど
テレビで流れたのかな?このCMやってたらリアルタイムで観たかったですね~。

最近でた新譜、Midnight Pharmacistもかなり面白そうです。
まだ買ってないのではよ買わねば!




レヴィナスと愛の現象学読み終わる。

とはいえ途中のジェンダー論もあってかあんまりまだ
レヴィナスに嵌った、という感じはしなかったな~、
まぁあのいかにも日常的な単語(他者とか顔とか)を使いつつその意味が
かなり違うものだったりするのでそういう読み込みは正直足りてないですが。
でも内田さんのレヴィナス三部作は今後読むんだろうな~と。
三番目の本は現在執筆中らしいです。

あんまり関係ないですがレヴィナスの息子さんは
ミカエル・レヴィナスで作曲家さんらしいです。
しかもスペクトル楽派。



この作曲者の顔だけのせたyoutubeはなんとかならんのか(笑)

現代音楽を扱ったおそらく世界でも唯一の漫画ミュジコフィリアの二巻にも
スペクトル楽派がでてきております。ミュジコフィリア自体は現代音楽畑の方が
読まれたらどう思うのかな~と気になりますが、技法はかなり色々ちゃんとでてきて面白いです。
こう音大の世界を知らないがために漫画用の脚色だと思ってたのが事実だったらどうしよう・・・みたいな・・。


スペクトル楽派は例えば鐘の音なんかを
音響分析してその近似値的な音高にオーケストラの音をあてはめていく音楽だと
大まかな感じで思っております。

ただそのかわりメロディっという感覚がなくて
音の縦の組み合わせに終始してまって印象が似通ってきてしまうって
ウィキペディアに書いてありました!

そんでもってミカエル・レヴィナスはスペクトラルな言語で武装しているはずなのに、なぜか脈絡なく調性的なパッセージが混雑するなど、様式の混合を恐れてはいない。
とこれもウィキペディアに書いてありました!

本当じゃろうか・と思いつつも大体現代音楽のCDってあんまり売ってないんだよな・・。
私がアマゾンに頼りすぎているきらいもありますが。
[PR]
by eugene_photo | 2012-01-08 00:50 | 告知!


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧