最近観た映画

82 毛皮のエロス
83 ブレードランナー
84 アワーミュージック
85 鏡
86 LOFT
87 A2

等等。

毛皮のエロスは双子の写真等で有名な
ダイアン・アーバスを元にしたフィクション。
割と面白かったしニコール・キッドマンが目茶目茶美人で良いのだけれど
(この映画のが良いって言う人も多そう)
なんとなく昼ドラ的な感じがするのは何故か。
まぁ単純に主婦が別の世界に惹かれていくからかな。
ダイアン・アーバスが撮ってきたようなフリークスも登場するが
フリークスに対する細かい描写は特になく、
どちらかというと七人の小人のような、
おとぎ話の登場人物のようにフリークスは描かれる。

ニコールキッドマンが演じるアーバスは
多毛症の男性に惹かれていくのだけれども
夫がそれに気付いたあたりから髭を伸ばしたりとそのへんは面白し。


ブレードランナーといえば
原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?ですな。
このタイトルは好きです。
公開当時はかなり話題になったみたいですが
今観るとそんなに面白い作品なのか自分にはよくわからなかったり。
多少街並みに東洋っぽさがあったりして面白くはあるのですが。
なんとなく終わり方があれ、すんなり?という感じで
肩透かし感があるからだろうか。

鏡はアンドレイ・タルコフスキー監督の作品ですが
かなり難解。
というか観ていてあまり意味がわからなく、
元々タルコフスキー作品には長めで沈黙のショットが多いので
眠くなって寝てしまいました。
何回か観なきゃいけないかも。


LOFTは黒澤清監督の。
また例によって問題作(笑)
すごい真面目にホラーだと思ってるとどんどん外されて笑える。
叫もそうだけどどんどん定型を外していって
なんだかよくわからない映画になっていっている。
これは何々映画ですな、と一概に全く定義できない。

ラストも衝撃というか笑撃というか、
トヨエツのかっこよさもここでは益々可笑しく思える。

中盤では
トヨエツがミイラに向かって「動けるなら最初から動け!」
とつっこんだりします(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-05 05:38 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧