<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10月の予定

特にネタがないので
10月の予定など。
でも案外色んな関係で出演者がまだだせないやつもあったりして
中途半端な情報ばかりです。

10月後半に密集してますね。
11月には学園祭もありますので、
(もう何回目ですか)その辺の情報も少し。

お時間ありますれば、よろしくお願い致します。


*10/21(水)「黒澤加藤企画」
江古田フライングティーポッド(http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html)
19:30open 20:00start チャージ1500円(ドリンク代含む)
Guest:宇波拓

*10/25(日) 「実験音楽リサイタル ドローイング」
八丁堀七針(http://www.ftftftf.com/)
出演:黒澤勇人、加藤裕士、齊藤僚太、高橋優
・高橋君の描いた絵を元にそれぞれ作曲、演奏致します。

*10/31(土)「七針高橋共同企画」
八丁堀七針(http://www.ftftftf.com/)
出演:黒澤勇人、加藤裕士、齊藤僚太、高橋優
Tim olive

*11/7(土) 早稲田大学学園祭「さよなら猫楠」
出演:Suicidal 10cc(ジムオルーク+中原昌也)
坪口昌恭×numb×類家心平
他、続々交渉中!
・企画運営に携わっているのでこちらもどうぞ。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-29 00:21 | 告知!

後記8

うがぁ~ゾンビになりかけている。
来週は夢の休日なしの一週間、
どうしてこんなとこに・・・。
バイトだからまだ気楽なもんですけど。

さて忘れないうちにリサイタルの感想を少し。
今回はテーマがエロスだったわけですが
はっきりとした関わり方を決めてるわけじゃないので色々な
関わり方があったわけです。

最初の私めは大人のおもちゃでのインプロ、
道具が道具なのでギャグも入ってしまうわけですが
こちらとしてはギターを弾いているのと変わらないことをしているつもり。
ただ大人のおもちゃが案外動き回って翻弄されて、持て余していたりはしましたが(笑)
まぁエロい道具を使って演奏していた、というテーマとの関わり方。


二番目は加藤君でパッと見インプロに見えるのだが
冒頭に「これは作曲作品です」と宣言してから始めていたので
なにがしかの仕掛けはあるのではないかと思ったりしていて
しばらく観ていたら会場の七針にアマゾンから宅配便が!!
とりにいく加藤君。
さっきの「これは作曲作品です」の
宣言が生きているがためにこれも決めてあったのか?
そんな時間通りに宅配便はこないだろうけど・・えぇ~と思ったら
全くの偶然であったらしい。
なんか「クレタ島の人がクレタ人は嘘つきだ」と言ったのを聞いたぐらいもやっとする。

演奏面ではタイムキーパーがわりのキッチンタイマーを袋に入れてしまったのが面白かったり。
その後終わりですといって会場を飛び出す加藤氏。
えぇ~と思いつつ三番目の演奏の準備をしていると帰ってきて
皆にハイチュウを配ってくれた。
噛むとなんだか物凄い味がすると思って
聞くとドリアン味だとか・・。

加藤君のはエロスに関係するある言葉を
そのままやってみた、ということらしい。
その言葉を聞くと、なるほど、と納得。
今回の中ではテーマとすぐ関係しているとは気づきにくい方やも。

三番目は高橋君の曲で
四人で演奏するもの。
高橋君が絵を描いてきて
高橋君がコルネット、自分がギターで
あらかじめタイプが決まっている音を弾くと
それにあわせて加藤君、齊藤さんが白や黒の紙を
絵に貼っていくというもの。絵はもちろん18禁でございまして
演奏が進むにつれてモザイクができていく、という風になっている。

自分と高橋君が交互に演奏していくので
なんかちょっと将棋をしているような気分になった。
こう打ってきたからこっちはこう!
みたいな。
だが将棋は苦手なので三手先どころか一瞬先も読めません。

また自分が出した音に反応して紙を張る人は何の紙を
貼るか判断するので
その判断を揺らがせるような演奏もできて面白かった。
いや実際迷らせることができたかはわかりませんが。

そういえばモザイクが最初からあって
それがはぎとられていく、という方ではなく(こうモザイク消しソフト使いました、みたいな)
もうすでに見えているものがモザイク化されていく方を
選択したというのは中々興味深い。
みえてればよいというわけでもあるまい、とか。

齊藤さんのは
お客さんやその場にいる人全員に参加してもらうもの。
皆でパソコンの画面にでた時計を観つつ行う。
2パートあり、
一つは水の入ったコップに指を入れて
ちゃぷちゃぷとわりと小刻みに動かす。
二つ目のパートは腕を手のひらで
四回ほど叩く。

これらを指定された時間に奏する。

これは案外やばい作品、というか静かに一番いけない作品ですね(笑)
何のサウンドスケープですか(笑)
ちゃんと最初は水をちゃぷちゃぷする方の演奏が多いです。

いやでもこれも案外注目されていないサウンドスケープについて考える良い機会、
なのやもしれません(笑)
農村に大量生産、工業化の時代がきて工業製品の音が
増えていくというのがありますが
自分が一番目で使った道具は工業製品の賜物なので
齊藤さんの曲のサウンドスケープに時代が進めば加わるものとも考えられたりもして
案外あの日の演奏は最初と最後で輪っかのようにつながったのかもしれません。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-26 21:48 | 雑記

d0137559_2029754.jpg



告知頑張らにゃと
10月分のライブ日程を書いたフライヤーをちょろっと作ってみた。
字だけでは淋しいので白黒で
パソコン上でできるものということで
ペイントソフトで絵を描いてみた。

一時間ちょっとで終了。
抽象的な絵って、やっぱり誰にでも描けてしまうものなのね。
それなりにそれっぽくはある。
抽象的に描ける人が絵が旨いかどうかは別の話なのでしょうね。
やっぱり魅力的なキャラクターが描ける、とかの方が
旨く感じてしまいますなぁ。

とはいってもこういう絵で10年、20年描き続けて、という人がいたら
やはりその絵は今載せているものと違いがわかるんじゃないか、とは思うけど、
どうなんだろう。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-24 20:34 | 雑記

後記6,7

先週の土日は二日連続ライブでございました。
土曜は深夜の新宿ジャムで演奏。

が、しかしモーションやマーブルと間違えてて
西武新宿駅におりてしまう。
そこからだとジャムは15分以上徒歩になる。
しかも通ってからわかったけれども
このへんはホストクラブがたくさんある通り。
土曜の夜ですからもちろん一番にぎわう時。
ひぇ~と思いつつもはたからみてどうみても
迷い込んだ人なので特になにごともなく通る。

会場に着く、
楽屋でだら~っとする。

演奏する。
やっぱり音確認のリハはちゃんとやったほうが
よさそうですな。スタジオの時とかと
聴こえ方があまりに違ってなかなか演奏しにくかった。
多少自分達がやりやすいようにはPAの方にわがままを言っても
よいのだなと。向こうも仕事ですし。


その後楽屋でだら~っとする。


次の日はリサイタル。
エロスがテーマなので
中々今日は凄いことになるでしょう、と。
会場のBGMには高橋君秘蔵のブルーテープが。
「堪忍して~」って言ってました。
その後クラリネットがぴろろ~とムーディに流れます。

最初は自分で
結局ネタがなかったので
大人のおもちゃでインプロを。
かなりありきたりの即興になってしまうんじゃないかと
思ったけど(レイヤーを重ねていってその上で自由に弾く、というような)メンバーからの評判は良くびっくり。
遠隔操作できるものを
客席のソファーに仕込んでおいたら
本当にそこに女性が座られてむしろ自分の方が
びっくりですよ(笑)危ないですよ、捕まりますよ。

乱暴に扱ったというわけでもないけど
本来の目的とは違うつかわれかたをされたせいかほとんどの道具が終わるころには動かなくなってしまっていた。
面白かった~、もう二度とやらないと思うけど(笑)

と、いかんバイトの時間です。
続きはまた時間あれば~。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-23 17:35 | 雑記

今日もライブ

今夜もライブでございます。携帯からなので詳細は過去日記で。よろしくお願いします〜。

うぃ〜ん。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-20 17:22 | 写真

告知!二日連続~

土曜の深夜と日曜の夜、
二日連続でライブあります。
どちらもよろしくお願いします~。

リサイタル用の道具を買いに秋葉原に久しぶりに行ってきました。
出費がかさむ・・。なにかの経費でおちたりしないかな。しないすね。
ぎゅい~ん。

***********************************

【shinjukubaby】

2009/09/19(土)
@新宿JAM
東京都新宿区歌舞伎町2-3-23セントラルビル1F/B1F
TEL:03-3232-8168

charge \1000(+¥500で1ドリンクか、+¥1500で2時間の飲み放題どちらかをお選び頂けます。)

start 24:30(オールナイトイベント)

[BAND]
Miracle Spectacles
職業としてのキャラメル
audience

[DJ's]
New Beetles
JUN
Hiroyuki

*********************************



********************************

2009/9/20 (日)
実験音楽リサイタル Vol.9
「エロス」
@七針(http://www.ftftftf.com/)

19:00/19:30
1000円


黒澤勇人
加藤裕士
齊藤僚太
高橋優

http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/
http://hrshkt.exblog.jp/
http://www.myspace.com/ongakukoubo
http://www.myspace.com/ryamamma
http://milky.geocities.jp/ubunanna/top.html

***********************
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-19 01:03 | 告知!

後記5

そういや実験音楽ピクニックの前にも
一個ライブを観に行きました。
つじあやの、おおはた雄一、キセルがでるやつで
朝日新聞社内の浜離宮ホールで行われました。

イープラスからパソコンにメールで
抽選で10名様にご招待というのが
ライブ三日前に来ていたので
応募してみたらやっぱり当選した。

無料って素晴らしい!
しかしということはあまりチケットがはけていないということで・・
でもつじあやのだったらそんなに売れないわけではないんじゃなかろうか・・。
よくみるとスタートの時間が中々早い。
平日だし仕事している人にはかなり厳しいでしょう。

場所は築地にあるので
寿司食べねばとすしざんまいへ。
サーモン、サーモン、サーモン!卵!穴子!と
なるべく安いやつでおいしいのを食す。
店員さんと「牡蠣ありますよ~」
「いくらですか~」
「1200円です~」
「さようなら~」
というやりとりをしつつ
でも中トロが半額セールだったので
中トロは食べた、美味なるかな。

実際会場に入るとお客さんはまばらだった。
後半になると結構増えてきたけど。
つまりは仕事で間に合うかわからないから
前売り券は買わず当日券で途中から駆け付ける
という人が多かったみたい。

最初はキセル。
「ベガ」が聴きたかったけれどやらなんだ、残念。
兄弟二人だけでギターもアコギでアコースティックな感じになってました。
会場がホールなのでギターとベース持った二人が座って並んでいると
往年のフォークデュオ再結成、みたいな感じがしてきます。
演奏より、MCの方が長い、みたいな。キセルは違いますが(笑)

キセルは音が綺麗すぎるのでアコースティックだと
こう取っ掛かりなく逆にするっと流れてしまったような気もします、
といってもアクがあったらもう別のバンドになってしまうかと。

二番目はおおはた雄一。
喋り声が曽我部恵一に似ている。
歌の声はまた違いますが。

カバーでムッシュかまやつの曲をやっておりました。
歌を歌いながらバリバリギターを弾きまくる、ひょえ~。

最後はつじあやので
フィッシュマンズの「頼りない天使」(やっぱりつじあやのがウクレレ一本で
弾き語るとどこか明るいw)、
戦場のメリークリスマスのカヴァーをやってました。
あと猫の恩返しのテーマ曲など。
カヴァーとジブリの曲以外だと
どっかやっぱりダウンしてしまうというか、
改めてソングライターとして坂本龍一やフィッシュマンズの凄さを
確認したりするわけでして。
思えばこの人にも完全にアクというものがない気がする。

最後はキセルやおおはた雄一ふくめ全員でオザケンの「愛し愛されて」で
しめました。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-17 17:40 | 雑記

後記4

昨日の実験音楽ピクニックは
雨天の為中止となりました。

演奏者の皆さま、お客様申し訳ございませんでした。
また雨対策もしっかりしつつ次の機会を検討したいと思います。

中止を決めてから雨がやんだりしたのですが
またぽつぽつと降ったり
夕方には豪雨となったりもしたので
中止の判断は間違いなかったのでは、と思いました。

直帰もなんなので集まった方々で少し
飲み会をしました。

お店までの移動で
ギター弾きだす高橋氏。

d0137559_19314133.jpg


演奏できない鬱憤もたまっていたので
しばらくマーチングバンドのように
バンドの曲を演奏しながら練り歩きました(笑)
自分も演奏していたので写真はないですが。

しかも別に河川敷じゃなくて
道路の脇とか住宅街とかを通りつつ。
めちゃめちゃ怪しい集団でした。

ほぼ徹夜で譜面書いたのに雨でできないのは
残念でしたが多少鬱憤は晴らせたかと。
本日は久しぶりにまともな睡眠をとりつつ
次の告知をば。
九月は残り二本でげす。


***********************************

【shinjukubaby】

2009/09/19(土)
@新宿JAM
東京都新宿区歌舞伎町2-3-23セントラルビル1F/B1F
TEL:03-3232-8168

charge \1000(+¥500で1ドリンクか、+¥1500で2時間の飲み放題どちらかをお選び頂けます。)

start 24:30(オールナイトイベント)

[BAND]
Miracle Spectacles
職業としてのキャラメル
audience

[DJ's]
New Beetles
JUN
Hiroyuki

*********************************
新宿のJAMはライブを観に行ったことはあるけれども
出るのは初です。どうなることやら、楽しみです。


********************************

2009/9/20 (日)
実験音楽リサイタル Vol.9
「エロス」
@七針(http://www.ftftftf.com/)

19:00/19:30
1000円


黒澤勇人
加藤裕士
齊藤僚太
高橋優

http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/
http://hrshkt.exblog.jp/
http://www.myspace.com/ongakukoubo
http://www.myspace.com/ryamamma
http://milky.geocities.jp/ubunanna/top.html

***********************

リサイタルもとうとう18禁になってしまいました。
このテーマ、自分にとっては難易度が高すぎて
中々思いつきません。

「大人のコンビニ」で買えるものだけでインプロするとか
でもいいですけど。床に置いたら振動しつつグ二グニ動きそうで
その気持ち悪さは結構好きかもしれない。でもネットでみると案外高いんですよね。
良くあるアイデアではあると思うけれどちゃんとある方向で追及していけば
それはそれで演奏としても面白いものができそうだけれど。

それとも非常に抽象的な何か、
にしようかなとか。
とにかくこれは難しい。

当日七針に入ったら
うわ~と思うようなそんな日にできればと。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-13 20:12 | 雑記

実験音楽ピクニック

そろそろっていうか結構近くなってきたのでピクニックの告知も
せねば。

外に出たら出たでできる音楽とか
まぁ音楽でなくともできることがあるんじゃないかなと。
走ったってよかろう。木にのぼったってよかろう。
室内でしかできないことを外無理やりやるのもよいじゃろう・。

でもまだ私の番の曲ができてません!!
どうしよう!!
一応滑り止め曲はあるにはあるけど・・。
晴れてたら何か太陽の熱で溶かしたいのだけれど
そこから先がすすまりません。

*********************************************

9月12日(土)

「実験音楽ピクニックvol.2」(http://d.hatena.ne.jp/jikkenongaku/)

@多摩川河川敷

集合 13:00 start 13:30

参加費無料

出演:

加藤裕士

http://hrshkt.exblog.jp/

黒澤勇人

http://www.myspace.com/ongakukoubo

http://bucanh.exblog.jp/

齊藤僚太

http://www.myspace.com/ryamamma

康勝栄

http://www.katsuyoshi-kou.net/

本田琢也(contrabass)

オヤシロバンバン

Miracle Spectacles



当日は12:30に和泉多摩川駅に待ち合わせをして皆で現地に向かいます。13:00位までは待ってますので参加される方はこの時間までに集合してください。no chargeチケット代は無料ですが、ピクニック要素もあるので、当日は参加される皆でお弁当やお菓子、飲み物などを持ってきていただけるとよりいっそう楽しんでいただけると思います。ピクニック感覚で気軽にお越し下さい。

尚、当日待ち合わせもあるので参加される方は下記のメールアドレス又は実験音楽リサイタルメンバー(加藤裕士、黒澤勇人、齊藤僚太、高橋優)の連絡先を知ってる方はそちらに連絡をください。メールの際、お手数ですがタイトルのところに「実験音楽ピクニック」とかいて送ってください。

kekkonrecord@gmail.com
************************************************


最近はキム・ギドクの
「うつせみ」を観ました。
いやぁこれもまた面白かった。
例によってえぇっ!現実が
舞台じゃなかったの!?みたいなところがあり
それも観てると何故か納得してしまう。
よくありそうな不倫劇が
どうしてこうなっちゃうのか。
でもこのラストの方は
映画的な面白さに溢れていていいですね。
他のジャンルに翻訳不可能、というか
まったく別になってしまう。
キム・ギドクは映画館で観たいな~
早稲田松竹とかでやってくれないかな、
というかもうやってそう。ならばもう一回!

キムギ・ドクは結構観ていて
作品全部観る日も近いやも。
全作品コンプリートボックスとかでたら絶対買ってしまいますな。
撮影時間がかなり短いことでも有名で「うつせみ」は
二週間で撮っているらしい。「リアル・フィクション」だと
三時間しか撮影してないとか(!?)
それでもこんだけ面白いのが撮れるんだから凄いっす。
wikiとかみると30代まで映画観たことないとか
書いてあるが本当なんですかね。


あとアニメ映画の
「秒速5センチメートル」を観ましたが
・・・・・。

こ、これは一体どこが良いのか。
DVDの表紙に風景しかないところからわかるとおり
キャラクターの絵にはまったく魅力がないわけでして・・。

風景は綺麗なのだけれども写真からアニメ化していったような節も
あり逆に写真の細かさをアニメ化してしまったために
目がちかちかするような気分にコンビニのシーンであったり。
風景の写真をアニメ化するのは
サウンドノベルとかでもよくありそうで
そのせいかアニメの動きもやっぱりサウンドノベルっぽく
静止している部分が多い気がした。

あぁそして主人公が特に魅力的でもないのにモテモテのシナリオは、
エロゲっぽいなと思ったら監督多少製作に関係していたらしいという
ことで案外当たっていたりする。

もはや一部の途中からはやくおわんねぇかな、と。
もしくはご都合主義にツッコミや製作側が意図しない
笑うポイントを発見するしかなく。

二部はちょっとSFに行くのかなと思ったら
別に行かなかった(笑)

三部は余韻を残した終わり方、想像の余地を与えるもの
というよりは作者の気合がつきてしまったんじゃないか、
とも思えてしまったのだが。

あと主人公のビール飲んだくれ、落ちぶれの描写(笑)
そこだけ急に公共広告機構みたいで面白かった。

むぅこれは背景とかシナリオとかキャラデザとか
分担した方が良いのでは、という気がしました。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-09 02:19 | 告知!

後記3

8月30日は

昼は

44 大谷能生、康勝栄、秋山徹次、一楽まどか
@江古田フライングティーポッド

夜は

45 天狗と狐、アキビンオーケストラ
@千駄ヶ谷ループライン

観てきました。

最初の康さん大谷さんデュオも凄く良かったのですが
この日は休憩はさんで全員での演奏で
秋山さん凄かったなぁ~。
一体あの方はなにものなのでしょう?人なのでしょうか。
どんだけギターが好きなのか、それとも演奏中に新たな奏法をどんどん開発しているのか、
それでいてちょっと変なことやってみました~的なよくあるクオリティなどぴょーんと
飛び越えていらっしゃる。
静かに静かに物凄い事が起こっておりました・・。

最初康さんと秋山さんのデュオ(!)で
それから大谷さん一楽さんが入っていくという
セットだったんですけど
康さんの演奏が秋山さんに火をつけたんじゃないんじゃないでしょうか。
秋山さんまた是非イベントに呼びたいです。

その後千駄ヶ谷に移動し
ループラインへ。
嵐のコンサートやっていたらしいけど
上手く入退場の時間にはかぶらなかったようで
人の波にはもまれずすんだ。

天狗と狐が最初。
宇波さんと杉本さんのユニットで
即興とのこと。

手拍子やギターやマンドリン、
照明やマイクスタンド、段ボール、
押すと引っ込む巻き尺、ビン、
など様々な道具を用いていました。

照明が四色ぐらい色が変化するのですが
電球一個で色がスイッチで変化するので
あれはいいなぁと思いました。
自分が七針で色を変えるときセロファンを透明な下敷きに
入れて照明の前にかざしてやっていたら
照明の熱で下敷きが溶けはじめ、アチチチとなった覚えが・・
あれならその点の心配はなさそうでよいですね。

即興といっても楽器を弾くのは少しで
かといって物音を使ってそれを即興演奏的な感覚で
扱うというのともまたちょっと違っていて
またパフォーマンス、というと何かそれもまた違うような気がする。
なんとも形容し難い・・、でも形容し難いのは良いなぁ。
今まで天狗と狐は観よう観ようと思えど
予定があわずやっとみれたのでよかった~。

アキビンオーケストラは
確か八名?だったかな。
八名それぞれ別々のサイズのアキビンを
用いてそれらをこすりあわせたサウンドをだしたり、
全員でフォーっとアキビン吹いたりしておりました。
八個もサイズの違うアキビンを同時に鳴らすと
結構複雑な和音になっていて面白かった。
動きで見せていく部分もあり
なんともいえない独特なMCもあいまって
非常に面白かったです。
ジャンプしながらアキビン吹き始めた日には
どうしちゃったんですか!と思ったものです(笑)

いやぁ今日はいいもんみましたね~と
しかしはしごは疲れるな~と思いつつ家路につきました。
[PR]
by eugene_photo | 2009-09-05 03:02 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧