<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雑記

さかのぼること10月9日、
渋谷クアトロにso many tearsを観にいったのであった。
フィッシュマンズの二人とスカパラのギターのトリオのバンド。

一体どんな感じになるのだろう~と思っておりましたが
フィッシュマンズともスカパラとも違うことをする!と思って作っている感じがしました。
クーラシェイカーとかビートルズとかその辺りのロックに近い感じも。

結成してからライブはまだ三回目と言うことで、
続けてくうちにまたどんどん変わっていくのだろうな~と思いました。
また数ヶ月経ったら行ってみよう。

とはいえ一番最後のフィッシュマンズの曲をやるセッションがやっぱり盛り上がってしまうのですが
ヒックスビルの木暮さんの「ひこうき」弾き語りとかぐっときてしまいます。
なかなか難しいものです。

今回の企画は韓国にフィッシュマンズのアルバムタイトルを冠した
「空中キャンプ」というお店があるらしくて、
そこのお店の方が企画したライブイベントの日本版とのこと。
このあと出演者達は韓国でもライブがあるとか。

韓国へ行くことがあれば空中キャンプにも行ってみたいところ。


10日にはコネフェスと言うイベントに。
下北沢のスリーとベースメントバーというお店が
地下の同じフロアにあるのですが両方のライブハウスで
同時開催というイベント。

全部観たというわけではないけど
好みとしてはステージ側じゃなくて
ラウンジっぽい方で演奏している方が面白かったかな。

タクマニアさんたち、アルフレッドビーチサンダル、スッパマイクロパンチョップ・・などなど。

トリのscscsは流石という感じで一段違う演奏、バトルズやティポなど思い出す。
しかし最近上手いバンドの人達がユーモアだったり演劇的要素を入れだすのは何故なのだろうか・・?

結構知り合いの方もちらほらいた気がするけどあんまり挨拶できなんだ、
一人喋るともう結構エネルギー使い果たした!となり
今日一日分は喋りました!という感じになってしまう。
これではまた誤解を生むばかり・・というかもはや誤解ではないですが(汗)

11日にはポ・ナイトへ。
UNCVはユタカワサキさんはループラインでライブがあるので不在のままのライブであった。

トークショー、面白かった。
聴いたことあるけどよく知らないサイファーとかカオスラウンジとかの話、
多少どういうことかわかったような気がします。

映画監督三人そろっての対談もそれぞれの性格が見えてきて面白い・・。
好きゆえにちょっとひねくれたこといっちゃったり、
酒を飲んでて時折ぼそっと発言する人とか。
トークショーは結論を導き出すと言うよりはやっぱり
それぞれの性格とか関係性を観るのが面白く、
話の中からぴんときた言葉をそれぞれ持ち帰るぐらいでよいのかもしれない。
司会の佐々木さんの采配も中々のもの、
流石に喋りと整理が得意じゃないとなかなかこう上手くは回せない。

トークショーとか一回やってみたいが喋りも司会も駄目駄目ですから
相当上手いこと考えないといけないんだろうな~と。

17日には
新百合映画祭で松江監督の「ライブテープ」を観にいったり。
観るのは二回目だけどシネマロサで観たときのほうが音が良かった気がする。
ジャンルとしてはもはや区分が不可能。
サントラ欲しい、サントラとしてとらえるとフィールドレコーディングにギターと歌が載っているような感じでしょうか、とはいえギターと歌もその場で演奏されているものだから全部フィールドレコーディングと言ってもいいのか。
[PR]
by eugene_photo | 2010-10-29 03:19 | 雑記

おととて

さて金曜のライブの告知でも。


■10月22日(金)
「おととて vol.3」
@池袋ベムスター(http://www16.ocn.ne.jp/~bemstar/)
start 19:30
charge free

FULLCHORUS
黒澤勇人+田中慎太郎


こんな感じでございます。
よろしくお願い致します。

おととては田中君が企画しているイベントなのですが
ボリューム3と見るとおりに今回で三回目です。
私初回にもださせてもらっております。
というかその時も田中君とデュオだったっけ。

初共演のデュオで、まぁそっからCDR作成に至り
というわけなので今回のデュオは初回の時の演奏とは随分違ったものになっているはずです。
CDR作った時からもまた少し時間が経っているのでCDRの演奏ともまた少しずれたりしているかと。
アコギとガットギター両方持っていく予定です。

フルコーラスは高橋君と齊藤さんのユニット??で
多分に高橋君の齊藤さんをフューチャーしたサイドプロジェクト、
のはずが実はメインなのではという気がしてきております。

カラオケを鳴らして歌ったりするのですが異様に音源の完成度が高い(笑)

おととて自体は、即興、音響、電子音楽などのイベントのイメージが私にはあって、
割と正統派というかなんというか。
二回目はコントラバスの方と田中君のエレキとラップトップの即興でしたし。
しかしフルコーラスを誘うあたり田中君のネジがどんどん外れてきているなと(笑)
いい傾向なのではと勝手ながら思います(笑)
[PR]
by eugene_photo | 2010-10-18 04:19 | 告知!

雑記

・10月2日は「朝まで生ループ」を。
お金がピンチだったのでループラインには行かず
UST放送のほうでみることに。
それはそれで梅酒を飲みつつ、のんびり観れてよかった。

ループラインでソファーが確保できないで
五時間ぐらい小さい椅子に座るとかなりきついところがあるので、腰とか。

内容に関しては
基本的に自分はディベートというものが全く駄目で
大学の授業でも数回はやりますが
大体話している途中で、あれ?今何言おうとしてたんだっけ?となることしばしばですし
時間が経つと大体忘れてしまいます、困ったものです。

様々な意見ネット上でぽつぽつでておりますし、
特に自分が何か新しい意見をだせるような余地もあまりなさそう。
なのでやはりいつものように適当な感想なのですが、

まずこの企画を告知で見た時に
タイトルに実験音楽という言葉が冠せられているが気になりました。
というのも実験音楽って結構使われ方が難しいところがありまして
一応マイケル・ナイマンの「実験音楽」という本がありますが、
その中での定義とかとまた単に実験的な音楽とかを指すときに使う言葉もあったりして
結構人それぞれの中で意味が異なっているのではないかと。

特に音楽をやっている人は自分達のやっていることを定義されるのはあまり好みませんし、
パネラーの音楽も実は大分それぞれ違っているし
基本的にこのタイトルは便宜上、お客さんを呼びやすくするために
敢えてつけられたものなのだな、と思っておりました。

それでUSTを観始めると自分ではお客さん(少なくともループラインにいるお客さん)、
出演者がそのへんをわかった上できてると思い込んでいたのですが
実際にはそうではなく、「実験音楽」という言葉にとらわれて話が進んでいかない部分が結構あったかなと。
それは少し残念かと。

人数が多いしそれぞれの考えもことなるでしょうから
むしろバラバラな意見がぼんぼこでるのを期待するところ、
まとまらないなかでこの部分は意見が同じだったり違うところもあるなぁ~とかでてきたりして。

大体トークショーはよく喋る人が企画することが多いので
ぼんぼこ言葉が流れてくるのを聞き手はその中から自分にしっくりする言葉を拾い上げて面白いなぁ~と
思って帰ったりするものかと。

そう思うとループライン飲み会、みたいなものでもよかったのでは、という気もします。
えげつない話もしつつ、こんなことがあった、あんなことがあったと楽しくパネラーが
喋っているのを聴いてても結構楽しめるのではないかと、敷居も下げられると思いますし、
それにそこに選民思想、みたいなイメージの入り込む余地はないんじゃないかと。

選民思想といえば、杉本さんと選民思想というのもさっぱり結びつかない
まったくしっくりこないような・・。
こうクラシックの分野ならそういう部分はある気もしますが、
高い楽器を購入できる、とか音大生はだいだいボンボン(偏見?)
歴史的背景、とか協賛とか。
もしくは昔話に聞いた、早稲田の大きな音楽イベントサークルを仕切っている幹事長、
何故か慶応の学生で、社長の息子で、六本木ヒルズの最上階に住んでいるという・・
そういう話を聞くとふつふつと怒りが湧き上がってまいりますが・・。

あ、多分そういう話ではなく、
多くの人に理解されなくともかまわないというようなところでしょうか。

とはいえ私自身はあまりこむずかしいという風には感じていなくて
単に知らないし体験してないだけで
杉本さんの音楽を好きな人というのは潜在的にはまだまだいるような気がしています。
もちろんポップな音楽よりは分母が少なめだとは思いますが今よりは大分多いのではと。
むしろこれからどんどん増えていくのではないかという気さえしている。

そういう意味でも今回のUSTは意味があったかな~と。
USTは大体180前後の視聴者数だったのですが
その中でどれだけの人がループラインでのライブだったり
パネラーの演奏を聴いたことがあるのだろうか?と。
これが興味の起点、という方も多分いらっしゃるでしょう。

twitter上でも結構過激な発言などあったり
(基本的には感情がぱっと反映されるようなシステムですしね)
波紋は広がってるみたいです、でもそれはある程度
皆が考えて自分の考えを表明したというところでもあるのですから
それはそれでまた面白く、そもそもこのような事自体起きてなかったはずだから
やっぱりやる意味はばっちりあったのではないかと。

個人的には今井さんと杉本さんが隣同士、というのがなんだかとても
珍しくおかしく、うわ~と思いながらみておりました。



・10月6日はライブを二件、はしご、しかしどちらも演奏をみれず!

KO.DO.NAさんから六本木のスーパーデラックスで
フリーのイベントをやるという話を聴き、
今はかなり金がないのでフリーのイベント万歳!ということと
まだそんなにKO.DO.NAさんの演奏を観たことがあるわけではないな~と思い
行こうと思っていたのですが同じ日が加藤君のライブの日であることが
後に発覚。笙の石川高さんとデュオ。

職に就いた後でライブ企画を組むのはなかなか大変そうで
今回久々の企画ということもありやはり盟友加藤氏のライブもいかねばと。
と、ぐるぐると考えた挙句二件ハシゴに考えがいたる。

KO.DO.NAさんの出演時間は最初のほうだったので
KO.DO.NAさんの演奏だけ観て、移動すれば
加藤君たちの二セット目ぐらいには間に合うかな~と。

ところがスパデラのライブはおしていて
KO.DO.NAさんが演奏を初めてオープニング的に
プリペアドオルゴールを使いそれが終わって
トランペットを吹き始めたあたりで退散せねばならなかった~、
あ~~~~~~~と思いつつ夜の六本木を疾走し(道がわからなくなった)
電車に乗って新江古田からフライングティーポッドへ。

お店に入ると
石川さんと加藤君達がテーブルで
にこやかに談笑を・・。
こちらも演奏終了して片付けたあとであった・・・。
あぁ~~~~~~~~~~ ~ ~ ~ 

まさに二兎を追うもの一途も得ず状態でした・・。
[PR]
by eugene_photo | 2010-10-11 03:00 | 雑記

雑記

・9月30日は池袋ベムスターでライブでした。
時系列で書いていくとすればそのへんのを書かねばなるまいが
今はもう十月なわけで・・。

8月や9月のレコ発や康さんとのライブは
結構お客さんいらっしゃっていたので(まぁあくまで自分達の中での多く、ということですが)
少し油断していたらお客さん少なめであった。

告知自体は例えば1000人にフライヤー配って一人しかこなくても
配り続けるしかないものである。というか客が0人でも。
継続して何かをやっている、という印象をもってもらえば
ちょっとは後々何かひっかかったりするのではないか、というような。
無間地獄のようなものとでも思っておく。
特にマネージメントを委託したりするような規模のものをやったりなったりしているわけではないですし。

というわけで告知頑張らねば!と何度目かのループの始めに入ったわけです。
しばらくは折込みとかに奔走するはず。

ベムスターのことは時間が経ってどんどん忘れてきているので
ゲストの平間さんの曲のことなど。

十分ぐらいの曲で
ホワイトノイズのサンプリングレート、ビットレートの
どちらかを下げていくというものでした。
たしかビットレートのほうだったと思うのだけれど。

最初に音声合成ソフトで作られた
音声が流す音のスペックを喋る。
「エムピースリー、124~」みたいな感じで、
その後実際にその設定が適用されたノイズ音源が流れる、
次にまた音声が喋って、レートが下がった音源が流れる。

最初は普通のホワイトノイズだったのだが
それが削られていくことによって
リズムが発生してきて
曲の最後だと相当リズミカルになっていた。

ある試みを試した曲、
というものではあるが
音楽的な面白みもあって曲として聴ける、というか
音楽のように聴けるというか。

音声合成されたものがニコニコ動画のニュースの音声とかに
似ていたので少し、00年代的なものを感じたり。
カオスラウンジとか?(行ったことないからどんなのかよくわかってないですが)、
なんと説明したらいいか、アニメも好きだしノイズも好き、
音楽はネットで無料で落すから恐ろしいほど音楽の知識があるし
あとアニメの音声を過剰にサンプリングして重ねる、とか
自分より2、3歳ぐらい下の世代のイメージ。本当にいるのかよくわからないけれど。
あ、合成音声が似てるからそういうのを連想した、というだけです。



・最近はなんとなく偏りたいな~と思っていたりしております。
そう思ってる時点で無理なんだ!という方もおりますがこの際無視しまして。
なんだかんだと世の中平坦になってきている気がしますからここは敢えて
類まれなる偏見をもちたいな、と思っている次第で。

とはいえ今のままでも偏っているというか十分に変ですから、と言う方もいて
ということはあえて何かする、と言う必要はないのか・・ふむと。

そもそもどういう意味で自分が使っているのかもよくわからないところがあります、
偏りたい、と思ったというのは例えば、関西方面の強いキャラクターを持った
バンドみたいのがやりたい、とかそういうことなのだろうか?

偏り方にも色々あるでしょうし、
でもまぁ偏りかたを好みのようなものと考えるとするならば
好みを決定するほど自分にはまだ外部刺激のようなものが足りていないのではないかと思います。

なので色々ライブ観にいかないな~と思ったり、
ちょうどバイトも決定して
お金も余裕がでてきましたし、
色々観なければと。

これもまた色々ライブ観なきゃループのはじめに戻っただけという感じもしないでもないですが。


そんでもちまして
次のライブはこちらでございます。


■10月22日(金)
「おととて vol.3」
@池袋ベムスター(http://www16.ocn.ne.jp/~bemstar/)
start 19:30
charge free

FULLCHORUS
黒澤勇人+田中慎太郎
[PR]
by eugene_photo | 2010-10-09 05:28 | 雑記

雑記

さてさて最近は色々あったのですが
とりあえず時系列でいかねば。

先週の火曜は加藤君主催で
ブレッツでオールナイトイベント。

流石に完徹はもはや辛くなってきたので
イベント前に寝てこうとしたら
案の定一時間近く遅刻。

DJイベントとはいったものの
加藤君がまさかのYUKIの一枚のアルバムから全曲流しを
行っていた!でも全曲好きなら全曲流すしかないすね。

寝てからきたので序盤はまだ元気で
齊藤さんと話す、古道の話、虫の話。
困ったら虫を食べればいいよね~、虫食が最後のフロンティア。

そういえば熊野古道に夏行こうと思ってたがすっかり忘れていた、
いずれは行かねば。

そうこうするうちに高橋君登場。
んで加藤君から指令があり、
私目がお皿をまわすことに。
例によってクロスフェードで繋げるだけですが。

1. やっぱり猫が好き/楽団☆タクマニア
2. The Perilous Night/John Cage
3. joy spring/Gil Evans
4. 夜と霧/NRQ
5. There comes a time/Gil Evans
6. ワインレッドの心/安全地帯

とかをかけたような。
とにかく最近はGil Evansが
好きでとりあえずこれをかけたいなぁと。
Joy Springの鉄琴とワウのかかったギターとベースの
ユニゾンというのがまたかっこよく、
There comes a timeなどベースの動きは全然変わらないのに
このかっこよさ!
JazzのCDでは一番好きなCDと言っても過言でなく。

高橋君がプログレみたいとも言っていたので
やっぱりJazzっぽくはないのかも。
ということはそんなに自分がjazzらしいものは好きではないんだろうな~と。

バップ弾けたらすごいなぁ~と思いつつ勉強用に聴くみたいのはあるのだが
たしかに別に好きではない・・。

この間田中君ともそんな話をしていた気がする・・
ジャズギターの音色自体あんまり好きじゃないとか、
というか田中君がいきなりエリックジョンソンを弾き始めて私は超びびったわけですが。

んで高橋君の番になる。
全員の中で一番DJ経験豊富だし
やっぱり上手い。

終わった後加藤君と友達で少しやっていたんだけれど
ミキサーの色んな設定が変えられていて
ミキサー色々よくわかんないツマミがあるけど
使い倒していたのか~と一同戦慄が・・。

高橋君がシンディー・ローパーのGirls Just Want To Have Funを
流していたので海外ドラマのボーンズを思い出す。
前に書いたような気もするのですが
法人類学者のテンペランス・ブレナンは骨のスペシャリストで
毎回白骨化した死体の骨から事件を解いていく一話完結のお話なのです。

んでたまたま音楽バーのようなものが舞台だった回で。
専門のピアニストがおり、歌手の卵が曲をリクエストして
伴奏してもらって歌う、というようなところ。
まぁそこで殺人が起こり、解決するわけですが。

「君は歌なんか歌わないだろ~」みたいなことを相棒のシーリー・ブースが言うわけです。
テンペランスは知的で聡明であるが、故に合理的すぎるきらいがあり、
融通がきかないところがあったり。キリスト教を信じるシーリーとはやっぱり宗教の話をすると噛みあわなかったり。他人の感情を読み取るのが得意ではなかったり。または合理的過ぎることが自分の感情を隠してしまったり。

まぁ「わたしだって十代のころは歌を歌っていたりしたのよ~」とテンペランスもかえし
じゃあ歌ってもらおうじゃないかと、事件を解決したあとでセッティングして
そのバーで歌うことに。
んでシンディー・ローパーのあの曲を歌うわけですが、
まぁこれは何が言いたかったといえば、良いシーンでした、と。
とかいってこのあとブースが銃で撃たれちゃったりするわけですが、
次の週の回には復活しますが。

ボーンズも大体観てしまったので
今はデクスター・ゴードンを観始めております。
殺人の衝動を抑えられないデクスターは、
刑事の父親からテクニックを教わって凶悪犯罪者を殺していくという話でございます。
デクスター自信も鑑識なのですが殺人事件の現場をみて
犯人の手口の鮮やかさに思わず顔がほころんだりしてししまいます。
「今度の犯人は、オレより上手だ・・・」
「血をぬくだなんて・・すばらしい!今日は最高の日だ!」

「ジョーカー」の堺雅人にもこんぐらいやってほしかったな~。

舞台がマイアミでここはキューバからの亡命者が多く
BGMもキューバ音楽がメインで、
それがまた殺人鬼の話なのにワンクッションおいてユーモアのようなものがでてます。

スピード感もボーンズに比べるとのんびりしている気がします。
スピード感といえば洋画ドラマのスピード感に慣れてしまうと
邦画ドラマがとても遅く感じてしまいます。

「第九地区」みた一週間後ぐらいに「アウトレイジ」を観たのですが
大分観るときの時間感覚が違っていたり、
まぁこれはそれぞれのスタイルの問題なような気もしますが。
どちらも面白かったですし。

「沙粧妙子」は割とスピード感があったような、
当時の洋画サスペンスをかなり参考にしてたんだろうな~と。
「ケイゾク」も観始めたがどうもやっぱりテンポが良くないきがするし、
段々トリックのレベルが落ちてきているし・・運任せで成立している
殺人ばかりのような・・。

でもオープニングの中谷美紀の
クロニックラブは良い曲です。
今回のDJでもかけようかと・・・というところで
やっと戻ります!

途中寝落ちしました、
んでまた齊藤さんと二人でDJを。
齊藤さんはK-pop攻めで
まだまだ我々の知らないK-popを聞かせて頂きました。

んで自分は自分で持ってきたCDをかけるのですが
安全地帯の好きな曲もあらかたかけてしまったし
齊藤さんもK-Popほとんどかけてしまったので
後は加藤君の持ってきたCDを拝借して。

この時点でDJやっている二人以外全員寝ているという(笑)
人が聴いてないと思って色々いじっくていた、
少しはCDJの使い方とかが分かってきたかもしれない。

ニルヴァーナがあったので
heart shaped boxなどかけてみる。
これはもうとても懐かしくやっぱりかっこいいな~と。

途中から本田さんがやってきたので
バトンタッチ。

そして自分も寝落ち。
その後は本田さんと高橋君で回していたのかな?

時間がきて終了とあいなる。

なんだかんだと結構面白かったので
DJセットがあるようなところで
飲み会するのも楽しいかもね~。
それで料理とかもバッチリ作ってくれるようなところがあると尚良いのだけれど。
ピザ-ラとかでピザをたくさん頼んだりすればまぁ十分という気もするし。
自分で何か作って持ってきてその場で暖めてもらうとかも楽しそうですね~。
[PR]
by eugene_photo | 2010-10-02 03:34 | 雑記


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧