杉本拓作曲シリーズXX

やっぱり赤より白の方が飲みやすいもんですな~。
というわけで酔いまくりつつ感想など。


29 杉本拓作曲シリーズXX
  @明大前キッドアイラック
30 杉本拓作曲シリーズXX
  @明大前キッドアイラック

上についてる数字は
今年見たライブもしくは演奏したライブの累計ざんす。
あんまりライブみないほうなので
今年はおかねと時間のゆるす限り100本を目標にしようかと。


初日はトロンボーンをもっていったのですが
これがなかなか駄目駄目でした。
まずピアニシモで音をだす難しさ、
予想以上の無音というか演奏がない部分の緊張感。
リハの合間とかはポッポポのんびり吹けるのですが
本番になるとかなりヘボいミスを連発。
高音も使う予定でしたが
唇があまりの緊張にぷるぷるして断念。
心が折れた。
う~む正直こういう小さい音のコントロールは
この楽器専門に何年も~って方じゃないと
難しいですな、つまりは練習不足と判断ミスですが。

そういう個人的なものは別として
この日はなんともいいがたい曲になっていて
それはまた面白かったかも。

2日目は
1日目でやったことのロングバージョンなので
ある程度音を伸ばせたほうがいいかなというのと
前回ぼトロンボーンのへっぽこぶりもふまえギターで
E-bowで音を伸ばす方にチェンジ。

曲としてのわかりやすさというか
良く感じやすいのはこちらのほうでしょう。

杉本さんと自分の見解が(主に自分の伸ばす部分など)
一致してて面白かったですがまぁチキンなのでその通りには
中々いかないと(笑)次やるとすればまた違う形になるので
しょうがないですがあまり遠慮というかなんちゅうかしすぎるのも
いかんなと思いました、要はチキン。

後半にはE-bow三本による部分が面白かったかなと
米本さんがE-bow使ってるの気付いたのはかなり後の方でしたが。

自分がアコースティックギターを使って音量が小さめなのもあって
自分の音がどれかわかなくなる時もあり。
チューニングを少しずつ変えながら音をだしていたので
音程がフラットしているのが自分のだと思いつつも
しかしちょっとずつさげてるからどれだかわからない!
(15分で全音下げるくらい、50分で全音とかいけたらもう最高なんですが)

ある程度音程を正確にするためチューナーもつけつつやっていたけど
省エネ設定のチューナーらしく五分ぐらいしたら
自動的に電源きれた!(笑)
これではどこまでペグを回していいかわからない。

後半のC音に戻る時は
割とあっていたけど前半は
少し高めか低めかわからないけどずれた音でおわってしまった。
多分D♯よりか?わからんけれども・

アルヴィン・ルシエの
トロンボーンと電子音の
音程が徐々にずれていきまた元のユニゾンに戻ったりする曲に
近い響きもありつつ(音程がずれることによる揺らぎのような。
中学校の吹奏楽の時には音程がワンワンいっていると気持ち悪いと
絶対音感な子がよく言っていたものですが・・)
お互いの演奏の読み合いもありつつ
特有の緊張感もありつつ2日目は楽しみつつ演奏をすることができました。

とにかく杉本さん作品の洗礼を受けた2日間でありました。
機会有りますればまた是非やりたいです。


と来れなかった方用に書いているつもりが
結局よくわかりにくい文になっている、という。
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-23 01:08 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧