<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ピクニック写真等。

d0137559_2273711.jpg

d0137559_2275185.jpg

d0137559_228190.jpg


文字だけだとブログは硬い感じがするので画像載せるのもよいですな。
ピクニックの写真です。自分のは今回はインスタントカメラだったので
写りはどうだか、というかスキャンする段階で曲がってたりもして
なかなか大変な仕上がり。

一枚目はこんな感じのところでしたよ、
というのを随分遠めで。

二枚目はベーシスト本田氏を。
ニックドレイクがコントラバス弾いてるように見えます。

三枚目は石川さん。
なんだか合成にみえる(笑)
普通シャッタースピードの関係で
走っている石川さんがぶれるはずなのに
石川さんは普通に写ってて景色がぶれている。
何故だ?

6月の予定についてちょいと考えてみる。
まだ詳細がわからないところもあるのですが
とりあえず自分の中でまとめる意もかねて。

6月13日は
八丁堀七針で
ギタリスト決起集会vol.2
元々は大阪からいらっしゃる日野さんを
迎えるライブイベントなわけですが
ギターたくさん集めちゃったし
イベント名とか思いつかないし
決起2でいいんではということでvol.2

6月14日は
uplinkで昼ぐらいから演奏の機会をもらいました。
まだ詳細よくわからないのでソロかもデュオかも。
自分の中ではアップリンクはお洒落!というイメージあります。

6月21日は
実験音楽リサイタル(何回目?多分7回目?)
これまた八丁掘の七針です。
テーマが「光、照明」となっております。
これは結構どうやるかが大変です。
準備に時間がかかるんじゃないかしらん。

6月28日
学館ライブ、
早稲田大学学生会の会議室にて。
今回はリサイタルメンバー総当り戦を
やってみます。
学館ライブはゲストを呼んでという傾向強いですが
今回は身内で
息の合った、いやむしろふんだんに息の合ってない
演奏を聴かせることでしょう。
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-31 02:51 | 写真

実験音楽ピクニック写真

実験音楽リサイタルのブログや、
高橋君のブログにピクニックの写真が色々載っております。

http://d.hatena.ne.jp/ubunanna/?of=2

http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/

しかし自分の写真キモ~!ですな(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-28 00:26 | 雑記

実験音楽ピクニック終了~

怒涛のライブウイークもこれでひとまず終了。

31 実験音楽ピクニック
@和泉多摩川河川敷

何時も感想後で書くとかいって
忘れてしまうので
今ちょっと雑感を書いてみようかと。

あ、というかかなり雨が降ってたり
開始時刻が大分遅れたり結構
色々大変な感じだったのですが
途中から晴れてきたりして案外上手くいきました。

雨降りをしのげる高架下に
大学生らしき浮ついた人々が
ターンテーブルをまわし
バーベキューをしてるのにひきつつ(これがれいぶか、れいぶってやつなのか!)、
そこで決行しなくてよかったと心底思いました。

前半のハイライトは
加藤君の「ピクニックの思い出」という曲だったかなと
個人的に思います。
加藤君ともうお一方が傘とボールで
野球して打ったらお客さん含め
演奏するというものですが
野外という空間に上手くマッチしているのと
こう打ったら音を出すのが
野球の応援に似てたりもします。

それから打つ側の人が意外とヒットを出せなくて、
というのもポイント高かったです。
打つか・・・あぁ~空振り~!
というはらはらな心模様。
そして子供のころ原っぱで多少スポーツしたことのある人なら
感じるであろう郷愁(たいていほとんどの人はなんらかの経験はあるはず)。色々混ざりまくってまさに「ピクニックの思い出」に
相応しい曲でした。


と、ここで眠い!めんどくさい!
と思えてきました。
また感想は後日。
なんじゃあそりゃ~。


次回のライブの告知だけでもしときますが。

************************
■6月13日
イベント名「ギタリスト総決起集会 vol.2」
日程 6月13日(土)
場所 八丁堀七針(http://www.ftftftf.com/)
open 18:00 start18:30
料金 1000円

<出演>
岡田拓也(http://www.kenka.org/)
黒澤勇人(http://bucanh.exblog.jp/)
齊藤僚太(http://www.myspace.com/ryamamma)
杉本寛
日野浩志郎(http://d.hatena.ne.jp/po00oq/)
深田篤史
北條智之(http://www.ho-jo.net/)
村上巨樹(http://murakaminaoki.main.jp/)

***************************
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-25 02:34 | 雑記

杉本拓作曲シリーズXX

やっぱり赤より白の方が飲みやすいもんですな~。
というわけで酔いまくりつつ感想など。


29 杉本拓作曲シリーズXX
  @明大前キッドアイラック
30 杉本拓作曲シリーズXX
  @明大前キッドアイラック

上についてる数字は
今年見たライブもしくは演奏したライブの累計ざんす。
あんまりライブみないほうなので
今年はおかねと時間のゆるす限り100本を目標にしようかと。


初日はトロンボーンをもっていったのですが
これがなかなか駄目駄目でした。
まずピアニシモで音をだす難しさ、
予想以上の無音というか演奏がない部分の緊張感。
リハの合間とかはポッポポのんびり吹けるのですが
本番になるとかなりヘボいミスを連発。
高音も使う予定でしたが
唇があまりの緊張にぷるぷるして断念。
心が折れた。
う~む正直こういう小さい音のコントロールは
この楽器専門に何年も~って方じゃないと
難しいですな、つまりは練習不足と判断ミスですが。

そういう個人的なものは別として
この日はなんともいいがたい曲になっていて
それはまた面白かったかも。

2日目は
1日目でやったことのロングバージョンなので
ある程度音を伸ばせたほうがいいかなというのと
前回ぼトロンボーンのへっぽこぶりもふまえギターで
E-bowで音を伸ばす方にチェンジ。

曲としてのわかりやすさというか
良く感じやすいのはこちらのほうでしょう。

杉本さんと自分の見解が(主に自分の伸ばす部分など)
一致してて面白かったですがまぁチキンなのでその通りには
中々いかないと(笑)次やるとすればまた違う形になるので
しょうがないですがあまり遠慮というかなんちゅうかしすぎるのも
いかんなと思いました、要はチキン。

後半にはE-bow三本による部分が面白かったかなと
米本さんがE-bow使ってるの気付いたのはかなり後の方でしたが。

自分がアコースティックギターを使って音量が小さめなのもあって
自分の音がどれかわかなくなる時もあり。
チューニングを少しずつ変えながら音をだしていたので
音程がフラットしているのが自分のだと思いつつも
しかしちょっとずつさげてるからどれだかわからない!
(15分で全音下げるくらい、50分で全音とかいけたらもう最高なんですが)

ある程度音程を正確にするためチューナーもつけつつやっていたけど
省エネ設定のチューナーらしく五分ぐらいしたら
自動的に電源きれた!(笑)
これではどこまでペグを回していいかわからない。

後半のC音に戻る時は
割とあっていたけど前半は
少し高めか低めかわからないけどずれた音でおわってしまった。
多分D♯よりか?わからんけれども・

アルヴィン・ルシエの
トロンボーンと電子音の
音程が徐々にずれていきまた元のユニゾンに戻ったりする曲に
近い響きもありつつ(音程がずれることによる揺らぎのような。
中学校の吹奏楽の時には音程がワンワンいっていると気持ち悪いと
絶対音感な子がよく言っていたものですが・・)
お互いの演奏の読み合いもありつつ
特有の緊張感もありつつ2日目は楽しみつつ演奏をすることができました。

とにかく杉本さん作品の洗礼を受けた2日間でありました。
機会有りますればまた是非やりたいです。


と来れなかった方用に書いているつもりが
結局よくわかりにくい文になっている、という。
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-23 01:08 | 雑記

オヤシロバンバンライブ終了~。

今週は結構ライブ多しです。
一週間にライブ四回という、あんれま密集しております。

今日は

28 オヤシロバンバン
@高円寺ペンギンハウス

でした。

今回は七人編成の大所帯。
照明が熱かったせいもあり
汗をかき、とてもやりきった感が!(笑)

少し間延びした部分も多少なくはなかったが
全体としては上手くいっていたのではないかと思う。

個人的には弾きすぎたかも、とも思いつつ
展開的な部分として例えばサインをだしたほうがいいのだろうか、
とか色々クオリティのことなど考える。
でもサインは相当出すタイミングが難しいし
かなり狭める感もあるから考えどころだなと。
とまぁ色々考えつつ次回へのポジティブな期待が高まったりしたりしなかったり。
まぁ音楽的なクオリティを考える、
というのがこのバンドにとってはたして善いことなのか問題もありますが。とにかく色々試していければと。


というか大所帯だと打ち上げが楽しい(笑)
が流石に徹夜が続くのはきついので終電で帰る、
残念ですたい。

そんでもちまして次の演奏はこちらです!
**********************
杉本拓作曲シリーズXX
5月21(木)22日(金)
19:00open /19:30start
予約2000円 
当日2200円
(1ドリンク付き)
於/キッド・アイラック・アート・ホール
http://www.kidailack.co.jp/
東京都世田谷区松原2-46-11
TEL: 03-33322-5564 FAX:03-3322-5676
E-mail : arthall@kidailack.co.jp


出演:
秋山徹次(21、22)
大蔵雅彦(21、22)
大蔵雅恵(22)
木下和重(21、22)
黒澤勇人(21、22)
公文南公(22)
杉本拓(21、22)
塩田玲子(21、22)
徳永将豪(22)
しばてつ(22)
米本篤(21、22)


曲の譜面は、全休符、Cの全音符、Dの全音符、全休符、Dの全音符、
Cの全音符、全休符の7小節(すべてフェルマータ付き)。それか、
CからD、およびDとCがグリッサンドでつながれたヴァージョン。
演奏者はそのどちらかを演奏。オクターブは自由。この7小節を
長い時間を使って演奏します。どういうことかというと、人によっては、
極端な場合、最後の10秒でこれを演奏してもいいし真ん中あたりで
やってもよい。全音符も全休符も長さは任意で、各奏者に委ねられて
います。ロング・トーンが出せる楽器(循環呼吸による管楽器、
弦楽器等)であれば、一つの全音符に数分(あるいは数十分)かける
ことも出来ます。作曲と言うよりは、思いついたことをやってみるという
意味で、実験。
二通りのやり方を考えていて、ひとつは約70分かけて7小節を
演奏するもの。もうひとつはショート・ヴァージョンで、様々な時間単位、
2分から10分くらいのユニット内で7小節を演奏して、それを重ねると
いうもの。
22日は70分ヴァージョンをやります。21日はショート・ヴァージョンで
やる可能性があります。(杉本拓)
*********************************

今更あせってトロンボーン練習しまくっております。
ちゃんと曲に見合うレベルになっとると良いのですが。
循環呼吸はもちろんできません(笑)
この間の学館ライブで古池さんに少しコツを
教えていただいたので今回は間に合わなそうだけど
なんとかいずれはできるようになりたいところ。

といいますかロングトーン音伸びない
全然鳴らしてないから鳴らない!ひいひいひい。
いやむしろ人見知りなので喋りが心配。
先に一杯いれとくべきかいやしかし。
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-20 01:27 | 雑記

ライブ終了~

というわけで

27 学館ライブ
大蔵雅彦 古池寿浩 加藤裕士 黒澤勇人
@早稲田大学学生会館

でした!

来てくださったお客さん、
誠に有難うございました!

その後打ち上げあり
さらにカラオケでオールし
現在これを書いている次第。
が、バイトは朝からです、死ぬる。

黒澤加藤デュオは
突如プリペアドしたギターをE-bowで弾くのを
試してみたくなりちょっとやってみました。
アコギでE-bowというのもなかなかオツなものです。
加藤君やりにくそうだぜ、ひっひっひと思ってたら
プリペアドの位置が悪くて
良いサワリにならず弦振動が止まり予期せぬところで
音が消えたりして困る。


古池さん大蔵さんデュオはやはり
素晴らしく、また粘り強くお互いの音の
位置を探りあったり交換したり
同音程を鳴らしたりそれを
ずらしていったり
なんというか凄く共演されていた、という印象。


全員で演奏する回もあって
そこで多少こちらから仕掛けられたのはなかなか
よかったかなと。ただ多少テンションの上昇が
あったため本人はよいと思っても
みていた人にはどううつったか。


だけれどもライブは続くよどこまでも。
火曜はオヤシロバンバン。
オヤシロサマのメンバーでもある尺八奏者のそうさん、
new toledoの竹田さんを加えての演奏です。
人数が多くなれば全体の音量は上がるはずなのだけれど
むしろ下げていきたい。
上手くいくかはわからないけど
皆で楽器をひたすらこする曲とかやってみたいです。
実際にやるかどうかわかりませんが、
案外音で聴いてみると随分印象が違ったりします。
これまた是非是非!

********************
5/19(火)
高円寺ペンギンハウス
(http://www3.plala.or.jp/FREEDOM/PENGUIN.htm)

オヤシロバンバン
黒澤勇人(guitar)
加藤裕士(drums)
高橋優(object)
齊藤僚太(sax)
本田琢也(contrabass)
田野村聡(尺八)
竹田和也(violin)

W/うるせえなボンジョビ、大団円、土舎利
********************
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-18 06:12 | 告知!

雑記

・ゴールデンウイークは特にどこにも行かず。
あ、でもライブは二本行きました。

24 今井和雄ソロ
@千駄ヶ谷ループライン

今井さんギター弾かなかった~残念。
やはりなんといってもギターが見たい。

ボウルやシンバルなどならべて
それらに振動する器具を付け
おそらくコンタクトマイクなんかも使いつつ、
それらで何層かのレイヤーを作り
その上で笛を吹いたりヴァイオリンよりちょっとでかいけど
チェロよりは小さい楽器を弾いたり(構え方はチェロのように)
といった感じの演奏。
演奏的な部分が終わると
レイヤーの振動音の聴こえ方が変わっているのが
面白かったり。
振動する器具の影響で床をちょっとずつ移動しているものも
あったので普通にそういう直接的な意味でも聴こえ方が変化してたのかも。


25 廃校フェス
@芸能花伝舎

ウリチパン郡、ネハンベース、
キセル、曽我部など観る。
要は珍しく今回は王道コースである。
少しHARCOも見れた。

やはり歌モノとかバンドはいいなぁ~。
などと思ったり。
後、曲は決まってるだけあって
練習量半端じゃないですね。


・CD屋で100円で
ジョニーマーのソロアルバムが売ってる、
わ~いと思ったら、
何故か日本語で唄い始める。
あれ、ジョニーマー日本語上手いな、
と思ったら日本人二人組みユニット
ニール&イライザのアルバム
「ジョニー・マー?」
であった。

・バイト先の勤務時間が削られることになりました。
閉店秒読み段階かと。
棚に予算表が貼られてこれを目標にしっかり励みましょう
とのこと。いや、もはや精神論。いちバイトが予算に
ついて知ったところでどうにもならんて。
潰れる前に家庭教師のバイトでも探してみよう。
(まったく向いてないが)
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-09 00:11 | 雑記

5/17ライブ告知!!

はて、前回の余韻も冷めないうちに告知でがんす。

gnuの大蔵さん、ふいごの古池さんをお招きしての学生会館でのライブです。開演時間が前回より少し早くなってますのでご注意ください。

こうご期待!

************************************************************
5月17日(日)
学館ライブ

会場 早稲田大学新学生会館 W508号室
開場/開演 18:30/19:00 
1500円(ドリンク込み)

予約はこちら
gakkan-2009@mail.goo.ne.jpに件名に「5/17ライブ予約」
お名前と人数を書いてメールを送ってください。


出演

大蔵雅彦 OKURA masahiko  
1966年生まれ、東京在住。アルト・サックス / バス・クラリネット / チューブ。94年、Dub Sonic Warriorへの参加をきっかけに演奏活動を開始。最初期からフリー・インプロビゼーションを様々な演奏者と試みる。97年、リーダー・バンド gnu を結成。05年、ONJOに参加。06年より杉本拓、宇波拓とともに作曲作品発表の場として「室内楽コンサート」シリーズを主催。
http://www.japanimprov.com/mokura/mokuraj/

古池寿浩 KOIKE toshihiro
'74年名古屋生まれ。トロンボーン奏者。
15歳でトロンボーンを吹き始め、96年よりソロでの演奏活動をスタートさせる。
現在の主な活動は、国内外の即興演奏家との共演、ソロ演奏。また中尾勘二(sax,kl)関島岳郎(tub)と自己の管楽器トリオ「ふいご」を率いる。その他に宇波拓氏率いる「HOSE」、イトケン氏率いる「Zuppa di Pesce」、藤井郷子オーケストラなどいくつかのバンドに所属。
http://homepage.mac.com/fuigo_koike/

加藤裕士 KATO hiroshi
1986年生まれ。エレクトロニクスやドラム、パーカッションをおおらかな気持ちで演奏している。高橋優、齋藤僚太、黒澤勇人とともに八丁堀「七針」にて「実験音楽リサイタル」というイベントを毎月開催(http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/)。CDR作品として黒澤勇人とのデュオや「実験録音リサイタル」がある。
http://hrshkt.exblog.jp/

黒澤勇人 KUROSAWA hayato  
あれよあれよと何時の間にやら演奏するようになる。個人活動ではギターの即興演奏とラップトップによる音源制作を行っている。月一イベント実験音楽リサイタル」(http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/)の中心メンバーの一人。
http://www.myspace.com/ongakukoubo  http://bucanh.exblog.jp/

*会場へのルート
①東京メトロ東西線早稲田駅・大学方面出口からみずほ銀行がある方向に進む。
②その先の交番のある交差点を左に曲がる。
③右手にサイゼリヤがある交差点を左に曲がると学生会館入り口です。
④中に入って右に曲がり、エレベーターで五階です。会場はW508です。
*もし場所がわからない場合は黒澤(080-6615-6953)、もしくは加藤(080-6530-6054)にご連絡下さい。
企画:加藤裕士 黒澤勇人
********************************************
[PR]
by eugene_photo | 2009-05-03 01:50 | 告知!


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧