<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

実験音楽リサイタル、感想等2

というわけで感想続きなど。
実験音楽リサイタル、
今のご時勢実験的なものはやりつくされた感があり
どこが実験的やねん!みたいな話もありますが
それはそれとして
実験音楽という言葉がもたらす共通認識というか
イメージがわかりやすいので使ってみているというか。
リサイタル、は少人数での演奏会のことを
実際は言うらしいですが
もうジャイアンリサイタルのイメージしかないですね(笑)

んで
とりあえず三曲目は
自分の曲で

フィールドレコーディングを流しつつ
アコギで演奏するというもの。
演奏はソロで。

フィールドレコーディングは
特に切り張りしたものでなく
20分以上録音しっぱなしにしたもので
それにアコギのループが多い演奏を載せるというもの。

案外フィールドレコーディングが
音量が大きい時、例えば車がたくさん通った時に
エモーショナルになったりして。
録音は定点で録音したものでなく
録音機を持ちながら歩きながら録音されたものです。

フィールドレコーディングは
進行していくが
生演奏であるアコギの演奏はループが多く
むしろ進行していかない。

録音物が左から右へ流れる時間ならば
アコギの演奏は一定単位時間がすぎては
タイムスリップして頭に戻っているような時間感覚、か?

さすがに20分以上ワンフレーズは聴いている人には
きつそうなので少し音を変えたり
フィールドレコーディングのトラックの
展開次第で演奏を変化させたり、と。
それでも饒舌になりすぎないようにひたすらループ。

技術的な点では
アコギと録音物の音量バランスが適切
だったかどうか心配である。
アコギが少し小さかったような。
でもフィールドレコーディングがどうであろうが
アコギがあまりまじわらず流れている、
という面もあるので録音物の音量が下がっている
場面で(単純に静かな通りを歩いている時とか)
聴こえてくればOKという気もする。

今回はどちらかというと演奏云々というよりは
物になったような気持ちで演奏できればと思っていたのですが
七針店長さんからサウンドスカルプチャーの話をされて
例えば自動的にアコギを一定間隔で弾く装置を
作ったりするという方向性もあるけどその点はどうか
という質問ありまして、
なるほどと思ったのですが
基本は自分がそういった音響装置のような存在になりたいという意味での
演奏でもあるのでまたそれだと話が違ってくるやもという話をしたり。
とはいえその欲求は一体どこからきているんだ?とも思うわけですが・。

加藤君が後で言ったように最終的にフィールドレコーディングは
なしにしてあれができればよいですな。
そうするとなんだろ現実に流れる、
左から右に流れていくような時間感覚と
アコギの演奏だけが時間から解放される、
と同時に閉じ込められるような演奏、
の二つの時間軸を聴くようなものになるのだろうか。
ただフィールドレコーディングなしってことは
演奏なしという意味合いにしか捉えにくいから難しいところではあります。

今回は割りと生演奏がループする退屈さ(ハーモニクスでひたすらポーンと)が20分続く、という部分があったにせよ
フィールドレコーディングのノイズ的な、
アコギと組み合わさった時の情動的な部分もありつつ
聴き易さ的にはそこそこのものだった、
のではないかと。聴き易いから良いというわけでもないですが。

最後は加藤くんの
曲で「4 news papers」

クリスチャン・ウォルフの「ストーン」の
新聞紙版と考えると説明がしやすいかも。
四人で新聞紙を使って演奏しました。

1週間ぐらい前に
杉本さん宅での
ストーンの演奏を観ていたので(違う部屋で演奏されたのを
聴くから観たとは言わないか)
かなり影響を受けてしまうのではないかと思いましたが
案外別物になった気がします。

会場は真っ暗にして
聴く人の集中力とか高めたり(もしくはさぁ寝てください)
音の発生理由というかどのようにして
その音がでているかをわかりにくくする。
視覚でとらえられないだけで抽象的なニュアンスは高まります。

ただ非常口を
示すあの緑色のライトは
マスキングが十分でなく
演奏開始5、6分ぐらいで
ぼんやりと誰が
何をやっているかわかってきてしまう、という
ハプニングが!
まぁそれでもはっきりとわかるわけではないのですが。

見えておるまい!
と思って好き放題ウヒヒと新聞誌を色々
使っていたわけですが
見えてしまっているなら
それは途端に視覚的な、
演劇的な方向にシフトしてしまいます。

結構激しく新聞誌を叩きつけてたりとかしてたのですが
本人がどう思おうと見えてしまっていたら
パフォーマンス的な要素のように見えてしまう。

とはいえ新聞紙を自由に使ってよい
この曲は非常に楽しかった。
まったく自由なものよりある程度縛りが
ある方が面白かったりするものである。
というわけで
マスキングを万全にした上での再演を望む次第であります。

次回の実験音楽リサイタルは
1月30日です。
自分の曲は今回ソロだったので
もう少し開いた感じのものをやろうと思います。

後ライブ情報としては
1月8日に高円寺のペンギンハウスで
オヤシロバンバンなるバンドで演奏します。
本田、斉藤、加藤、高橋、黒澤での
五名の演奏となる予定。

というか
もう今年も終わりですね!
手短ですが一年皆様お疲れ様でした!
また来年お会いいたしましょう!
かなりすぐですが(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-31 21:48 | 雑記

実験音楽リサイタル、感想等1

いや~コミケも無事終了致しました。
なるほどあういうところだったのですなコミケとは。
東方系だったのですが
CDがばんばか売れていくのが驚きました。
完売するだろうとは思っていましたが
始まって一時間もしない内に売り切れるとは。
この分だと300枚でも売り切れてたんじゃなかろうか。

即興やら普通のロックバンドとかで
CDがこんだけ売れたりすることってないすから
いや~凄いなぁと。特に即興なんて・・。

そんなこんなで
実験音楽リサイタルの方の感想を。

とにかく今回は非常に楽しめました。
お客さんは流石に年末で少なかったですが(汗)

斉藤さんの
トップダウン処理にまつわる曲に始まり

高橋くんの
幽霊問答

黒澤の
フィールドレコーディングもの

加藤くんの
4 news papers

という順番で演奏しました。

斉藤さんの
トップダウンというのは
例えば「こんにちわ」と喋ろうとして
「こんにちわ」の「に」が抜けて
「こん ちわ」になったとしても
補足して聴きとることが出来る現象とのことです。

トロンボーン、サックス二本で
長三和音を三つの楽器それぞれに音をふりわけて
重ならないようにロングトーンで
基音、第三音、第五音の順に演奏していきます。
音が重なると和音となって
倍音の関係でトップダウンが曖昧になるかもしれないので
今回は重ねず基音が鳴り終わってから
第三音が、第三音が鳴り終わってから第五音が鳴る
という風に分けて演奏しました。

その演奏を十分に聴かせた上で
一つ音を抜いたりする、
と頭の中で補われるのではないか、と。

自分はトロンボーン吹いていて
パーツの一個だったわけだから
実際トップダウンになっていたかわからないのだけれど、
個人的には自分の楽器の習熟度があさいので
ロングトーン一つとっても
細かなゆれだったり音の立ち上がりの遅さが
あるので、(というかロングトーンだから
目立つ)、そういうミス的な部分が目立つと
トップダウン処理自体について気付くことが
難しくなっていくのでは、と思ったり。

高橋くんの
幽霊問答は

斉藤、加藤、黒澤の
三名で10分間演奏を行い
それをレコーダにー録音し
次にそのレコーダーを再生しつつ
自分の演奏を模倣する、というものでした。

幽霊、の部分はマリオカートの
最高タイムをゴーストが走る、
というところからきているとか。

一応再現しやすい演奏を
という指示があったにもかかわらず
なんだか楽しくなって
即興演奏をばきばきと(笑)

結果、再現どころではありませんでした(笑)
テープの音聴いて
一歩遅れて自分の音を出す、といった感じで
常にテープレコーダーの独走状態でした。

後でテープの録音だけも
聴いたのですが
この時の演奏、中々良い。
高橋くんのところから出したりしないかなぁ~。
自分で出してもよいけれど(笑)

このときの編成は
ドラム、トロンボーン、サックス
でした。

そろそろ練習に行かねばなりませんので
とりあえず
一旦筆を置き、
後で続きを書きたいと思います、
でわ~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-31 11:55 | 雑記

コ ケ

d0137559_9383682.jpg

d0137559_9383615.jpg

d0137559_9383696.jpg

昨日は実験音楽リサイタルでした~、詳しい感想、内容などは後日。非常に楽しかったです。しばらく月一でやる予定なのでまたまたよろしくお願い致します。

今日は今日で友人の手伝いに有明にきております。

わかる方にはわかる(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-29 09:38 | 写真

告知!今年最後の演奏~

今年も残すところあとわずかですね、恐ろしい。
今年の演奏は後一回、八丁堀七針にて(茅場町駅からもいけます)

    *
2008/12/28日曜

八丁堀 七針(http://www.ftftftf.com/)

19:00/19:30
1000円
:= 催し.音楽

実験音楽リサイタル -introductions-

演目 :
加藤裕士「4 news papers」
黒澤勇人「庭に関する何か・・・になる予定」
齊藤僚太「トップダウン処理」
高橋優「幽霊問答/A ghost questions and answer」

展示作品:
高橋優「vacuumonica」

http://hrshkt.exblog.jp/
http://www.myspace.com/ongakukoubo
http://www.myspace.com/ryamamma
http://milky.geocities.jp/ubunanna/top.html
     *


月イチシリーズの
記念すべき第一回です。
中心メンバー四名の
それぞれの曲を演奏する、という企画で
基本的には自由即興的なものよりはコンセプトが
あったり譜面があったり、
てなものをやる感じですが
それもはっきり限定しているわけでもなく
とにかく面白いアイデアがあったらどんどん試していこう、
といった感じです。

内容についても説明したいところですが
説明したら面白くない、という部分もあるかもしれないので
特に触れません~。
というか自分の場合ギリギリで
あまりにつまってないので
2日前ですらはっきりとしたことが言えない、
というのもあるのですが(汗)

あ、曲順は上記のものと異なります。
よろしくお願いします~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-27 01:24 | 告知!

カブカブ

ちょいと必要で
歌舞伎を観にいって参りました。
幕見だとライブ見るのとあまり変わらない料金で入れます。
というか最大でも千円ぐらいなので
ライブよりも安い。

道成寺を観るつもりだったのですが寝坊してぎりぎりで行ったら
案の定売り切れ。
ということで次の佐倉義民伝を観る。

ちなみに道成寺は大体話しを聴いているのですが
お坊さんに一目ぼれした女性が、
せまるわけですが
坊さんなのでつれなくしていると
鬼となっておいかけて・・・
というような話だったかと。

逃げるお坊さんが道成寺に逃げ込み
寺の大きな鐘の中に隠れる。
そこで鬼となった女性が
炎で鐘ごと焼き殺してしまう(蒸し殺し?)

能にもある話らしく
見所が多いとのことで
これがみたかったのですが、
まぁ観てません。

佐倉義民伝は
事前に話は知りません。

話としてはどうやら
殿様の政策で
大変なことになっている村を救うために
殿様に直訴する!
という話。

基本的に
左右に音を出す人がいて
ステレオになっていたりしました。

三味線の音が意外と低いのでびっくり、
というかかなり格好良い。
気分を盛り上げるBGMと効果音を瞬時にいったりきたりと。
三味線は即興的とも聴くけど
歌舞伎の伴奏の場合はどうなんでしょう。

城内の殿様のシーンでは
身分が高いということから
笙の音がでてくるのだけど
これがなんとなく音が悪い気がする。
他の楽器と音があってないような、
いやというより笙の和音が不協和な感じが強く
ここはおそらく殿様の威厳を表すところなのだろうけど
ホラーっぽくなっていたような。


能も少しだけ観たことあるのですが
がっつり寝ました。
能にはアルファー波がよく出るから
寝てもよいと能の大家が言っておられたそうですが、
やっぱり寝たらだめでしょう(笑)
でも朗々と謡う感じはかなりよく眠れます。

歌舞伎は内容もわかりやすかったり
派手な部分もあるので
観やすいですね、
また観にいければと。
道成寺観なければ。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-23 00:01 | 雑記

ズミズミ

一昨日は
吉祥寺のサウンドカフェズミで
ジムオルークとsachiko Mのデュオを
観てきました。

一セット目はそれぞれのソロと
二セット目はデュオでの演奏。

案外ジムさんの音が小さくて
後ろで立ち見していた自分としては
そんなに音の変化がわからなかったりした。
窓に取り付けたコンタクトマイクから
外の音をリアルタイムで加工、して
出したりとか(救急車が近くを通った時ははっきりと音がしました)
上向きに置いたスピーカーをボウルで覆ったりとか
していました。
後ろで、割と目が悪くなってきているのであんまりよく
見えているわけではないのですが。

初め電池を袋から出して
エフェクターに入れるところからはじめるのは面白かったですが
本人的には別にただの準備で演奏のつもりは全然なかったかもしれません(笑)

即興はソロよりはデュオ、トリオとかのほうが(増えたら増えたでカオス、もしくは
緊張感ない感じになりがちで難しいかったりしますが)
面白い気がするのでニセットの方をより楽しみました。

打ち上げもこそっと参加(Uさん有難うございました!)
ジムさんとも少しだけ喋れた。
日本語上手なので
英語感覚だと英語の名前って呼び捨てな感じがしますが
日本語上手なのでジムさんというほうがむしろしっくりきてしまう。

昔渡したデモCDRのことなど覚えていてくださって非常に感激。
あんまり音楽最近聴いてないという話しから
感想はなんとなく聴くのが憚られたが
別に良い返事があるとは思っていたわけではないので
聞いておけばよかったと後で後悔。
押しがよわ~い!
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-20 22:05 | 雑記

雑雑記記

イベントスペースについて、もやもやと。
来年、再来年中には実現したい。

とりあえず名刺でも作ったほうがいいかなと
思ったのですが一応音楽やっている人なんだから
CDRの方がいいんじゃない、という話もあり、
名刺兼一、ニ曲入ったCDRをつくろうと思う。
まぁ前のやつを使ってもいいのだけれど・・
まぁあんまり曲が進まなければ・・。
最近の感じとは別にエレクトロニカっぽいのも
なんとなく作っているのでそれもいれられたらと。

食べ物にはこだわりたいところであります。
別にたいしたものでなくてよいので美味しいものを。
喫茶店の、お店の名を冠したなんたらライスが
ことごとく悲しみを誘う味なのは何故。
たくさんメニューがなくても全然いいので
一、二品、こ、これは
ふ、普通に美味い!というものがあれば良し。

後場を持つということは
こちらのフットワークは重くなるということだったりして、
店!店長!というよりは
演奏の部分を捨てるつもりはまったくないので
この辺は結構ネックになるかと(中途半端さが後々裏目にでそう)。
代理で自分がいなくても1日ぐらい運営できる人が
居たほうがよさそう。

エディロールの録音機を買ったのだけれど
付属のSDカード、
表をみると5使えます、と書いてあったので
5時間か~これなら全然問題ないわ~と
思ったら単位が分で
CD音源と同じ音質で録音すると
五分しかもたないという・・。

まぁもっと容量のあるSDカードを買えばいいんだけど
しばらくはMP3で録音することになるかと。
まぁそんなに耳良くないからいいっちゃいいのですが、
あくまでライブ等の録音用だし。

今日は今日で杉本家でのライブを観に行きました。
杉本さん、秋山さん、木下さんの
三名の演奏で

ジョン・ケージの
0分00秒と

ナンバーピースから3番とで一部終了・

二部は
マイケル・ピサロの四つの曲を
途切れなく続けて演奏。

三部はクリスチャン・ウォルフの
ストーンという曲を演奏していました。


「0分00秒」は自分はよく知らないのですが
エレクトロニクスを使うものらしいです。
木下さんソロでコンタクトマイクを使った演奏でした。

ナンバーピースからの3番は
割と自分が弱音系と聴いてイメージするものに近いものでした。
ストップウオッチ使用ですし、
演奏者それぞれに三種類まで使える音が決まっていて
それを指定の時間に出していくものらしいです。
音のチョイスは各々の裁量に委ねられます。
誰にでもできそうな感じですし
実際誰にでもできますが、
良い演奏になるかどうかは別な話で(ある意味では結局誰にでもできるわけではなく)
三方の音のセンスが凄まじく
なかなかここまで良い演奏はできんな~と思いました。

マイケル・ピサロ
一曲目は
杉本さんがブラシの裏側で机を擦る、というもので
前の曲も音量は小さいですがさらに落ちます。
二曲目は
秋山さん木下さん二人の演奏で
木下さんはヴァイオリンのボディを弓で弾き、
秋山さんもギターのボディを弓で弾いていました(!)
これも良かったんですよ~、
途中で二人の音はまったく聴こえないのに
何故か弓で弾き続けていて、
しかも弓を弾くタイミングが合っている、
という。要はもうジェスチャーだけを
観ている状態になるわけですが
何故か目が離せず、集中が増すばかりでありました。
三曲目は
杉本さんと秋山さんで
杉本さんは一曲目と同じように
ブラシの裏側で机を擦り
秋山さんはギターの裏面を擦っていました。
四曲目は
杉本さんが部屋の窓を開け、
何分かしたら
木下さんが窓を閉めるというもの。
当然寒気が入ってきて寒くなりましたが(笑)
飛行機の通るタイミングで杉本さんが
開けたので窓がフィルターのような効果で
じょじょに音が変化していくのがよくわかりました。

三部、
ウォルフのストーンは
元々は石を使って音を出す
という指定があるのみの曲らしいです。
杉本さんら三名は
隣りの部屋にいき戸を閉めての演奏。
演奏者が自分達の目にはまったく見えない状態となります。

石を使って演奏するということはわかっているのですが
演奏者が見えないと音の発生源がわかりにくく
CD等で聴いた時のような抽象的なニュアンスが
多く含まれてきます。

あれ?壁こすってないすか?という音もあり
アパートなので心配になりましたが(笑)
後でみたら特に部屋に傷はなかった模様。
やっぱり喋りとかより打音の方が
壁を伝って多く伝わるみたいですね。

改めて杉本さんギターソロ2デイズや
セグメンツ観とけばよかった、
と思った次第です(汗)
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-15 01:43 | 雑記

日記

買ってみなきゃ当たりもしめぇ!
と年末ジャンボ購入。

といっても懐寒い身分なので
ほんの数枚、これは当たるまい(笑)

とはいえ買ってみると気が楽になったり。
まぁ抽選日に外れてるの見た日には少し落ちるのでしょうが。


編集会議」、
京極夏彦表紙に惹かれ
買って見る。

とかいって京極堂のはうぶめしか読んだことないエセなのですが。
映画は二本とも観にいったけんども。
そういや魍魎の箱アニメ化されてるんだよね、何故か。

面白いのは京極氏が
読む人のことを考えて作っている、というところ。
自分のためだけに作っています、なんてのは駄目だよと。
氏のはアクの強い作品でもあるのでなんとなく意外というか
不思議でもあります。結局バランス感覚がめちゃめちゃ良いのでしょうな。

文章のところは責任を持つけどその他の部分は逆に
自分は素人になるので口をはさまない、みたいな話も
ありそれもやっぱり上手いバランスなのだろうなと思いつつ。

よく聞くのが文章がページをまたがないように作っているというやつで
これどういう理由だったっけなイトイ新聞で対談の時に聞いた
気がするのだが。
多分ページをまたいでしまうときりが悪いので
読者は読み続けざるおえない、
そういった構造の問題で読ませるのではなく
内容の面白さで読ませ続けたい、ということだったような・・

作家名に頼るのは編集者の職務放棄、というような
ところもあり

自分のことに当てはめていくと
こうイベントスペース持った時に
有名な方ばかりに演奏頼むは職務放棄、みたいな(笑)

いや店長と編集者は随分違うからあまり関係ないですね。
単にイベントスペースの妄想がしたいだけです(笑)

「編集会議」には他には人脈の作り方特集があって
むしろそっちを気にしたほうがいいのでは、と。
内容的には平易なものですが
こういうのは外から改めて見直してみるというのが
いいのでしょう。

人脈、人脈、う~ん。
本名を姓名判断すると
対人運が限りなく低い。
晩年は孤独に死を迎えるでしょう、
と書いてあります。
相方には改名をことあるごとに迫られています。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-11 22:55 | 雑記

雑記

う~む完璧にスペースを作る、作る!モードに入ってしまって
授業も手につきません~。

バイトは資金源なのではりきってやるわけですが・・
困ったものです。

開店一週間すると店も落ち着き午前中は
あまりお客さんはいません。
なので結構のんびりと棚整理しております。

今月は一度しかライブがありませんが
一個大事なイベントがあったのだ。

友達の手伝いで
冬コミに行ってきます。
いや人生初ですよ。

本当にいわゆるオタク的な人が
わしゃわしゃいるのか見てきてみたいと思います。
とかいって自分もその中に入ってくわけですから同類でございます。

場所はとりあえずまたあとで書くとして
東方関連でございます。

バイトでレジもやっているし
完璧に業務をこなせるはず!


まだまだお金がないので
色々とライブを観に行きたいのですが
(資金を貯めているというよりは今月は生活費が・・)
しばらくはおあづけかと。
時間もないですし、
冬休みもバイトができればいいなぁ~。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-10 17:38 | 雑記

日記

とてもいい物件があったので観に行こうとするが
もう契約済みであったらしい、残念!

15帖くらいのスペースがあって
すでに防音加工がされているところで
なおかつ一軒家。
おそらく前の人がピアノを置いていたりしたのでしょう。

正直かなりの狙い目だったのですが
まぁこればっかりはしょうがない~。

というかある程度お金を貯めて
良いのが見つかったらすぱっと先取りできるように
したほうがいいのかも。

要するにお金貯めてから下見したほうがええんでないか、
という。

まぁやっぱり当分は貯金ですな。
年末ジャンボあたらないですかね(笑)

ライブは12月28日に
七針で加藤高橋斉藤黒澤四人での
作曲モノ、それぞれの作品を発表します。

あと1月8日に高円寺ペンギンハウスでの演奏があります
(細かい編成はまだはっきりとは決まってないです)


何か機材を見ようと
sound fizに行ったのですが
閉まっていて
最近行っても閉まってること多いなぁとおもって
HP見てみたらしばらくは休業に近い状態らしい。
注文あるときは予約してから行く、
というスタイルに。
確かに店内はお店というより
作業場って感じでしたからね、
色んなシンセがぼこぼこみれるのは結構楽しかったのですが・。
未だにちゃんと扱ったことはないけれどもシンセ。
[PR]
by eugene_photo | 2008-12-07 14:57 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧