<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ライブ終了~

というわけで

35 学館ライブ
齊藤僚太 高橋優 黒澤勇人 加藤裕士
@早稲田大学学生会館

終了いたしました。

お越しにきて下さいましたお客さま、
誠に有難うございました~。

今回のライブは特に秀逸で
とにかく最近はやればやるほど良くなっていく
マリオとかで星とった状態であります。

加藤黒澤デュオ
  ↓
黒澤齊藤デュオ
  ↓
加藤高橋デュオ

で一部。
休憩はさみ、

齊藤加藤デュオ
  ↓
高橋黒澤デュオ
  ↓
高橋齊藤デュオ
  ↓
全員で

で二部という形でやりました。

転換に時間を食いすぎないように
一部二部とも
デュオ間には転換時間なしで
そのまま前の人とゆっくり交代する
という風にしました。

黒澤はアコギがメインでしたが
今回は色々やってみようモードなので
色々小道具もっていきました。

鉛筆削り、チョロQ、ファブリーズ、
うちわ、ガムテープ、等等。

いかんせん使い慣れているわけでもないので
単なるパフォーマンスになって
しまう部分もなくはなかったですが
それなりに面白く使えたかと。
うちわは使わなかったですが、
持ってきたものの一体何に使う気だったのだろう。
部屋が暑かったらお客さんを扇ぐつもりだったのか(笑)
それから会場の照明は自分達で用意したものなので
それを結構使いたおしました。

全体を説明するのは難しそうなので
パラパラっと個人的に面白かった所等。
順不同。

まず高橋君が倒れた。ステージ(段差はないのではっきりわかれてません。)にべたっとうつべせになる。
「ん、倒れた、まさかの身体表現!」
と思ってたら
あとで聞いたら本気の転倒でコードに足が躓いたらしい。
めちゃ痛い、あれは。まっすぐ速く倒れていた。
そうとは知らずにその時自分は
照明をさわっていたので
小刻みに点滅させて、倒れている高橋君がバッバッと照らされ
エマージェンシーな空間になる。

館内放送で定時に
「こちらは防災センターです・・・学生は、すみやかに
退出してください」というようなアナウンスが
鳴るのですが部屋のスイッチを操作して
それをカットアップする加藤君。

齊藤さんサックスと
黒澤あこぎで
齊藤さんのプレイに合わせ(?)
徐々に沈静化する黒澤。

高橋加藤デュオの
エレクトロニクス二台の即興。
今回は高橋君は回路を開けたラジオと
フィルムのはいってない映写機、
加藤君はミキサーとカオスパッド。
音色的には近い時もあり
混ざったり混ざらなかったりしつつ進行する。

高橋君の映写機はフィルムは入ってないが
光は映しだされる。
黒澤雨だったのでたまたま持ってきたビニール傘を
光にかざして回転させる。
案外綺麗。この日雨が降っていたことと
高橋君が映写機をもってきていたこと、
たまたま自分の近くの壁に光が写っていたこと(スクリーンなど使わず)
傘が安物のビニール(光に透ける)であったことなどが
重なり合わなければできなかった。

加藤君、黒澤のそれぞれの近くに照明があり
さらに高橋君の映写機のライトもあり
照明が三つになり、
齊藤さんのサックスも加えて
光三つ、サックス一つの
謎の四重奏になる。

6月の実験音楽リサイタルが照明がテーマであったこともあるし
ライブハウス環境じゃなく自分等で操作しやすい場所であった
ことも要因ではないかと。

場所によって結構自分達は能力の発揮が関わってきますな。
会場にはステージ側に窓もあったので
そこから外に出て行くのも良いなと思ったり。
唐十郎の赤テントかい!
雨降ってたのでやらなんだが。

とにかく今回は可能性に満ちたライブでござんした。
齊藤さんも言っていたけど
高校生くらいの自分等が観たら
確実に人生の方向を変えたんじゃないかなと思います。
まぁ、それは間違った方向に、
という気もしますが(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-29 16:28 | 雑記

28日は学館ライブへ~。

最近思うに、
その時間を楽しめればいいんではないかと、
ごく単純に思ったりします。
それは例えば杉本さんのライブを観たりして
実は思っていたより楽しむのに難しさを感じなかったことなどあります。

ある種の芸術(うさんくさい言葉ですが)には
視覚的、聴覚的に綺麗だとか楽しいだとか
というよりその裏のテクストを理解することに
重きを置いた作品なんかもあったりします。
作品そのものがテクストを表す存在というか。

本人の意図がどうかは置いといて
そういうテクスト云々関係なくその場にいて聴くこと、
観ること在ることで楽しめてしまった、と。

さすればこの「楽しめた」は
もちろんポップスを聴いて、とか
現代音楽を聴いて、とか
ロックを聴いて、
優れた即興を聴いて
というのとは種類が異なるものではありますが
しかしその時間を楽しんだ、という点では同じであります。

ある一つの時間があって(それは過ぎ去り二度と訪れない時間でもあります)
それを有意義に楽しむということ。

そういうのをうけてやっと自分の感覚を信じる気になってきた、
というか(勿論油断はできませんが)
自分が非常に面白いと思うことをやろう、
と思います。それがある人にっとては難しいことかもしれませんし、
珍妙なことかもしれません。だけれどもまぁそれは人それぞれの判断でございます。

それからある時間を楽しむということ、
それはもはや音楽でなくてもいいかもしれません。
もはや何をやってもよい、と。
そもそも音楽を聴くとき我々は
耳と耳の神経と脳だけの生き物になっているわけでもあるまい。

でも自由という意味でもございません。
自分が自分であることによって規定されているものというのも
ありますし。

とにかくこの先は何やるかわかりませんねぇ~
いきなりブリットポップのバンドを組んでみるのもいいし、
演奏しません!といっておもむろに三味線を弾きだすのも良いかもしれません。
ライブハウスで運指練習しかしないのも良いかも。
それは怒られます(笑)

ただそれらも自分の感覚の中で必要だとOKが出されたら
やることもあるでしょう。
その感覚は曖昧なものでもあり厳密で正確なものであります、
なんでもあり、のようにみえつつ
絶対にこれでなくてはいけない、という強固な頑固さに
貫かれているようにも思えます。
それ故にミスリーディングを
含むわけですが
でも大抵の物事は誤解によって進んでいくものですから。

でもこれで
ちょっと怪しいスピリチュアルな人みたいに
思われたら困ります(笑)
また、だからすんごいことしてくれんでしょ、
というのもプレッシャーを感じて嘔吐します(笑)
非常に日常的な、ごく当たり前なことしかしないかもしれませんし。

というようなことが
活かされるかもしれませんし
活かされないかもしれない次回のライブ。

お時間ある方は是非!
あまりライブ時間は長くならない予定なので
その後打ち上げでマターリいたしましょう。

************************
■6月28日(日)
学館ライブ

会場 早稲田大学新学生会館 W508号室
開場/開演 18:30/19:00
500円

予約はこちら
gakkan-2009@mail.goo.ne.jpに件名に「6/28ライブ予約」
お名前と人数を書いてメールを送ってください。


出演

齊藤僚太
http://www.myspace.com/ryamamma

高橋優
http://d.hatena.ne.jp/ubunanna/

黒澤勇人
http://www.myspace.com/ongakukoubo
http://bucanh.exblog.jp/

加藤裕士
http://hrshkt.exblog.jp/


*会場へのルート
①東京メトロ東西線早稲田駅・大学方面出口からみずほ銀行がある方向に進む。
②その先の交番のある交差点を左に曲がる。
③右手にサイゼリヤがある交差点を左に曲がると学生会館入り口です。
④中に入って右に曲がり、エレベーターで五階です。会場はW508です。
*もし場所がわからない場合は黒澤(080-6615-6953)、もしくは加藤(080-6530-6054)にご連絡下さい。
企画:加藤裕士 黒澤勇人

**************************
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-26 23:22 | 告知!

実験音楽リサイタル終了~。

ちゅうわけで実験音楽リサイタル終了いたしました。

34 実験音楽リサイタル 光、照明
  @七針

どうしてこの時間まで飲むだろうとわかっていながら
バイトに休みを入れないのか、
もしくは終電で帰らんのか、
選択肢を誤ります、毎回。

机につっぷして寝れるように
何かクッションを携帯するようにすべきか、
クッション。

というわけでバイトまでの時間を日記でつぶすと。

リサイタルは
集客は中々散々で
4月、5月の盛況ぶりに油断した感あります。

けど内容はかなり充実したものというか
どんどん濃くなっております。
それぞれ方向性はバラバラなのだけれど
それぞれがそれぞれに濃くなっていっております。

後程感想書きますといって
毎回書き忘れるので少しだけ自分の曲について書くことに致します。
後で思い出し書きするとしても記憶の鍵のようになれば。
今回は「光、照明」がテーマでござんした。

ニ曲やったのですが
一曲目は
照明が点いている間は演奏しない、
照明が消えて真っ暗な状態では演奏する、
という簡単なルールに基づくものです。
あと特別ルールに暗い内は演奏者は移動しても良い。

今回は自分は演奏せず照明のオンオフのみ
やっておりました。

高橋君も言っていたのだけれど
だるまさんがころんだのような曲。
演奏した~と思ったら明かりがついてぶつっと音が途切れる。

照明のオンオフを早く繰り返したりすると
演奏が追いつかなくなってルールが反転してしまったり
してこれまた面白い。

すごく単純なルールではあるのですが実際にやってみると
かなり面白く、これはのびしろありそうな感じ。


二曲目はまたガラッとかわり
照明にカラーフィルムをあて
照明の色を赤、青、黄、緑などに変えます。

それらの照明の色と調性を
対応させドローンなど。

助っ人に参加してもらった
本荘君や藤崎さんも中々良い働きをして頂いた。
本荘君のシンセは人数があまり多く無い中
ドローン感の形成に一役買ったし、
ピアノ、ピアニカも的確な演奏でござんした。

最終的には
照明の色が変わっても
調性は変化しないパートに移り
それまでにあった対応関係は裏切られます。

三原色の照明は
ちょっとゴダールの映画のようでもありました。

これも説明すれば簡単なんだけど・・
う~む面白さをどう伝えれば・・。

この曲に関しては演奏の難しさや
指揮するタイミングの難しさもあって
まだまだもっとよくしていける部分があるなぁと。

なにはともあれ
かなり内容的に熱い回であったのに
あまり多くの人に見せれなかったのが残念。
集客頑張りたいところです。
皆さまどうしていることやら。

そんなこんなで来週もライブでございます。
リサイタルメンバーでデュオ総当り戦です。
即興かどうかはよくわかりません。
ある時もあるでしょうし、
そうでないこともあるでしょう。

時間的に早めに終わる予定なので
打ち上げ皆さんでわいわいとできたらと。
よろしくお願い致します~。


************************
■6月28日(日)
学館ライブ

会場 早稲田大学新学生会館 W508号室
開場/開演 18:30/19:00
500円

予約はこちら
gakkan-2009@mail.goo.ne.jpに件名に「6/28ライブ予約」
お名前と人数を書いてメールを送ってください。


出演

齊藤僚太
http://www.myspace.com/ryamamma

高橋優
http://d.hatena.ne.jp/ubunanna/

黒澤勇人
http://www.myspace.com/ongakukoubo
http://bucanh.exblog.jp/

加藤裕士
http://hrshkt.exblog.jp/


*会場へのルート
①東京メトロ東西線早稲田駅・大学方面出口からみずほ銀行がある方向に進む。
②その先の交番のある交差点を左に曲がる。
③右手にサイゼリヤがある交差点を左に曲がると学生会館入り口です。
④中に入って右に曲がり、エレベーターで五階です。会場はW508です。
*もし場所がわからない場合は黒澤(080-6615-6953)、もしくは加藤(080-6530-6054)にご連絡下さい。
企画:加藤裕士 黒澤勇人

**************************
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-22 07:20 | 告知!

雑記

海外ドラマのボーンズ観てたら
主人公の友達が結婚するのだけれど
その親父さんがどっかでみたことある。

調べてみるとZZ topの方でした!
特別出演てやつかしらん。

でも最近こういうのが聴きたくなってきたりしています。
なんとなく自分はポストロックっぽいのが好きだと
思っているのですが
しかしそれは思い込みでポストロックほとんど聴いたことないことに
気付く。




それはともかく最初の方でリフの合間に
ギターが高音に向かってグリッサンドする音が
可愛いですね。なんだかこういうのも好きになってきた。
感覚は変わるものです。


話変わってグレッグイーガンのホームページを
見つけたのだけど
リンクに音楽もあって
イーガンはthey might be giantsが好きらしい。



ポップだけどなんか変、凄く変。
これもいいなぁ。以前だったら絶対チンプンカンプンですよ。

「宇宙消失」に
フィリップグラスの「浜辺のアインシュタイン」がでてきたから
ミニマルが好きなのかと思ったけどこういう感じが好きなのね、イーガン。

ついでにフィリップグラスも貼ります~。



[PR]
by eugene_photo | 2009-06-20 00:26 | 雑記

6月の実験音楽リサイタル

来週もライブがあるんでした!
中々忙しい!ヒー!


***************
■実験音楽リサイタル
6月21日(sun)at七針 http://www.ftftftf.com/

open/start  19:00/19:30

1000円



出演:

加藤裕士

黒澤勇人

齊藤僚太

高橋優




6月のリサイタルは「光・照明」をテーマに各々作品を披露いたします。
**********************

自分の曲は人を呼んだほうがいいので
ゲストを招いて大人数でやってみます。
あぁ本来お客さんになるはずの方々を誘うとお客さんが
減ってしまうこの悲しみ。

よろしくお願い致します~。
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-17 00:22 | 告知!

ライブ終了~

アップリンクのライブ終了致しました!
いらっしゃった皆様誠に有難うございました!

荷物が割りと重くて着いたころには
汗ダラダラ。
大庭さんやレッスンバックが気持ちの良い音を
だしていたのでなごむ。
ただその間汗が乾いて臭くなってきいた!
パーカー臭い!その下に何故かドラびでおTシャツ着てきて
しまってなんだか脱ぎにくい!Tシャツよりもパーカーが臭い、何故か。

ファブリーズかエイトフォーを常に携帯しとくべきでした。

今回はギターの上にラップトップを置いて
びょびょびょ、と駆動音だか電磁波を
拾わせるというもの。
CDを入れたりするとまた変な音がします。
CDが中で回転する音だと思われ。
USBメモリを抜き差し、
ワードで文字打ち、
リアルプレイヤーを再生、
右クリックなど。

前はエフェクターもつないでてたのだけど
今回はエフェクターなしで。

もう演奏というか音楽的完成度は
とりあえず置いといてそれで遊ぶことに。
なかなかライブは緊張するので
なかなか遊びきれたとは言い難く多少固さはあったかも。

今回意図はよくわからないけれど
柿本さんが端にいてベースを演奏中も
休憩時間も関係なくイベント中はちょっと弾いたりしていて
(サウンドインスタレーションという話だったかな)
少しそれに反応してみたり。
こっちの音量を絞ったりしてもっとわかりやすく
反応していることをみせてもよかったかもしれない。
反応してたのも10秒弱のことで、それでなくとも結構自分の音を大きく出してたのであんまりわからなかったと思う。
というかラップトップの光に目が馴れてて
柿本さんの姿を目で追ったが全然暗闇しか見えずわからなんだ。
身体動作が見えれば割と面白くやりとりできそうな気もしたけど
中々そこまでいくのは難しいすねぇ。鳥目なのか、もしや。


一応今回の自分のはなんとなくテーマにそったようなそってないような
ものになったんじゃないかと。

単純に音楽的完成度の点で言えば
自分以外の人達の方が高かったはず。
というわけで大庭さんのCDを買ったわけです(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-14 23:38 | 雑記

今日はアップリンク

昨日はギタリスト総決起集会vol.2でした。
内容はともかく集客あっら~ん。
せんがわの恐ろしさを身に染みて感じたわけであります。
詳しくはまた後程。

本日も本日でライブです。
スタートが15時半からで18時ごろには
終わるみたいです。
夜ライブではないので時間に注意してください。

アップリンクはしばらく行ってないので
多分道に迷うと思います。

是非お時間ある方宜しくお願い致します~。

*************************
■6月14日(日)『20i0Dunes』@UPLINK FACTORY(http://www.uplink.co.jp/top.php)
open 15:30 start 15:45
charge 1200+1drink

この企画は85年生まれ以降の人間たちによるものです。

私たちの記憶には当たり前にテクノロジーが存在していた。手に取れるものは増え情報が横断する中で改めて、素材や道具に対しどう向かい合うのかが問われていった。そこには00年代、音と身体の剥離をはじめとする人間性の問題があった。そして、一人の人間が自己の内側と外側との関係、素材・道具との関係を地道に見つけていくこととなる。選択されたキーワードを持つ人たちを集めてみることにした。

出演・参加
大庭将裕(音楽)
柿本論理(音楽)
黒澤勇人(音楽)
近藤優里(美術)
須賀千紘(映像)
higechan(映像)
茂木聖代(ファッション)
レッスンバック(xico+山田かの子)

******************************
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-14 11:40 | 告知!

ギタリスト決起集会vol.2

というわけで13日はギタリスト総決起集会vol.2でございます。
バイト後なので鬱屈したものが吐きだれることでございましょう。
そんなに不満たらたらなわけではないですが(笑)


************************

■6月13日
「ギタリスト総決起集会 vol.2」
日程 6月13日(土)
場所 八丁堀七針(http://www.ftftftf.com/)
open 18:00 start18:30
料金 1000円

<出演>
岡田拓也(http://www.kenka.org/)
黒澤勇人(http://bucanh.exblog.jp/)
齊藤僚太(http://www.myspace.com/ryamamma)
杉本寛
日野浩志郎(http://d.hatena.ne.jp/po00oq/)
深田篤史
北條智之(http://www.ho-jo.net/)
村上巨樹(http://murakaminaoki.main.jp/)

**********************

岡田さんは谷さん紹介で
格闘老人(けんかじじい)という
バンドをやってらっしゃる方とか、
演奏は初聞きなので楽しみです。

齊藤さんはリサイタルメンバーでおなじみ。
最近はサックスがメインですが元々は
ギタリスト、久しぶりに康さんと齊藤さんの
デュオでギターを聴きまして、
おぉ、これは誘わねばと。

杉本さんは公文さんづてで
高円寺グッドマンで出会いました。
アコースティックギターがメインで
なかなか良いです。

日野さんは
大阪からいらっしゃるギタリスト。
今回のライブは元々この方を迎えるための
企画でございます。どんな演奏をされるのでしょうか、
これまた楽しみです。

ふかきょんは秘密兵器、といっても過言ではなく、
でもビールを与えすぎてはいけません。
今回のメンバーの中ではジャズ寄りに入るのかな。

北條さんの演奏を聴くのも随分久しぶりなので
これまた楽しみです。高円寺グッドマンが
荻窪グッドマンにあったときに一度共演させてもらったり。

村上さんは総決起集会vol.1を企画し
今回も指揮をとっていただいております。
日野さんの話も村上さんが持ってきた話でございます。
te_riやデストリオなどのバンドで活躍中。

と、これに黒澤が加わりまして
デュオで演奏していくといった次第です。

13日、14日ともに
いろんな良いライブばかりで
なかなかの激戦区、
それでも選んできてくれる人おりましたらこれ幸いなり。
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-13 00:25 | 告知!

雑記

雑記。

・バイト先で珍しく上司が会議中、指示待ちで暇なのでネットをいじる。
自意識過剰なのでグーグルで自分検索。
おかげでしばてつさんのブログを発見。
杉本さん曲に参加した時の告知文がのっているからでありましょう。
しばし読む。

それによりヘルムート・ラッヘンマンの
演奏会終わってたの知る。

あれ?

9月とかだった気がしたんですけど
思いっきり勘違いしてましたな。
武満徹作曲賞も観にいきたかったのだけど
これもラッヘンマンが審査員で演奏会とセットで行われるから
もう終わっているし、なんてこった。

せっかくラッヘンマン全然聴いたことないから
CD一枚買って備えたと言うのに。
去年のライヒはNHKかどこかのラジオ放送したりしたらしいから
一ヶ月ぐらいしたら放送するかしらん。
今から来年のトリスタン・ミライユに備えるか。
例によって聴いたことないもんで。


・もう一個のバイト先で
CDを買う。自分が欲しいようなのは残念ながら
あまり売ってないですがよく懐かしいのを買ってます。
と思ったらレディオヘッドの
「アイマイトビーロング」が。
確かライブ版のやつで
実際ライブでどうやっているかは結構気になります。
がしかしライブもばっちり良い。
う~むライブは駄目駄目~とかならあはは~とか言えるのですが
参りました。イディオテテックの生ドラムが入ってくる瞬間など
素晴らしい。トゥルーラブウェイツはシロップの「根ぐされ」という
曲が確実に影響を受けてそう。



・今井和雄トリオ、発売から結構経ってますが
やっとこさ購入。なってるハウスで観た時は
徹夜状態だったので光の明滅にやられておりましたが
まだちょっとしか聴けてないけどかなり良いと思われます。
あと買おうと思って買ってないのはasunaさんのthisとかか。



・小石川図書館でキセル借りる。
この間ライブ観たら凄くよくてやはり歌も良いよねということで。
でもライブで先に聴いてしまったからCD聴くと
良くわからなかったり。ヴォーカルにエフェクトかけなくてもいい気がするんだけども。
でもCD聴いてライブを観る人は逆にCDの方が良いと感じるのか。



・小石川図書館で本借りる。
若尾裕「奏でることの力」
元々反ヒューマニズム音楽論(http://www.artespublishing.com/serial/wakao/index01.html)
が面白くて読んでいたいのだけれど本を見つけたので借りる。
やはりこれまた面白い。
連載形式なのでちょっとずつ色んな音楽の可能性を示唆しつつ簡潔におわるという。
他の本も読まねばという気になる。


・6月の実験音楽リサイタル用の曲を考える。
今回は照明、光がテーマ。
今のところ共感覚を使ってみようかと。

色聴。

と書いただけでどんなものか
すぐにわかりそうで恐ろしい。
少し大人数で演奏できればと思えど
知り合いに声かけたら客へるんでねというディレンマ。
もう少しだけ悩ませていただきたい。

・牛乳を飲むと
腹を壊すことを今さら発見。
ながらく精神的に駄目だと思われていたものが
実は体質的にも駄目だった、らしい。
豆乳が、よい。


・音楽とその音楽が表しているとするもの、
その二つを繋げているものはなに、か。
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-11 02:36 | 雑記

13は七針に、14はアップリンクへ

来ていただけると大変ありがたや。

13日は七針にて。
ギタリスト総決起集会2でやんす。

************************

■6月13日
「ギタリスト総決起集会 vol.2」
日程 6月13日(土)
場所 八丁堀七針(http://www.ftftftf.com/)
open 18:00 start18:30
料金 1000円

<出演>
岡田拓也(http://www.kenka.org/)
黒澤勇人(http://bucanh.exblog.jp/)
齊藤僚太(http://www.myspace.com/ryamamma)
杉本寛
日野浩志郎(http://d.hatena.ne.jp/po00oq/)
深田篤史
北條智之(http://www.ho-jo.net/)
村上巨樹(http://murakaminaoki.main.jp/)

**********************

中々面白い面子が集まったのではないかと思います。
どうなることでありましょう。
当日はくじ引きなどで
デュオをその場で決めて演奏するという形になります。


14日はアップリンクファクトリーで。
よく映画とかやっているところでございます。

*************************
■6月14日(日)『20i0Dunes』@UPLINK FACTORY(http://www.uplink.co.jp/top.php)
open 15:30 start 15:45
charge 1200+1drink

この企画は85年生まれ以降の人間たちによるものです。

私たちの記憶には当たり前にテクノロジーが存在していた。手に取れるものは増え情報が横断する中で改めて、素材や道具に対しどう向かい合うのかが問われていった。そこには00年代、音と身体の剥離をはじめとする人間性の問題があった。そして、一人の人間が自己の内側と外側との関係、素材・道具との関係を地道に見つけていくこととなる。選択されたキーワードを持つ人たちを集めてみることにした。

出演・参加
大庭将裕(音楽)
柿本論理(音楽)
黒澤勇人(音楽)
近藤優里(美術)
須賀千紘(映像)
higechan(映像)
茂木聖代(ファッション)
レッスンバック(xico+山田かの子)

******************************

ファッションとか美術や映像の
項目があるから
普段のライブのみのものとは大分違ったことになりそうです。
はて自分は何を致しましょうか。
結構心配。が今のところやらかした!ってぐらいの
気持ちでやろうかと思います、何にせよ。
時間帯は15:30からなのでお気をつけて。
[PR]
by eugene_photo | 2009-06-07 17:50 | 告知!


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧