ミレニアム

・ミレニアム ドラゴンタトゥーの女を観にいった。
CMがとっても面白くなさそう感があったのだけれど
観れば重厚なサスペンス、二時間よりもっと長い上映時間でしたが
全然気になりませんでした。
CMもやはりちゃんと作らないといかんのですな・・。

音楽もよくてオープニングのレッド・ツェッペリンの
「移民の歌」のカヴァーかっこいいなぁと思ったらトレント・レズナーでした。
それはかっこいいですな!
映画の音楽自体もやっているようです。




・近藤譲著の“音楽”という謎読了。

近藤譲さんは現代音楽の作曲家ですが、
この本では音楽美学や音楽学に触れています。
最初の章に
実際に音楽に携わる人は音楽そのものについて考えることは少ない、
といったことが書いてありますが確かにそうなのだと思います。

私もどちらかというとそう思っているのですが
音楽とは何かということについて延々考えているよりかは(実際それは答えは人それぞれ、
というところにしかたどり着かないのでは)実際の技法を学んだり練習したりということに
時間を割いていたほうが音楽をする人間にとっては有意義である。それはもっともだと思われます。
結局音楽が何かということについて考えるのは哲学者ぐらいであると。

しかしこの本はそこであえて作曲家である近藤さんが音楽について考えてみようと書いている本でして音楽美学や音楽学などについてふれつつ近藤さんの考えが述べられているという感じになっております。

最後の章ではそういうところを説明したうえでじゃあ今現代音楽をやる近藤さんは自分の音楽をどうとらえているかというところにふれていてこれもまた面白かったです。
現代音楽の作曲家は一人づつそれぞれ独自の書法を持っているというイメージなのですが
近藤さんの自作の説明だと書法という感覚で作っていないような・・。
実際には何かあるのかもしれませんが。

後半にウィトゲンシュタインの引用がでてきて、
うわぁ~またウィトゲンシュタイン表れた!と思いました。
しかもやはり後期からの引用!
偶然のような気もしますが内田樹さんにとってのレヴィ・ストロースのように、
自分にとってはウィトゲンシュタインが軸になりそうな気がしているので
やはりまたウィトゲンシュタイン読み直さねばと思いました。

近藤譲さんの考えは結構自分がうまく言葉にできない部分を形にしてくれている気がして
非常に親近感があるのですが実は申し訳ないことに曲を全然聴いたことがないという・・。




・内田樹さん著のもういちど 村上春樹にご用心、読了。
息抜きで合間に読む感じ。

村上春樹は自分も好きなのですが
内田さんの評論が基本褒めに徹しているので最初読んでいて
これは大丈夫だろうか、お金の流れがあるのだろうか、というか
褒めに徹してると流石に妙な気持ち悪さがというか居心地の悪さが・・。

ただなんでか真ん中を過ぎてからはあまり気にならなくなってまいりました。
村上春樹の面白さは多分1970年ごろのシティライフをどうのこうのというよりは
神話性にあるというのは自分もなんとなく思っていたのでそのあたりはそうだそうだ!と勝手に頷きつつ。
(ただ自分が勝手に記憶を捏造して本を読んだあとでそう思ってました~という後だしも否定できませんが。。)
ノルウェイの森とかも実のところバンシーのようなものの話という気がしてます。

「羊をめぐる冒険」が
レイモンド・チャンドラーの「ロンググッドバイ」のリメイクで
それが
フィッツ・ジェラルドの「グレード・ギャッツビー」のリメイクで
それもまた
アラン・フルニエの「ルグラン・モーヌ」のリメイクであるという話は
目から鱗でした。

グレートギャッツビーは読んだけれど全然似ているなど思いもしなんだ・・。
そういえば村上春樹はグレードギャッツビーとロンググットバイを
翻訳していたりもしているし・・。
「ルグラン・モーヌ」もそのうち読まないとな~と思った次第。

本には収録されていなかったけれど
内田さんの村上春樹関連の文章ではこれも面白かった。
というかこの事件事態が興味深いのですが。
村上さんの本編集が自筆原稿を売り払った、という事件なのですが。
http://blog.tatsuru.com/archives/001595.php
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-12 01:29 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧