布農族

以前書いていた台湾の高砂族の音楽は
もしかしたらyoutubeでもみれるのかなと思ったら案の定youtubeで検索したら簡単にありました・・・。高砂族の中でも特に布農族(ブヌン族)が音楽面で有名らしいですね。

弓琴の演奏もありました。
これの倍音の変化を基にして合唱のハーモニーが生まれたというのが
たしか黒沢隆朝さんの説だったかと。



しかしこの映像・・なんの催しなんでしょうか・・
私の勝手なイメージですがこう自然に囲まれたのびのびしたところで
弓琴の音がビヨンビヨン響くというイメージでしたから
こう劇場っぽいところでやってるのは残念な感じが・・。
伝統芸能みたいな感じで毎日外国からの観光客相手に商売をしているという感じなのかしら。
途中めっちゃ携帯ピロピロ鳴ってますし・。
それはそれでこう台湾旅行にでも行けたら手軽に、
調査旅行とかで山奥に重装備で入ってみたいなことじゃなくて気軽に見れるのであれば
それはそれでありがたいですが。



小米豐收歌とありますから豊作を願う歌ですかね。



八部合音というのもありますね。
これは小泉文夫さんの本で自分が読んだ中には情報なかった気がします。
台湾なら台湾をピンポンイントに調べた本とからなら載ってるだろうか?
これは今聴いてもかなり強力な音楽ですね。
輪になって合唱して・・・宇宙人が呼べそうな(笑)
というかそういう映画のサントラで使われましたかね?
もしくはリゲティとかに印象が近いのかな?

ブヌン族の歌については
デヴィッド・ダーリンという人がチェロを弾いているMudanin Kata / ムダニン・カタというアルバムがありましたね。合唱にあわせてチェロを弾いているのか、フィールドレコーディング的に使ったものにチェロを重ねているのか、まだわからないですが。ちょうど図書館にあったので後で聴くのが楽しみですわ。

最近は音楽はやっぱり音そのものだけとりだすというよりは
文化的なものも付随しないとなかなか成り立たないんじゃないかという気がしています。
自律的な音楽というものが有りうるかどうか。
ま、それはそれとしてこういう音楽の保存云々はかなり難しそうですよね。
音楽だけ残してもしょうがないし、でも演奏する人は近代化した生活をしている人もいるでしょうあし。このへんはほんとにちょっとやそっとのことで解決されるものではないんでしょうね。
日本の雅楽なりアイヌ音楽なり三味線なり他にも色々あるものもそうでしょうし。

あとyoutubeはやはり凄いですね。
小泉文夫さんで検索したらラジオの録音みたいなのもがんがんでてきました。
ちょうど高砂族にふれてるあたりをあげてみます。


[PR]
by eugene_photo | 2012-04-19 16:33 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧