<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カクテルパーティ了

八丁堀七針でのカクテルパーティ、
終了しました~ご来場いただきまして誠に有難うございました!

カクテルパーティ効果そのものはかなり難しく、
その主旨からすると少しずれた演奏になってしまいましたが
即興演奏ものとしてはかなり面白い演奏だったのではないかと。

序盤の康さん加藤君の組み合わせの演奏もすごい良かったし
(そういえば初組み合わせですね)非常に緊張感ある演奏でした。

康さんの演奏がかなり凄いことになっているので
同じギター弾きとしては影響を受けすぎないよう(
変な真似に陥らないように)に落ち着け落ち着けと
自らに言い聞かせつつ自分の演奏時間を待つ、という。

同時に演奏する時間はあるのだけれども
それぞれの組は独立して演奏するつもりで。

基本的には他の組の演奏には反応しないほうが
いいのだと思うけども結構反応してしまった(汗)
むしろ即興やっている人の方がやりにくいタイプのものなのかも。
即興ものの音の重なりだと
やっている側が別々のつもりでも聴く人にとっては重なって聴こえてしまうので。

自分達の組は自分と谷さんとで。
前述のを踏まえ少しコードを弾いたりして
楽音を多めにしてみた。

終了後高橋君から
Loren ConnorsとJim O'roukeのデュオのようと
言われる、やっほーい。
でもローレンコーナーがわからない(汗)、
早めに探して聴いてみよう。


と、告知もがんがんせねば、
10月16日に茶箱でライブやります!
詳細は以前の日記にもありますし
今後も詳しく載せていきます。
告知しまくらねば
大学前でフライヤーを手配りする勢いです。
定員があるので予約はお早めに~。

ライブをたくさんやりたいので早めに
企画をまたたてようかなと思います。
今のところは10月はその1本のみでございます。
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-24 22:02 | 雑記

カクテルパーティ

明日というか今日はライブがあります。
スカーレットソーリーの斉藤さん企画のイベントで
サウンドインスタレーション的なものであるとか。

カクテルパーティ効果とは
雑踏の中でも自分の気になるワード、例えば
自分の名前が入った会話なら
ピックアップして聴こえてくる~みたいな効果らしいです。

これを演奏でどうやるんでしょうね~、
来れば謎が解けるかと!(笑)

組は分かれてるんだけど
一組一組順々に演奏とはまた違う感じです。
自分は谷さんとアコースティックデュオ。
谷さんとの演奏は非常に好き放題できます。
好き放題できすぎてむしろこれで良いのか
心配になったりもしますが
とにかく人目にさらしてみたい、と思い。

谷さんも好き放題弾いているので
お互いウケケケケ~な感じでいつの間にか
何だかよくわからないものができあがっている、という(笑)

それも含め明日はとにかく独特なライブとなると思われます。
是々非々。

9/23
  19:00/19:30
  1000円

   カクテルパーティー@七針
   http://www.ftftftf.com/

   出演 :
   齊藤僚太(Sax) + 石川亮(Drums)
   加藤裕士(Electronics)
   康勝栄(Guitar)
   高橋優(Turntable)
   谷保典(Guitar)+黒澤勇人(Guitar)
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-23 02:24 | 告知!

音源アップ

そういやマイスペに音源アップしてみました。

http://www.myspace.com/ongakukoubo

SFというやつです。

そいでは。
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-19 01:34 | 雑記

今後の予定

先日の円盤ライブ、ご来場頂き皆様ありがとうございました!
自分らの演奏は正直まだまだ若いよね~
という感じで、もっと良いバンドなのだがあまり良さがだせなかった。
どうもなぁなぁになりがちなので
もう少し厳しくやってみようかしらん、とも思う。
元々喋れない性質なのだが
演奏の出来もあれなのであまり出演者さんとも喋れなんだ。

でも演奏するところでビールこぼしちゃいかんですたい。
円盤木の床だし。

オヤシロサマに問わず演奏の機会を増やしたいなぁ。
毎日ライブやっていれば
上手くいったりいかなったりはしょっちゅうで
でもそのうち色々学んだり摑んだりして上手くいく日が
多くなっていくんじゃないでしょか。
今はやっぱりインプットにしろアウトプットにしろ
多量にしたい時期です。
中原昌也さんの作業日誌読もうかな(笑)

あとあまり今のとは関係ないですが
高円寺グッドマンにも足しげく通ってみたい、
流れるレコードがほぼ全部好みです。
ジャズは正直それほど詳しくないのもありつつ。

というか
ミュージックマガジンの連載を単行本化した「めかくしプレイ」を
読んでも自分には時系列で音楽を把握
する、という聴き方ができてないんだなぁ、と
思ったり。単純に聴く量自体が少ないのだけど。
たくさん聴くというのは
好きなものだけを聴くというよりは
やっぱりちょっと苦行をともなう作業、勉強的と
いいますか楽しむだけではいられませんからな、
頑張って聴く、と。
まぁインプットの話としては全体繋がっているか。

それで今後の予定なのですが


9/23
  19:00/19:30
  1000円

   カクテルパーティー@七針
   http://www.ftftftf.com/

   出演 :
   齊藤僚太(Sax) + 石川亮(Drums)
   加藤裕士(Electronics)
   康勝栄(Guitar)
   高橋優(Turntable)
   谷保典(Guitar)+黒澤勇人(Guitar)


があります。
ある意味サウンドインスタレーション?
何時もの順番通りに
バンドやらユニットが演奏していくというスタイルとは
かなり別なものになりそう。なかなか面白そうです。
また出演者全員知っている方、
というのも心強し。(鬼のような人見知りなので)

カクテルパーティ効果、という
雑踏の中でも気になる会話だけはピックアップして聞こえて来る
効果を踏まえた上での配置だったり演奏になるんじゃないかと。
そんなに何回もやるものではないと思うので是非!

10月16日は
「僕らはこの人達を集めたかった」

場所 茶箱(http://www.sabaco-cafe.net/)
前売り2000円+drink
当日2500円+drink

開場
19:00

演奏開始
19:30

□sim

大島輝之 (guitar,computer)
大谷能生 (electronics synthesizer)
植村昌弘 (drums)

□康勝栄(guitar)
弘中聡(drum)

□谷保典(guitar,laptop)
服部マサツグ(drums from ryusenkei-body)
井上秦信/taishin inoue(laptop+other organized orasp)

□黒澤勇人(guitar)
天倉正敬(drums)
yukki(guitar,didgeridoo from 宮城)


企画
all night new nippon(谷保典と黒澤勇人)


チケットのご予約は
allnightnewnippon@allnightnewnippon.mail-box.ne.jp

までメールしてください。

件名に 
   
僕らはこの人達を集めたかったチケット予約

本文に
   
お名前
枚数

を書いてください。料金は当日受付払いとなります。

茶箱の場合狭いので予約分だけで当日券が出ないかもしれません。
20人くらしか入れないので。


なんとsimがでます!
茶箱にはレイオーディオがあるので
レイオーディオでsim!
おそらくあまり聴ける機会はないのではないかと。
予約はお早めに~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-18 16:08 | 告知!

前日告知

お医者さんに次来る日を聞かれなかったので
縫ってないのかなと思い、
ガーゼをこっそり外してみたら思いきり縫ってありますがな。
縫われた経験がないのでかなりびびりました。
体に青い糸とおっとる!
溶ける糸なら行かなくてもいい気がするけど
それすらわからん。

次に何か曲名とか必要な機会があれば
「抜糸」というタイトルにしよう。
ニューアルバム、「抜糸」。
粉瘤でもいーですが。

両A面「粉瘤/抜糸」
でもいいと思います。

そんなことは本当にどうでもいいですが
明日はライブがあります!


9月16日(火)
19:00-/Charge¥1000
「日々の音楽~白い裸~」
LIVE:opq/平間貴大+吉田稔啓/服部正嗣+大島輝之/オヤシロサマ
http://www.enban.org/


バンドオヤシロサマで演奏します。
ギター、尺八、エレクトロニクス×2というへんてこ編成。
即興の要素もありますがバンドというからに
自由即興ともまた違ったり。
高円寺近辺の方、
いや近辺でなくとも是非!いらっしゃてみてください~。
対バンも豪華なので是々非々。
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-15 23:55 | 告知!

粉瘤

先ほどとってきました、粉瘤。
摘出したのを写メしましたがさすがにアップはやめときましょう(笑)
とにかく軽いやつでよかったよかった。
一時間程度、もちろん日帰りで手術は終了。
いや~医学の進歩ありがたやありがたや。

それはそれとして次のライブは
9月16日ですよ。
円盤ですよ。

軽くフライヤーをくぽ氏に書いて作ってもらったので
載せときます(勝手につくっときました。)
みうらじゅんといとうせいこうの「見仏記」の影響が強い(笑)


simのギタリスト大島さん、
ryusenkei-bodyのドラマー服部さんのデュオがでます。
初見なのでかなり楽しみです。

自分達はオヤシロサマで演奏します。
自分が知らないだけで80年代とかこういうバンドいたんじゃないか、
とも思ったりするのですが、
比較して差をつけていくためにも博学な方、
ライブを観に来てくだせ~。
というか店長田口さんの感想が楽しみ。

高円寺近辺に住まわれてるかた、
是非いらっしゃてみてはどうでしょうか~。
d0137559_15122662.jpg

[PR]
by eugene_photo | 2008-09-10 15:12 | 告知!

ちょっとしばらく岐阜に言ってました。
写真等も色々撮ったのですがデジカメ持ってないので
アップするとしてもかなり後になるでございましょう。

大仏、養老天命反転地、関ヶ原鍾乳洞、
関ヶ原ウォーランド、などなど見てきました。

鍾乳洞に行く道の途中は結構寂れて
歩いてる人が誰もいないようなところなのですが
メナードランドという潰れたテーマパークがあり、
廃墟だ~と気になってはいたのですが
男女一組が車できて立ち入り禁止の
看板をこえて入っていったのでやめときました(汗)

男の方はおじさんで女のほうはおねいちゃんで
男が機材を持っているので
これはもう完璧個人でのグラビア撮影だろうなと(笑)
人数が多かったらAV撮影なんだろうけど。

後で調べたらメナードランドは廃墟マニアにはそれなりに
有名であるらしい。

岐阜では鵜飼いが有名ですが
残念ながら観ておりません。
またいずれ。
しかしパンフレットが良いな~と
思ったのでスキャンして載せます。


d0137559_1219403.jpg

[PR]
by eugene_photo | 2008-09-10 12:27 | 雑記

関ヶ原

d0137559_13253748.jpg

d0137559_13253754.jpg

d0137559_13253728.jpg

関ヶ原ウォーランドにきとります。

一枚目は
ノーモア関ヶ原な武田信玄。

二枚目は
ランデブー中武士。

三枚目は
打てー!!
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-07 13:25 | 写真

最近観た映画2

溜まるといけないので早めに消化。

88 北北西に進路をとれ
89 リトルミスサンシャイン
90 裁かるるジャンヌ
91 サマーソルジャー
92 フリークス

裁かるるジャンヌは結構昔の無声映画。
ジャンヌダルクが裁判にかけられ火あぶりになるとこまで。
全編に渡って宗教的な音楽がずーっとながされております。

確かこれ鈴木治行さんが
ご自分で作った音楽をリアルタイムで映画につけていくという上映会をやった
ときに使われたやつのような気が。
他にはヴェルトフのカメラを持った男とか
戦艦ポチョムキンとか。
その上映会は観にいきたかったな~。
次やるとすれば何の映画になるのだろう。

それはそれとしてこの映画だと
ジャンヌ役の人の顔のアップが
多く、ジャンヌは眼をかっぴらいてしゃべります。
西洋人的な神聖さみたいなのも感じたりもするのですが
流石にずっとかっぴらいているとなんだかおぉ、まだかっぴらいたままなのか、
と思ったり。

サマーソルジャーは
勅使河原宏監督ので
武満徹音楽監督ということで観てみました。
ベトナム戦争の時代に日本にある米軍基地を
脱走する兵士達のお話。

脱走兵も結構ヒモぽかったり、
もはや強い米軍、アメリカ人というイメージの時代ではない
ということも示していたりするのかな。

逆に日本人の脱走兵支援団体みたいのが
助けているわけだし。

武満の音楽に関してはそんなに、
という感じですが喫茶店のシーンで
「死んだ男の残したものは」が小さく流れていたような。
ニヤっと。一応戦争反対のテーマも多少含まれているから
メタフィクション的な感覚でニヤニヤ。

場面の変わる部分でコーンと
なんだろう鐘のような音を使っていたり、
あと武満流ジャズが流れていたりしておりました。

フリークスは
これまた昔の映画で実際にフリークスが役者として出演している映画、だったはず。
フリークス達はサーカスの一団となって暮らしていて(日本でも見世物小屋など
近いものはありますな)、そこで一応ノーマルな
美人な女性がフリークスを騙そうとするという話。

白黒なので暗闇の乱闘シーンが全然何が起きているのかがわからないのがちと残念。
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-06 00:04 | 雑記

最近観た映画

82 毛皮のエロス
83 ブレードランナー
84 アワーミュージック
85 鏡
86 LOFT
87 A2

等等。

毛皮のエロスは双子の写真等で有名な
ダイアン・アーバスを元にしたフィクション。
割と面白かったしニコール・キッドマンが目茶目茶美人で良いのだけれど
(この映画のが良いって言う人も多そう)
なんとなく昼ドラ的な感じがするのは何故か。
まぁ単純に主婦が別の世界に惹かれていくからかな。
ダイアン・アーバスが撮ってきたようなフリークスも登場するが
フリークスに対する細かい描写は特になく、
どちらかというと七人の小人のような、
おとぎ話の登場人物のようにフリークスは描かれる。

ニコールキッドマンが演じるアーバスは
多毛症の男性に惹かれていくのだけれども
夫がそれに気付いたあたりから髭を伸ばしたりとそのへんは面白し。


ブレードランナーといえば
原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?ですな。
このタイトルは好きです。
公開当時はかなり話題になったみたいですが
今観るとそんなに面白い作品なのか自分にはよくわからなかったり。
多少街並みに東洋っぽさがあったりして面白くはあるのですが。
なんとなく終わり方があれ、すんなり?という感じで
肩透かし感があるからだろうか。

鏡はアンドレイ・タルコフスキー監督の作品ですが
かなり難解。
というか観ていてあまり意味がわからなく、
元々タルコフスキー作品には長めで沈黙のショットが多いので
眠くなって寝てしまいました。
何回か観なきゃいけないかも。


LOFTは黒澤清監督の。
また例によって問題作(笑)
すごい真面目にホラーだと思ってるとどんどん外されて笑える。
叫もそうだけどどんどん定型を外していって
なんだかよくわからない映画になっていっている。
これは何々映画ですな、と一概に全く定義できない。

ラストも衝撃というか笑撃というか、
トヨエツのかっこよさもここでは益々可笑しく思える。

中盤では
トヨエツがミイラに向かって「動けるなら最初から動け!」
とつっこんだりします(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2008-09-05 05:38 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧