<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

武満徹作曲賞について

25日に武満徹作曲賞を見てきました。
スティーヴ・ライヒが審査員ということで
何時もはオーケストラ形式に対応する曲なのですが
今回はアンサンブル形式で、マイクによる音の増幅、
電子楽器の使用もOKということでした。

これにはライヒ自身が自分の曲にも
マイクを使っていたり電子楽器を使うこともあり、
今の時代には今の時代のオーケストレーションの考えが
あるのではないかとのことでこのような形態になったとか。

来年からは普通にマイクの増幅やら電子楽器はなしで
オーケストラ形式にもどると。
来年の審査員はヘルムート・ラッヘンマンだって。
残念ながら知りません、
のでアマゾンで購入しました。
早く届いてけれ。

それはそうと会場のオペラシティにつくと、
ちょっと用事があったため
二番目の人の曲の途中。

途中入場なのでホールには入れず終わるまでロビーでモニターみる。
トーマス・バレイロさんというメキシコ出身の方。
モニターからも少し音は聴こえてくるけど
小さめなのであまりよく聴こえず。
今回の審査員ライヒと、賞の元である武満に敬意を表して
作曲した、とあるとおり、二人の影響が強いのかな~と思いました。
にじんだぼやけたような音は武満的だったし
グランドピアノを二台くっつけて配置するのは
ライヒのセッティングと同じだし。
パンフを読むとそもそも
ライヒ、武満、ドビュッシー、レオ・ブローウェル、
メキシコ民謡の旋律が引用されているとか。
ある意味ではトーマスさんの個人音楽史的な音楽なのかも。

演奏終わって、
ホールに入る。
お、予想通り小○先生がいらっしゃる。
まぁそれはおいておいて。

次は松本祐一(祐一の祐のへんは示です)
さんで、アンケート・アートを用いた作品。
広島・長崎の原爆投下についてどう思いますか?
という質問文(曲名でもある)に対する答えを
集計して、
それを品詞分解・・
名詞、動詞、連体詞などなどにわけ
それらに音をあてはめる、
音の長さを単語の長さで規定する、
という、なかなかシステマティックな曲。

また質問に対する答え自体も音声で演奏中に示される。
なのでどの質問に対してどういう音楽が作られるかというのは
聴きながらでもわかるようになっている。

またスピーカーが両脇に二台設置しており
左から日本語による音声の再生、
右からはそれを英語に翻訳した音声の再生がおこなわれる。

アンサンブルも左と右でわけ、
左は日本語の品詞分解の音楽と
右からは英語の品詞分解の音楽が流れる。

日本語と英語では品詞の順番も、
単語の長さもかわるので
両者の演奏には差がでることになる。
考え方の違いを表す差異の音楽でもある。

ライヒとは違う方法での差異へのアプローチ、
なんて考えることもできてなかなか面白く
武満徹作曲賞はこの方でした。

アンケートによっている以上
作曲家のできることは少ないように思われますが
まずどの品詞にどの音をあてはめるか、ということ。
品詞が12個(平均律の半音階から考えると)あるわけではないので
音の取捨選択がなされなければならない。

この点も上手かったのじゃないでしょうか、
非常に聴きやすい、でもつまらないわけじゃない、
良いバランスに保たれたフレーズが聴こえてきました。

また広島・長崎の原爆という重いテーマでありながら
曲調が暗く重々しいもの、というステレオタイプでなかったのも
良かったかな、と。軽視するわけじゃなく、
アンケートそのものは今の時代に行われたもので
実際に現実に体験した、という人が答えているわけではないだろう、
だからアンケートの答えはある意味冷めていて、
と同時に時が経ったからこそ考えられて言えることもあるように思われた。あ、で実際の曲調がどうだったかというと
こう疑問符が似合いそうな、考えていかなければならないな~という
ように思われる曲調。音感が特に良いわけではないので
何々スケール、何調とかわかりませんえん。

あとなるほどと思ったのが
曲の始めに
音声で「連体詞」、と言ったら
ロングトーンでそれにどの音をあてはめているのか
こちらに教えてくれた、
提示部があった、ということ。

こういうのは作曲(主にクラシカルな方の)
をやっている人ならではの発想なんだろうなと。
即興に提示部なんて考え方はないのはあたりまえですが(笑)

とにかく原爆というテーマそのものはありがちではあるのだけれど(つかっときゃ外国にイメージ与えやすいだろみたいな)、
でもわかりやすく楽曲が作られていて、
非常に聴きやすくて
コンセプトに向かって磨いてあって、
結局客観的になって聴く人のことを考えている、
というのが決めてになったんじゃないかなと。

最後の曲の
中谷さんのは
パンフの文章そのものがわかりにくいものだったので
危惧していたのですが聴いてもやはりあまりよくわからなかった。
おそらく弦上のハーモニクスの比率を24時間サイズに見立て
弦をタイムラインに進んでいくみたいな曲なのかなぁ
と思ったけどちょっと違うみたい。
使う楽器はすべてハーモニクス音使うよう。
チューニングがピアノや
オーボエのA音ではなく
機械の電子音によってかなり各楽器毎に
細かくチューニングしていた。
平均律ではなく純正律なのかな。

なにぶん普段とのチューニングの難しさもあってか
結構演奏には難儀していたような、それとも作曲段階での
まだ足りないものがあったか、どことなく中途半端な印象を受けた。
多分新しい音使いをしたからこう一般人には良くなく
聴こえる音が鳴った、聴者がついていけなかった、
とはまた違う気がしました(いや、個人の意見だからわからないんだけど)
ハーモニクスということでエレキギターも
使用したのだけれどどうしても生楽器とアンプのエレキの音
は溶け込まず違和感があった。エレキギターのパートはなしでも
良かったかもしれない。逆に松本さんの方の曲は機械の音声と
生楽器は逆に異物感が強くて良かった。

とはいえこの方かなりお若いですし、
ライブハウスとかで演奏してたり
オーケストラやらアンサンブルなどに自分の曲を演奏
してもらい聴いてもらうことはなかなかなかったそう。
(プロフィールみても音大生でもないみたいだし)
それで今回ファイナリストにも選ばれて、というのは
かなり凄いことなんじゃないかと。
今後今までになかった面白い楽曲を作り出すのじゃなかろうか~、と。

今回のはNHKのラジオ「現代の音楽」でやるらしいです。
確か7月とか6月あたりか・・。
最初の人の曲も聴けなかったし、
また聴けば何か違ったものがみえてくるかも。
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-28 23:08 | 雑記

ペゾシレンの娘

昨日のScarlett Sorryの演奏でも思ったけどやはり
曲がすごく良いすねぇ~。

自分の次の演奏機会は5月31日で、
トロンボーンで混ざって演奏させて頂きます。

ペゾシレンの娘という
映画の上映にあわせてリアルタイムに演奏するというもの。
音楽はScarlett Sorryの高橋君がやっておられます。

でも残念ながらお店側はもう予約で一杯なので
あんまり告知してもしょうがないかもと思いつつ、
でも二回目もあるかもしれないという話もあるので
無駄ではなかろうと。


予告映像ざんす。
http://jp.youtube.com/watch?v=Lh7NsHI3ayY
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-27 16:35 | 雑記

演奏終了~

ほえ~ゴールデンエッグでの演奏
終了致しました~。
皆様お越しいただきまして真に有難うございました~!

最近は演奏するたびに固さがでてしまい、
どんどんがちがちになってしまっていたのですが
今回はそのがちがちをぶち壊そうと
好き勝手やらせていただきました。
多少なりとも殻は壊せたのかも。

それとも今回はトリオだったので
前の演奏とかまだまだソロ演奏に耐える実力がなかった、ということ
かもしれません。

とにかく演奏終わってかなり浮ついた気分になったので、
なかなか成功したんじゃないかと。よって今回はあまり反省
する気なし!

しかし三人同時に音出してる必要はないんじゃないかという
意見もあり、その辺の音の抜き差しは今後の課題かなと。
こう波形でみるとかまぼこみたいになっちゃてる面があるので。

やっぱり演奏する時はあまり考えない方がいいんだな~、
とりあえず演奏前には色々考える必要があると思うが。

フラグメンタル自体はどんどん作為的なものは削ぎ落として、
といってもまぁ限界があるので前もって決めてくことをへらして
自由即興な部分が増えていくことになるんじゃないかと。

そしてそのまま数回ライブをやるとある程度飽和状態に達するかもしれないのでそこからどうしていくか、というのが気になるところですが
まぁ今からそげな話をしてもしょうがなし。

そいではもはや眠いので失礼しますわ~。
お疲れ様ですわ~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-27 01:49 | 雑記

ライヒ

現在ラジオ用に録音したものを編集するべく
色々編集ポイント探しつつ聞いているのですが自分の声と喋りがうわ~っという感じでなかなか進められない。
自分の声が変に聴こえるのはもちろん、
喋り方でこの人(黒澤)本当に人の話聞いてんのかな?と疑ってしまいます(笑)でもなかなか面白い感じです。

それはそうとライヒ演奏2日目の方観てきました。
三階だったので
ピアノが二台ずつくっついている図が上からみれて
それが図形のようで面白いなぁと思ったり。
いやピアノだけじゃなく基本的に各楽器が対になっているので
全体の図もまた図形的でした。
オーケストラの編成というのも壮観ですがよくあるとこはあるので
このライヒの編成は新鮮なものがありました。

生演奏ということで
CD録音とは聴こえ方が違ったり、
ミスというか生演奏の楽器が発するノイズがはいってきたりして
なんというか意外と無骨な感じも受けて
あぁ本当に生演奏しとる~と思ったものです。
ドラミングのばちとばちがぶつかる音なんて特にそうでした。

どんな複雑なことをしてるのかと思っていた
18人の音楽家のための~
こうして生演奏で聴いて演奏している姿をみると
意外とめちゃくちゃ複雑という程ではなかった。
演奏する姿がみれたのでなるほどここでこれがこう鳴って、
こっちはこれやって・・いうのがはっきり観れたので。

ライヒのベストのライナーノーツにもあったけど
やっぱり野球っぽい感じがありますね。
一度に全員演奏することはなく、
常に一人二人椅子に座って休んでいる人がいる。
演奏が次のセクションへ移行することを示す
合図の音を出す人がいる、
ていうあたりから連想します。

演奏終了後はもちろん拍手が起こったのですが
ロックバンドのライブみたいに
歓声をあげる人もいて、
特に悪いことでもないけどそれはそれで不思議だった。

その後
別の日のトークセッションにも行ってきた。
序盤が1日目にやった日本初演のダニエルヴァリエーションの解説で、
CDで流してくれたので1日目に行ってない自分にはラッキーだった。
しかし曲が流れている間ちょっと疲れていたので
うつらうつらと。
トークのときはメモをとってるから眠くなかったのだけど
動かない、曲を流している時はかなり眠く、
会場にテレビ用のカメラも入っているのに
ちょっと舟漕いだ。寝てはいないが舟漕いだ。

その後質問タイム。
あれよあれよと質問が矢継ぎ早にだされ
あっという間に終了。
自分も何か質問しようかと思ったけれども
良い質問が思い浮かばず特に手を挙げたりせず。
というか未だに授業中に手を挙げる、ようなことは苦手である。
ライヒの好きな食べ物は?とか聞いてもしょうがないです。
それはそれで興味ありますが。

とはいえもちろん皆様有意義な質問ばかりで
色々話が聴けました!たまりません!なるほど!

帰りにライヒの楽譜が展示してあったので見る。
意外と楽譜で観てもやはり簡素な印象。
なんでこれが演奏されるとあんな風になるの?と。
トークセッションで言っていたように同じ楽器が対に
なっていることが最重要なんだろうけど。
とにかく色々話しが聴けて気分が昂揚しながら帰宅。
エレクトリックカウンターポイントとか
楽譜買って演奏してみようかとかまで思ってしまう。



日記ついでにyou tubeを使ってみよう!
ライヒのピアノフェイズのダンス付き。
ピアノの同じフレーズをずらしていって作られております。
http://www.youtube.com/watch?v=-wkVXxRf8Pw
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-25 03:23 | 雑記

告知!ゴールデンエッグ!

と、そんなこんなで告知です!
今回は場所は新宿歌舞伎町のゴールデンエッグです。
みなさんよろしくおねがいします~!

最初の高橋君のバンドは
いつもは大編成のバージョン(5月31日にトロンボーンで参加したり
するのですが)の曲を聴いているのですが
今回はスリーピースっということでどんな感じになるんでございあしょう。あ、いや同じ曲やるかは知りませんが良いメロディメーカーなんでお勧めです。

康さんはまだ20代というのが信じられぬギタリストでございます。
演奏観るたびどーしてどーしてそんな演奏ができるのか!と。
それにさらにGeGeGeGeQuartetの弘中さんが加わっての演奏なので
さらに楽しみです~。

そんでもって自分の参加バンド
fragmental jazz trioは
最近の自分の演奏と違ってかなり音量がでかいです。
特に何も考えずに弾いてますが非常に楽しくやっております。
前のゴールデンエッグでの演奏よりもさらに濃いものとなるでございましょう!
是非お時間ある方いらっしゃってくださいな~。



*************************
■5月26日
【F.J.T.presents “UPRISE!!!” vol.3】
新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ

《出演バンド》

【Scarlett Sorry】

高橋優(ギター、歌)
石川亮(ドラム)
斉藤僚太(ギター)


高橋優という青年とその周辺の人々。
ホームページhttp://milky.geocities.jp/ubunanna
マイスペースhttp://www.myspace.com/ubunannaubunanna


【康勝栄・弘中聡 DUO】

康勝栄(gt)
弘中聡(dr)


康勝栄
こう かつよし 1983年3月30日、東京生まれ。在日韓国人。ギター演奏。
都内を中心に活動。
演奏家、音楽家ではない。

(主な共演者:豊住芳三郎、佐藤通弘、太田惠資、向井千惠、吉田アミ、
加藤崇之、松本健一、John Russell、大谷能生、佐藤行衛、等。
2007年には大野一雄フェスティバルにも出演。)


弘中聡
自己のバンド「GeGeGeGeQuartet」のドラムとして活動中。
「良い音で音楽を」をテーマに様々なミュージシャンと演奏している。

(主な共演者:荒井皆子(vo)アンドレアスドーマン(bc)板倉克行(p)
一楽誉志幸(ds)岩見継吾(ba)臼井康浩(gt)永塚博之(ba)
大沼志朗(ds)金剛督(as)ジャンニジェビア(as)鈴木放屁(ts)
スッパマイクロパンチョップ(gt、vo)ダモ鈴木(vo)徳久ウィリアム
(voice)豊住芳三郎(ds)中村大(オーサカモノレールba)
半野田拓(gt)藤原大輔(sax)古池寿浩(tb)松本健一(sax)
森順治(as)………etc
この歳で、ピットインの夜の部出演等、実力は日本でもトップクラス。)


【FRAGMENTAL JAZZ TRIO】

豊田洋輔(as)
露木達也(dr)
黒澤勇人(gt,laptop)


サックス、ドラムス、ギター&ラップトップ、という 変則的インプロ・
トリオ。
いまだそのサウンドの謎は ヴェールに包まれたままだが、いよいよ今年
より活動を本格化。
時にエモーショナルに、時にアンビエントに・・3人の 「呼吸」が収斂
されていく模様がスリリング。
マイスペースhttp://www.myspace.com/fragmentaljazztrio


********************
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-24 00:29 | 告知!

演奏終了~

フライングティーポッドでの演奏終了しました!
来ていただいたお客さん、出演者の皆様真に有難うございました!

さてさて私の演奏はというと、あら・・
緊張とせめぎ合うこと20分勝つことあたわずといった具合で
のびのびと弾くことままならずでした。
まぁそれでも状況をなんとか動かそうとしたりあがいてみたりも
したのでまだマシか、いや聴く人にゃお茶濁しくらいにしかなっとらんかも。何故か家をでる前から疲れてたのもあり
他の出演者の方の演奏をちゃんと聴けていたどうか自信がない。
う~むこれもいかん。

むぅ~。後程演奏に関するご指摘あり、それ全部当たっとりますわと、
やはり同じギタリストの方達であります。
どうもあざとい感じになってしまうなぁ~、
もっと自由にというか好きにというか気ままにというか適当にというか
無邪気にやりたいのだが(演奏が能天気ということではもちろんなく)
なにかスランプに入りかけている・・?
まぁでもどちらかというとやっと正当な評価を他の人から、
即興でギターをやっている方から聞けた、というところなのかしらん。
それはそれで有り難いことで、中途半端に大物とかになっちゃうと
自分のやってることが実は微妙なのに誰もそれを指摘せず、
どんどん肥えていっちゃうみたいなことになりますもんね。

とにかく良いライブ、演奏をたくさん見ねば!
豊住さん確実!
海童道祖聴けぃ!
明日は念願のライヒだ、うひょひょ!

それから、良い演奏を聴くのが良いってのは
ありがちですが
この「ありがち」と言ってしまう辺りが非常に危険だなと。
自分のようなネット世代、文字情報でその意味は知ってるけど
体験として知っているか?というと怪しい気がします。
何でもありがちで片付け知ってることにしてまうけど
実は本質的なことはなんもしらんのよ~ん、みたいな。
これは恐ろしい。ありがちは危険。使用禁止ワードにしたいくらい。
お前さんは何を知っているのか?、と自戒せねば。
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-22 06:04 | 雑記

告知!

お、ぼーっとしてたら
もう明日だ!
告知でがんす。

*******************

江古田cafe FLYING TEAPOT 
2008年5月21日(水)
開演20:00  
料金1000円
出演:


康勝栄 
谷保典
黒澤勇人


Cafe FLYING TEAPOT 
東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1
03-5999-7971
flyingteapot@zero.ad.jp
http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html
***********************

この渓さんという方
ボアダムスのベースの人がやっていたバンド花電車の
ギタリストとのことです!すごっ!
今はエットというデュオをやられているそう。

今回は全員ギタリストで、
それぞれソロギターでございます。

なかなか面白い、あつい展開になるかと思われます。
スティーヴ・ライヒ行かないなら
是非明日はフライングティーポッドへ!!
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-20 22:50 | 告知!

雑記

昨日はグリッドでございました。
開場当初はお客さん一人しかいなくて、
こ、これはやってしまったかと思いましたが
徐々に人が増え20名近くはいったのではないかと。
なかなかグリッドのキャパ的には結構多めかも。
皆様、お越し頂き誠に有難うございました~。

長々と感想書きたいところですが
早くも次の演奏が近いです!

**********************
■5月21日(水)

開演20:00  

料金1000円

出演:




康勝栄 

谷保典

黒澤勇人


Cafe FLYING TEAPOT 

東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1

03-5999-7971

flyingteapot@zero.ad.jp

http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html

***********************

康さんのお誘いで出演させていただきます。
スティーヴライヒの公演とかぶってしまっていたんですが
チケットのやりとりが上手くいったので
安心して当日は演奏できます。

これまた後程詳しく書けたらなと。

グリッドの打ち上げでも
好きにやるというかあまり考えすぎないほうがよいということが
少し話にでてまして
どうにも思考でがんじがらめになりがちな自分としては
なんとかじょじょにほぐしていきたい次第であります。
どうしてもこうしたら何々が何々でよいだろう、と
考えがちですから。それによって身動きがとれなくなってしまう、
というか。そんなことは全然考える必要はないのだけれど
しかしまぁ・・ねぇ。
人それぞれにあったやり方、考え方はあると思いますが
今は自分の好きにやってみる、ということを試してみようかと。
本来適当な人間ですし、どうしてこうぎこちない人間になってしまったのか。
とはいえ最近では周りの人からポジティヴなものを
もらっておる気がします。ちょっとづつ何かが変かわっていきますわ。

後しばらくビデオレンタルは控えよう。
映画観るよりライブを観なければ。
あんまり観にいけてないからな~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-19 01:04 | 雑記

いよいよ

明日はグリッド~。
いや12時すぎたから今日か~。
一体お客さんは入るのか・・、
そこは結構心配ですが、でも予約してくれた方も
いるのでなんとかなりそうな気もしております。

かく言う自分は未だにアコギとエレキで決めかねている、という。
どちらにせよ自由に、(いや実際はまっさらな自由、ということではないんだけど)のびのびとやれれば良いものはできるはず。
と、のびのびやるのが一番難しかったりする。
とりあえず本番前には深呼吸を忘れずに。
フレッドフリスも呼吸が大事と言っておりました。

あ、あとページ観ると
予約推奨ではあるんですが
当日ふらっといらっしゃっっても大丈夫です。
近くを通ったからとふらりと寄ってみるのもいかがですか。
明日は皆様よろしくお願い致します。

グリッドのページはこちら。
http://d.hatena.ne.jp/GRID605/20080517
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-17 00:49 | 告知!

グリッド2日前。

という告知みえみえのタイトルにしてみる。
そして下に告知文をコピペするつもりでしたが
グリッドのURLを載せればいいことでありました。
もう大体の方見られたと思いますが
一応URLを。

http://d.hatena.ne.jp/GRID605/20080517

もう2日前ですが
未だにエレキにすべきかアコギにすべきかを
迷っている。
共演の方はサックスなので生音のほうが聴いた質感は良い気が
するけど・・。
まぁ直前まで悩むことにします。
とりあえずエフェクターの動作チェックだけは先にかかさず
済ましておけば間違いないでしょう。


昨日は谷さんとラジオの収録をしてみました。
初回ということもあり
なかなか迷走、でもゲストが入ったりしていって
下調べ的なものも多少してあれば、いい感じに迷走しつつ
面白いものになるのではないか、という気も。
とりあえず今のところは録りためて醸造する予定です。
アコースティックセッションも少し行い、
(計20分だからそれほど少しでもないが)
それもまた良い感じ、公開するときが楽しみです。
[PR]
by eugene_photo | 2008-05-15 21:03 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧