<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雑記

・良い物件ハケーン。
近日中に下見をする予定。
が、しかし敷金、礼金考えると
入居は早くてもお金が揃う一年後ぐらいじゃないだろうか。
もしめちゃめちゃ気に入ってしまって
金もないのに契約してしまったらどうしよう、
と妄想。一軒目から良いのが見つかるとは想わないが。

万馬券が当たったら、それはもう今移りなさいということに違いない!

これもまた妄想。
年末ジャンボでもよし。


・もはや若くない、というキーワード頭にかけめぐる。
しかし同時に皆様からの「ふざけんな!おれいくつだと想ってやがる!」
という言葉も聴こえてきそう。
とりあえず年齢的に最初の分岐点に入ったのだな、
という感じ。
就職組でも仕事が忙しく
余裕がなくなってくるあたりでございましょう。
第二分岐点は30代に入る頃と想われ。
カラスヤサトシが「今この瞬間百人の漫画家がやめようとしてるんや~
ここで一人耐えたら勝ちや~」と一人で言ってたのを思い出す。


・福山まさはるのよくテレビで流れている曲を聴くと
ラルクのネオユニヴァースとどっちが
年代が古い曲なのかわからなくなってしまう。


・新潮新人賞「曖昧なクロスフェーダーの光」
読了。決して悪い作品ではないと想うのだけれど
選評がめちゃめちゃ厳しいことが書かれていたので
またもやこえぇ~と思いました。


・DVD、CDショップのバイト先の人がやっぱりミュージシャン。
おぉぉぉ。


・「百年の孤独」ゆっくり読み進め中。
気をつけないと家族の名前が結構同じなので
どういう話かわからなくなる。

・学祭で撮った写真、カメラの故障によりまったくとれず。
現像した写真は真っ黒け。記念に撮ってただけで
写真担当の人は別にいたから問題はないんだけれど、
なかなか残念。メルツバウ滅茶苦茶近くで撮ってたのに・・。

・シュールストレミング
夜中の戸山公園で開封。
くっさい。

しょっぱい。

缶詰開いた瞬間エクトプラズムが見えた。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-29 01:14 | 雑記

イベントスペース

とにかく、実際に作れるかどうかはこれから随時考えていくとして
スペースを作る、としばらく言い張っていこう。
嘘からでた真、何か情報が入りやすくなるやもしれず。

個人的に考える演奏者にとって良心的なスペース、
と考えるとどうしても賃貸料をカヴァーすることは難しい。

さらにサウンドシステム、これはなかなかお金かかるでしょう。
でもBOSEのL1systemとか導入してみたい。
一個20万ちょっとだからなかなか厳しいけどね~。
それはおいおいとして。

賃貸するにも礼金敷金あるし
なかなかの出費になるでしょう。

パトロンがいればなんとかなるんだろうけど
そんな上手い話はございませんし、
(というか、パトロンという単語を
言ってみたかっただけですすみません。)

賃料を出資者というか共鳴してくれる方々でわけるのも
考えますができれば
チケットの売り上げ、ドリンクと食事の売り上げ、
CD委託販売、などでトントンになるようにはしたい。

一ヶ月ごとに皆で共同負担にするにしても赤字がつのっていく、というのはやっぱり本意ではないです。本当にごく微量ならまだよいですが。

一軒家、というのも考えています。
二階立てのところを借りて
一階をイベントスペースにして
二階に住む、というもの。

これなら今住んでいる所にさらにプラスして賃貸料(実際電気代水道代等もあるわけですしね。)、
にはならない。

さらに一軒家が回りにあまり家がなければ音量制限の心配はそれほど
なくなるかも。(そんな上手くいくか?)


ただ呼ぶ出演者に関しても
最初のうちはもうどんどん呼んでいけるでしょうが
一、二年もすれば底をついてしまう可能性もあるけれど
まぁそこは常に探しつつ。
(本当のところは一回みたからそれでいい、
という話ではないとは想うのだけれど)

とりあえず今のところはいい物件が
ないか少し探してみようかと。
西武線近辺は結構狙い目との話も聴きます。

あとちょっと余談的な話ですが
少し年齢が高い方にも来易いようにできればと、
ライブハウスに足しげく通うのは
結局20代がほとんどで
それを過ぎると好きで通う人はもちろんいるのでしょうけど
どうしても少なくなってしまうし、
その後50年以上生きるのに
クラシックのコンサートにすぐ行くようになるか、
と言ったらまた別だし、
それもやはりオーケストラならば高い値段になってしまうし(学生料金でもないしね)
そういった層の人に届くようになんらかの広告やら
作りができればよいなぁ。
弱音とか、むしろ年齢を重ねた方の方がすんなり
はいっていけるような気がするんだけれども。(刺激物のインフレから遠ざかりたい、というのもでてくるだろうし)
どちらにせよどの層にも好きになる人ならない人がもちろんいるわけだれども好き嫌い以前に届いていないではないか、
というのはありますからね。
とはいえ、想ったからできる、というのはまた違う話。
とりあえずまず30~50ぐらいの人が読むような男性誌とか
チェックしてみようかしらん。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-24 20:59 | 雑記

雑記

レーベル、そろそろ作ってみたい気もする。
とはいえレーベル作るメリットって一体なんでございましょう?

基本的に口頭で、「おら、レーベルおったてた!!」
と言い回ればとりあえずレーベル作ったことにならなくもないみたいですが、この場合は個人事業、ということで役所に申請するもののことです。
経費とかがおちるようになるんかな、
といっても大企業で経費がおちる、というのはわかるのだけれども
個人でおとせるものなのか、謎だ。

やはり経営、経済はちんぷんかんぷんなので
ブレーンが欲しいところ。

名前はやはり

オヤシロレコード
フシアナレーベル
レーベル猫待ち

とかになるのであろう。

でもレーベルは結構周りの方がやっておられたりするので
今更自分が作らんでも、というところもあるし
レーベルを作ってしまうことで他レーベルとは敵同士!という
扱いになってしまうようではちと困る。

また、それほどの実績があるのか?
というのもちと問題(というかこれが全て?)


レーベルともう一つ考えるのはイベントスペースを持つこと。
しかし金銭のない人間が辿り着くのは
結局格安のアパート一室を借りる、
というものなりそう。
そうなると音量の問題がでてくる、
音量を小さめにしぼって演奏する・・・
これどっかで聞いた事あるな~。
二番煎じになってしまいかねない~。

でも部屋ってのは結構魅力的です。
個人的には夜ライブなりコンサートを観にいくと
何故ご飯時とかぶってしまっているのか、というところで。
もちろん仕事をされている方に向けてということなのでしょうが。
ライブ前にご飯を急いで食べないと
ライブ中お腹が空いてしまったりします。

部屋だったらキッチンがあるので
何か料理がだせるのではないかと。
ただこの場合は食品衛生管理士とかの資格をとってたとしても
法律としてはぎりぎりなのか?(調理師免許ないと駄目だったりすんのかな?)
しかしあくまで部屋であるから
友人に料理を振舞う、ということでいいのか?
金銭のやりとりが発生するとしたら、まずいのか。

オサレな喫茶店になればなるほど料理は不味かったり
(常にマヨネーズを基調とした味付け)、
量が雀の涙ほどであったり(でも値段は牛丼のニ、三倍)
するのですが

ライブ見ながらそこそこ美味しいものが食べれれば個人的には
いいなぁと思います。

おそらく楽器OKな部屋ならば弱音系の出演者に絞れば
かなりいけるとは想うのですが
個人的には結構バラエティ豊かにしてみたかったりもする。
小さめのドラムなら大丈夫!なぐらいの音量まで
いけるようなところがあれば面白いんだけれども。

でもちょっとずつ暖めていずれは実行にうつしてみたいなぁ。
もちろん出演者は自分達だけではございません。


そういえば
アルバイトを新しく始めたのですが
映画音楽のお店と聴いていたので
マニアックな店舗!とうへへへと想っていたのですが
映画と、音楽のお店ということで
DVDとCDのお店でござんした。
中古屋さんなので
妄想していた色んな方の委託販売をする、
というのも無理な感じ。
ちょいと残念。

とはいえ、これはこれでしばらくやるわけですが。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-22 23:40 | 雑記

音源アプ

またもや音源アップ。

http://www.myspace.com/ongakukoubo

「7ch」というやつ。
てか曲と言う程のものでもございません。

マイスペは著作権のなんたらが厳しくなったようで
ファイルをアップロードする時に作曲者の名前を
ちゃんと明記しなくてはいけなくなったようなのですが
しかしこの場合変な感じであります。

何故なら今回は家のテレビを7chにしたのを
録音しただけでございますから。
作曲という言葉とはあまり関係ないような。

もちろんドキュメンタリーがあくまでドキュメンタリーではないように
あくまでこういった録音物でも作意性やらなんやらはあるのでしょうが
やっぱり作曲、コンポジション、構成、
という意味合いからはやっぱり薄れるのではないでしょか。

頑張ってマイスペの更新を頻繁にするようにと思ったので
とりあえず何か別の曲の素材とするか
あまり加工はせず載せようかと思ったのですが
とりあえず音量以外はまったく加工しない方向で。

きっと加工しなくては音楽的な何かとしては成り立たない面も
あるのでしょうがただテレビをつけただけでも
音が微妙に変化していっております。
そういう微細な変化を聴いていくようなものを作る、
とすればあえて加工せんでも、という気もします。
ヘッドホンで聴くような感じかしらん。

ただ個人的には音が前にでていないようなところが気になるところ。
こういうのはコンプとかでかな?
音量を上げればよいというよりはこう前に出すというか。
イコライジングでありましょうか?
まぁ多少全体にかける加工は必要かもとも思いつつ。



以下、恐ろしい駄文。





「新潮」の11月号、
新潮新人賞の発表なんだけども
審査員達のコメントが怖すぎる。
次の賞の募集のページの審査員のコメントも怖い。

浅田彰の(前もって言うべきことはない)に始まり
松浦理英子の
「世間をなめても文学はなめないでください。
剃刀を咥えて読みます」に終わる。

選評も恐ろしいくらい厳しい。
受賞作も出さないよりは出したほうがいいから
仕方なく出した、という風に書かれていたりする。

受賞作はまだ読んでる途中ですが
三島由紀夫の「金閣寺」と絡めていったりする部分があるらしい。
でもこの作品を持ち出した時点で相当のレベルのものでなければ
陳腐なものにしかならないんじゃないか、
という気もする。

というか選評から先に読んでしまった、
先入観まるっきり入っているじゃないですか。

町田康も辛口な面子の中では比較的柔らかく
書いているのだが
選評文の最後の方、
今年は不作だった、けれどもそれはライバルが少ないから
今がチャンス、ちょっと頑張れば突出できるから、
という文意のくだりがあるのですが
賞をとろうと言う人はやはりちょっとどころでなくめちゃめちゃ頑張っているだろう(笑)と。
それをちょっと頑張れば、と言う辺りやはり厳しいものを感じた。

とはいえ散々怖いとか厳しい~とか書いておきながら
なぁなぁな、ふわふわな、けらけらとした世界観な
自分には非常に面白く感じたのもまた事実。

例えば音楽の中でこうした厳しさは存在し得るのだろうか?
というか個人的には音楽の定義がまず怪しくなってきてしまっていて、
特に音楽がノイズを回収した、音楽の領域の増大、
という話。これもなんだろうか、どこか違和感を感じたりもする。

後は音楽が芸術の中での一つの枠組みである、
という認識にも違和感を感じる。
とはいえそれは音楽の定義が広がりすぎているのが理由なのか。

音楽は快楽的な要素が強いというか、
すでにジャンル名に楽が入っておりますしな。
こう絵画は芸術だけど漫画はちがいます!
と思っているような意識が自分の場合音楽に当て嵌めてしまっているということなのか。

いやしかしこれはやっぱり音楽という言葉を使ったのがいけない、
という気がする。
非常に話ややこしや。

えっと音楽に厳しさは存在するか、という話で
そもそも音楽は快楽的要素が
評価基準になりやすいものでありますから
あれちょっと違うんじゃないかしらね、
てことなのかな。

とはいえやはりここでの音楽の定義とは?
という話になりますし、ややこしや~。

要するにコンペとかあってもいんじゃないですかね?

何の?

また飛躍してしまった。

とりあえず飛行機でないといけない距離ぐらいには。

「ネムルバカ」でもコンペは大事ですってよ。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-20 02:22 | 雑記

日記

昨日は加藤氏とスタジオセッション。
アコギとドラム。
音量が難しいのはともかく(アコギの前にマイクをたてるわけですが
ドラムにあわせるとどうしてもハウってしまう)
これはこれで自分達に今までにない組み合わせで良い感じ。
メンバーをプラスしてこれはこれで進めてく感じ。
バンド的なものになる・・のか?

その後石川邸で高橋君の映画音楽用の曲の録音、
メインテーマにトロンボーンで参加しました。
終始なごやかな感じでしたが
流石に録音は緊張しますな。
エフェクトかかっていたり
何本かテイクを重ねてみたり色々面白し。
録音すると恐ろしいほど下手な面が如実にでてくるので
それはそれでひやひやしましたが。
三茶で今川焼き買って帰る、季節限定芋バージョン、美味し。

その後トラ氏依頼のギター録音。
アコギで久方振りに普通のアルペジオを、コード弾きなど、
元々即興やられている方には元々楽器が滅茶苦茶美上手いのが
前提みたいなところもあったりするが
自分はその辺の下地はあまりないので
これはこれで練習したほうがいいなと思いました。
メトロノームとかに合わせたりとか。
理論も中途半端だからもう少し詰めねばな、と。
ある程度理解した上で使わないとか使うとか考えていかねば。

アコギはかなり手のニュアンスがでてしまうので
はちゃめちゃに難しい。
アルペジオは2コードだけなのだがこれだけでも結構時間かかってしまった
cm7 BフラットM7
にナインスを足したぐらいなのですが
何度も弾き直す。
こりゃスタジオミュージュシャンにゃなれませんな(そんな予定はないですが)

と結構音楽音楽しておりました。
こういう日がもっと増えればよし。

高橋君からローレンマザケインコーナーズとジムオルークの
デュオのCDRをもらう。
エレキギターのデュオなんだけれどもめちゃめちゃ音が綺麗。
ストラトだろうか?
わかんないけどウチのストラトもあのぐらい音が良ければいいなぁ。
少しリバーブが利いているのが好き嫌いの別れるところですが。
でもこれはいいなぁしばらく愛聴することになりそうです。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-18 01:26 | 雑記

雑記

本当にばらばらなまとまりのない話をば。


ら、来週からバイトが週六になります。
授業も週六なのでぐぅほぐぅほ。

といっても演奏の誘いなど
非常に息抜きになりますので是々非々どうぞ~。
今のところ演奏は12月28日の七針での
四名それぞれ作曲作品を演奏するライブがあるのみです。
(セッションは幾つかやるでしょう。)

あまり書くことがないので
映画の話でも。

100 のんきな姉さん
101 ファーゴ
102 弓
103 スマイル
104 風花

あぁしかし内容に言及するのがめんどい、
リストのみ。ファーゴ面白い、というかちゃんと楽しませる映画。
風花大友さんの曲がめちゃめちゃ良い。

後は舞城を今さらながら初めて読みました。
新潮に載っているやつ。
小林秀雄の講演CDが付いている号でございます。

なんとなく色々聞いて想像してた感じでしたが
やっぱり面白かったです。
なんという感想文。
大体高校生から大学生ぐらいの人はこれは、皆、好きでしょう。


今井和雄トリオとアスナさんのCDを注文したつもりが
注文しわすれていた。早くとどけばよいなと。

ガルシア・マルケス「エレンディラ」
読了。
内容がどうというよりところどころの非現実的な表現に惹かれます。
南米の自然が日本のものと全く異なるので
現実をみて描いていても日本人にとっては異質なものになる、とか。
「100年の孤独」もまだ読んでいないので読まねば。

有吉が最近またテレビにではじめていると聞いて
内村プロデュースが観たくなりDVD借りる。
一番初めの時期のを観たら、
そ、そんなに面白くない!
次の巻に期待。


創刊されたgood!アフタヌーンを読む。
増刊するのが決まってから
アフタヌーンで三本同じ作家の連載が始まったり
読みきりが増えたり終わる漫画があったり
すっかり増刊でアフタヌーン自体の面白さが薄まった感もあり
グッドの方はどうなるのだろうと思ったら
やっぱり少し弱い感じがしないでもない。
本誌から引っぱってきた作家の漫画がやっぱり面白いような。


パクチーの種を蒔いたら
芽が出た!

椎茸は家の中でも育てられるらしい。

DSでファイヤーエムブレムやっとります。
ものすごい懐かしい。
信じられないくらい短気だったので
小さいころプレイしてた時には
全然進めなかったものでした。
さすがに全クリも近い。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-13 02:24 | 雑記

高円寺グッドマン

に、出るわけではなく
グッドマンは昼間は練習用にスタジオ貸しをされているようです。

個人練習にでも使ってみようかと思ったのですが
個人練習代金としては他のスタジオとはあまり変わらないし、
というか少し高いくらいなので
スタジオセッションみたいなのが一度してみたいなぁ。
あくまで練習用に借りるのでライブではございませんが。

まったく広くないので
アンプリファイはほぼなしの、
(電子音など発音にそもそもアンプやスピーカーが必要なものは
しょうがないとして)
セッションなどしてみたい。
生音の楽器とか声とか口琴とかでもいいし玩具を並べてもよいし
小さめな音なら電子音でもよろしい。箸をスティックにしたパーカッションなどでもよいし。

グッドマンにある機材はピアノ、ギターアンプ、ベースアンプ
マイク1本です。

スタジオ代はとりあえず自分出すのでご興味あるかたメッセくださいな。
(とかいってこれ絶対直接目星をつけた方に声かけたほうがはやい~)


自分はいまのところアコギでございましょう。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-05 20:10 | 雑記

イベント終了~

といっても昨日の話ですが。
ご来場頂きまして誠に有難うございました!

出演者、PA、スタッフさんたちお疲れ様でした~。

動員は約200人だったみたいです。
有名な方を呼べたのだしもう少しいければな~とも思ったり。

今年は流石に延長生だし
来年も延長コースはまずいと思ったので
末端で手伝う~ぐらいのつもりのはずだったのですが
なんだかんだと主要メンバーに。

今回は主催が自らのイベントに寝坊してやってくるという
ことあり(笑)、(いや無事に終わったのでとりあえず笑い話ですが)
その点も含めてhonjo色のでた、良いイベントだったのではないかと思います。

メルツバウは
自分がアンプとスピーカーの間にいたからかもしれないけど
意外と癒し系というか勿論轟音は轟音なのですが
(例によってスピーカーから煙がでてたらしいです)
聴きやすいというか。
ギターアンプも大音量で鳴らされるので
気のせいか風がでていて
なんとなく涼しく、マイナスイオンがでている様な気が・・。
といってもめちゃめちゃ音量はでているのですが。

この日はsimの演奏が素晴らしかった。
自分がみてきたsimのライブの中で一番良いと思いました。
アジアンミーティングフェス、茶箱、学祭と
最近だと三回みているわけだけれど
即興よりのバンドというよりはある程度曲として決まったものがある
(クラシカルに厳密に決められたものとはまた違うと思いますが)ので
それでも毎回の良さが変わってくるというのはどのあたりがどう違って
そう聴こえてくるのか、気になるところではあります。

色々お客さんにも声かけてもらったけれども
相変わらずあ~とかう~とかしどろもどろな
受け答えが申し訳ない。

あ~あと主催らによるバンド演奏も
中々上手くいったんじゃないかと。
変なオマケ演奏になったらどうしようかとも
思っていたのですが。

ふかきょんという素晴らしいギタリストがいるので
自分はのんびりと味付け的な動きに終始していました。
さしすせそ。

終了後は打ち上げ~といきたいところが片付けにかなり時間がかかり
しかも早稲田が野球で勝ってしまったために
パレードがあり車で荷物の搬出ができずかなり予定の時間をくったり、
また皆疲労がひどく次々に離脱していったので
打ち上げはできなんだ。

落ち着いたら
事前イベントで使うはずだったシュールストレミングを
戸山公園で開封し昼間からビールをかっくらう打ち上げなどやってみたい。
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-04 22:11 | 雑記

明日いよいよ!!

明日は学祭です~。
予定はこんな感じです。
是非皆様いらっしゃってください~
ご来場心よりお待ちしております!


12:20 開場

12:40~13:00 NEKOMACHI(Opening Act)
13:15~14:00 electrio
14:25~15:10 sim
15:10~15:55 L?K?O
16:10~16:55 MERZBOW

まぁオープニングアクトNEKOMACHIは
時間があったらという感じですね色々押したら
省くかと。主催者達でのバンドです。

とにかくイベントは胃腸を痛めます。
色々トラブル、手違いなどなければよいのですが。

今日準備の帰りに
泣いている知らない女性に「銀座線はどこですか?」
と聞かれ変とは思いつつも
「いやここの駅ではないですよ一回東西線のって・・」
と答えてたら後ろから男がやってきて連れて行き
信号をわたって道路の反対側で喧嘩を始めた。

なんじゃこりゃあと皆で気になってみていると
男は叫んだりわめいたりして手がつけられない感じ。
とうとう殴り始めたっぽいので
流石にみてられず近くの交番へ走る。
というかほとんど同時に別の二人組みが気付いて走って
三人になって交番へいったので
交番で主に喋ったのはその人たちなのですが。

とりあえず警察が来て事なきを得た模様。
あんまり傍観するのもあれなのでさっさと帰る。
いや~しかしこわいすな~。

*******************************
ライブイベント「帰ってきた猫楠」

11月3日(祝日)

@ 早稲田大学 早稲田キャンパス 7号館 209

open 12:20 start12:40
charge 1000yen (当日券のみ)



出演
Merzbow
http://www.merzbow.net/

http://www.myspace.com/1000444671 (Myspace : Merzbow)



sim(大島輝之guitar、大谷能生computer、植村昌弘drums)
http://silver.ap.teacup.com/-sim-/

http://www.myspace.com/oshimateruyuki (Myspace : 大島輝之)



L?K?O
http://mixi.jp/view_community.pl?id=15518

http://www.myspace.com/oigoru (Myspace : Oigoru)



Electrio(ミドリトモヒデaltosax&effect from飛頭、千葉広樹contrabass&electronics、藤井信雄drums ex.DCPRG)
http://daturyokunoaltosax.cocolog-nifty.com/blog/

http://www.myspace.com/hirokichibaakaeffectivedose (Myspace : 千葉広樹)



NEKOMACHI(主催者による演奏)




【DJ】中原昌也 (a.k.a. Hair Stylistics)
http://www.boid-s.com/artist/362.php






サウンドシステム協力:中央線研究会 http://mixi.jp/view_community.pl?id=407159

企画協力:Music Inn http://musicinn.pol-ka.net/



企画主催:猫待ち

*************************
[PR]
by eugene_photo | 2008-11-03 02:29 | 告知!


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧