<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

音楽起源論

・最近は黒沢隆朝さんの音楽起源論など読んでおります。

音楽の起源・・ということについて考えると
結局音楽の定義とは?音楽とは何か?という話になってきますね。
主な学説としては
言語から音楽へと考えるもの、
動物の鳴き声の模倣からと考えるもの、
トーキングドラムとか遠距離の仲間とやりとりするための信号として音をつかったものから、
宗教儀式に付随するものとして、
とか色々ありましたが、結局どの辺までを音楽とするかで全然話は違ってきそうです。

「音楽」というからには「音」とは違うのでしょうけど、
ジョン・ケージのことやマリー・シェーファーのサウンドスケープが入ってくればまた
さらにややこしくなってきますね。

単純に音程をもってないパーカッション的な音でよいなら、
クロマニヨン人とかがなんか気分良いときにホホイと地面叩いただけで
よいかもしれませんし。

これもまたタイムマシンでもない限り基本的には個人個人の尺度で考えるしかないでしょうね~。
まぁタイムマシンがあっても音楽の定義は揉めに揉めると思いますが、今よりは絞られるのではないかと。

この本の中では基本的に音階に論点を絞っておられます、
どの民族がどの音律をどういう風に使ってきたとかそういった話で構成されております。
というか色んな民族に取材してその音階発生レポートをまとめた本ですね。
膨大すぎて全部把握するのは難しいのですが

興味深かったのは台湾の高砂族の話で、
高砂族というのは首狩族と呼ばれていた人たちでもあるらしく、
首狩りの風習があると。

それで彼らの合唱はハーモニーを持っている。
大体平行四度であることが多いそうです。
ドだったらファの音でハモる。
ドの音が次レにいったらハモる人はソにいくという風に
四度の関係を保ちながら歌っていくと言う。

それでこうしてハモる合唱をしているのは西洋以外だとかなり珍しいことらしく、
かといって西洋の文化と交わった歴史があるわけでもなく、
どうしてハモるのかというところが非常に不思議。

西洋はそういう風になっていったが他国をみるに
人間が必ず合唱をして最初はユニゾンで、そのつぎはオクターブでその次は
何度でハモると、なっていたわけではないらしいので、
どうして高砂族がハモるようになったかがわかれば多少音楽の秘密のようなものが
解き明かされるのではないかという話でござんして。

それでその秘密は高砂族が演奏する弓琴にあるのではないかということでして、
その弓琴は弓の先を口にくわえてベンとならしながら口を開け閉めして演奏すると言うもので
多分口琴に近いイメージなのですがその倍音の変化がちょうど四度とかになるという話でした。
倍音の変化だから我々には音程が変化したというよりは
シンセサイザーのフィルターが変化しような音色が変わるような感覚に近いと思うのですが
その倍音の変化を聞き取っていると。

つまり器楽が先で、弓琴から得られた音程でハモっているということらしいです。


どの本か忘れましたが小泉文夫さんの本でもそういえば高砂族の描写がありましたね。

歌が上手い部族の方が首狩りが上手いと書いてあって、
首狩に行く前い部族の長が即興的に歌ってそれにハーモニーで
ついてこれないと今日はやめにしようとかしてたとか。

部族内での連携がしっかりしているかの目安にしてたということなんでしょうなぁ、
どこまで関連するかわからないけれど。歌はあわせるのがうまいけど戦いでは協調性ない人とか
別にいてもおかしくなさそうですし。

しかし、首狩族が発するハーモニーって
非常に字面だけだとセンセーショナルな響きがして
どこかよくできた話と言う感じがしてうさんくさい感じはどうしてもしちゃいますね(笑)

聴いてみたいが音源化されて普通に聴けるものなんだろうか?
多分小泉文夫資料室に行けば聴けそうな気もしますが・・。
これは気になる・・。
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-26 03:35 | 雑記

小石川植物園

休日に小石川植物園に。
入場券は入口ではなく近くのスーパーというか個人商店で買う。
実家の小学校とか中学校の周りでもこういった店は残っているまい。

あまり花や草は芽吹いているのがなくて
土にネームプレートだけ刺しているのが墓地のようにみえなくもなく。

梅が咲いているのだがあんまり綺麗に撮れなかったので載せず。
温室は休みの日だったようで見れなかった。

d0137559_511295.jpg
d0137559_512064.jpg
d0137559_512948.jpg
d0137559_52865.jpg
d0137559_522152.jpg
d0137559_524154.jpg
d0137559_524883.jpg
d0137559_525792.jpg

[PR]
by eugene_photo | 2012-03-24 05:07 | 写真

W

・渋谷のwwwにライブを観にいったり。
そういえば数日前にここでBRDG#5もあったんだっけか。
エレクトロニカのライブを一挙に観れる良い機会だったのだが行けなんだ・・。

wwwは元は映画館のライブハウスで行ってみたら
確かここ一回ぐらい映画みに行った事があるような気がする。
何を観たのだっけ?
「こまねこ」とかだったような気もしたが、違ったっけ?

今回は
キセルとオオルタイチ+ウタモを観に。
オオルタイチ氏ウタモ氏ともに元々ウリチパン郡というバンドの二人なので
ウリチパン郡の曲も数曲やっていたけれど
弾き語り+シンセとコーラス的な今回の演奏だと大分ウリチパン郡の異国情緒は
削ぎ落とされていてそこら辺の差が面白かったです。

キセルも「ベガ」をやってくれたりして大満足でございました。
今回も高田渡のカバーをやっていた。
原曲はこんな感じなんですなぁ。



演奏終わってアンコールでは
二組一緒に演奏。
これもまた良かった・・。

う~ん歌モノもいいですよね。

というわけで今年観たライブ四本目でございました。
年間100の予定がすでに月に一回みるペースと化している・・。


1.コンポージアム2011「サルヴァトーレ・シャリーノの音楽」
2.『冬の樹』TAMARU(ベース・ギター)、横川理彦(ヴァイオリン)、Sachiko M(サインウェイヴ)
3. 「ブレッツに帰ってきたゾうさぎべや」KO.DO.NA.+七雪ニコ(ダンス)、人間ドッグ・バンド+変ガキドレス朗(板垣雄一朗+変なドレス)、蓄音機DJ>KO.DO.NA
4.キセルとオオルタイチ+ウタモの東京リサイタル
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-14 04:21 | 雑記

ミレニアム

・ミレニアム ドラゴンタトゥーの女を観にいった。
CMがとっても面白くなさそう感があったのだけれど
観れば重厚なサスペンス、二時間よりもっと長い上映時間でしたが
全然気になりませんでした。
CMもやはりちゃんと作らないといかんのですな・・。

音楽もよくてオープニングのレッド・ツェッペリンの
「移民の歌」のカヴァーかっこいいなぁと思ったらトレント・レズナーでした。
それはかっこいいですな!
映画の音楽自体もやっているようです。




・近藤譲著の“音楽”という謎読了。

近藤譲さんは現代音楽の作曲家ですが、
この本では音楽美学や音楽学に触れています。
最初の章に
実際に音楽に携わる人は音楽そのものについて考えることは少ない、
といったことが書いてありますが確かにそうなのだと思います。

私もどちらかというとそう思っているのですが
音楽とは何かということについて延々考えているよりかは(実際それは答えは人それぞれ、
というところにしかたどり着かないのでは)実際の技法を学んだり練習したりということに
時間を割いていたほうが音楽をする人間にとっては有意義である。それはもっともだと思われます。
結局音楽が何かということについて考えるのは哲学者ぐらいであると。

しかしこの本はそこであえて作曲家である近藤さんが音楽について考えてみようと書いている本でして音楽美学や音楽学などについてふれつつ近藤さんの考えが述べられているという感じになっております。

最後の章ではそういうところを説明したうえでじゃあ今現代音楽をやる近藤さんは自分の音楽をどうとらえているかというところにふれていてこれもまた面白かったです。
現代音楽の作曲家は一人づつそれぞれ独自の書法を持っているというイメージなのですが
近藤さんの自作の説明だと書法という感覚で作っていないような・・。
実際には何かあるのかもしれませんが。

後半にウィトゲンシュタインの引用がでてきて、
うわぁ~またウィトゲンシュタイン表れた!と思いました。
しかもやはり後期からの引用!
偶然のような気もしますが内田樹さんにとってのレヴィ・ストロースのように、
自分にとってはウィトゲンシュタインが軸になりそうな気がしているので
やはりまたウィトゲンシュタイン読み直さねばと思いました。

近藤譲さんの考えは結構自分がうまく言葉にできない部分を形にしてくれている気がして
非常に親近感があるのですが実は申し訳ないことに曲を全然聴いたことがないという・・。




・内田樹さん著のもういちど 村上春樹にご用心、読了。
息抜きで合間に読む感じ。

村上春樹は自分も好きなのですが
内田さんの評論が基本褒めに徹しているので最初読んでいて
これは大丈夫だろうか、お金の流れがあるのだろうか、というか
褒めに徹してると流石に妙な気持ち悪さがというか居心地の悪さが・・。

ただなんでか真ん中を過ぎてからはあまり気にならなくなってまいりました。
村上春樹の面白さは多分1970年ごろのシティライフをどうのこうのというよりは
神話性にあるというのは自分もなんとなく思っていたのでそのあたりはそうだそうだ!と勝手に頷きつつ。
(ただ自分が勝手に記憶を捏造して本を読んだあとでそう思ってました~という後だしも否定できませんが。。)
ノルウェイの森とかも実のところバンシーのようなものの話という気がしてます。

「羊をめぐる冒険」が
レイモンド・チャンドラーの「ロンググッドバイ」のリメイクで
それが
フィッツ・ジェラルドの「グレード・ギャッツビー」のリメイクで
それもまた
アラン・フルニエの「ルグラン・モーヌ」のリメイクであるという話は
目から鱗でした。

グレートギャッツビーは読んだけれど全然似ているなど思いもしなんだ・・。
そういえば村上春樹はグレードギャッツビーとロンググットバイを
翻訳していたりもしているし・・。
「ルグラン・モーヌ」もそのうち読まないとな~と思った次第。

本には収録されていなかったけれど
内田さんの村上春樹関連の文章ではこれも面白かった。
というかこの事件事態が興味深いのですが。
村上さんの本編集が自筆原稿を売り払った、という事件なのですが。
http://blog.tatsuru.com/archives/001595.php
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-12 01:29 | 雑記

ライブ終了~

・遅くなりましたが先週の茶箱でのライブ
お客さん、店長さん、出演者さん誠にありがとうございました!

久しぶりにお客さんもたくさん来てくださって、
このところショボーンとしていたので大変励みになります、ありがとうございます。

Ocoyは映像とギター演奏だったのですがトラブルで
映像は流しっぱなしでそれに即興がのっかるという風になりました。
実際は映像にも音がついていて、それに対応する何かがあったらしいんですが・・
また是非懲りずにリベンジして頂ければと思います!

黒澤田中デュオはどうもしっくりいかなかった気がする・・
練習時もいまいちな部分もでてきたしちょっと転換点なのかな、と言う感じもしてきております。
とりあえず私はギターを練習せねば。
アコギの分どうしても細かい部分まで気をつけないと演奏の完成度そのものに即効で影響を与えてくる。なかなか難しいところです。もっと手の延長のように弾けたらよいのだが。

と自分の番が終われば後はもう観るだけと、fourcolor、伊東さんの演奏を
堪能させて頂きました。

fourcolorは杉本桂一さんのソロで
想像してたよりも激しい演奏でかっこよかったです。
音源では作りこまれている印象だったのですが
こちらはライブで活きてくるダイナミズムや勢いを重視した演奏という感じがしました。

伊東さんは途中電源トラブルで中断があったものの
やはり演奏は素晴らしかったです。
リズムトラックを流しながらその上にオプトロンの演奏が載るという感じでしたが、
実は逆転しているように思える瞬間もあり流石でした。



・最近はとにかくあせるあせる。
良いのを作るにはけっきょくちょっとずつ時間をかけてやっていくしかないのですが
状況的にはすぐ結果を!結果を!てなもんで
じっくりやらねば結果もなにも・・と思いつつしかしあせる・・ということで困ったもんです。

最近はよく本を読んでいてそれだけでも随分こうどこかへ行かなくても世界が変わるというか、
坂口恭平さん的に言えば別のレイヤーが見えてくるというか非常に面白いですね。
ちょっと本を読んだらこうなのだから、もっと勉強してみたいという気も結構してきていて、
それがまたこう今の急いで状況をなんとかしなきゃ!というところと真逆な気持ちで
それはまた困る・・。環境を変えてすぱっと勉強に専念してみたいという気までしてきてるからな~。ある程度自由な時間があった学生時代に色々やっときゃよかったと後悔が・・してもはじまらないですが。

とか言ってるときに南博さんの
白鍵と黒鍵の間にを読み始めたら止まらないわけでして。
ジャズピアニストの南さんの10代~20代のころを思い返してのエッセイなんですが、
これがまた面白い。メインは銀座のクラブでピアノをひいている時の話でそこから
バークリーに行くまで。やっぱりストレートに人生が進んでいると言う感じよりかは
回り道をしている感じでどうも回り道しているような方は好きですね。
このエッセイ確か続編もでているのでそちらも読んでみたい。
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-04 05:18 | 雑記

3月の行きたいライブ

3月はまだ情報が少ないのかピンとくるものが少ないような・・。
大丈夫だろうか・・何の心配してるかよくわかりませんが。

私自身は3月は金欠確定なので
またライブ、コンサートなど100本観る予定が遠のいていっているわけです。


■3月1日(木)祖師ケ谷大蔵「Cafe MURIWUI」
『二管十二弦』
秋山徹次(ギター)+ 都筑バク(ギター)デュオ、田中邦和(サックス)+ 高岡大祐(チューバ)デュオ

■3月2日(金)八丁堀「七針」
『トイピアノによる現代音楽コンサート』
河合拓始(トイピアノ)
ゲスト出演:伊左治直、鈴木治行

■3月4日(日)横浜「横浜みなとみらいホール レセプションルーム」
『白石美雪のはじめて聴く現代音楽』
講師:白石美雪(音楽学者)、大友良英(ギタリスト)
3月18日に開かれるコンサート「出逢うことのなかったピアソラとケージのために」に向けてのプレイヴェント。


■3月5日(月)晴れたら空に豆まいて
AINOTE Vol.2
南波志帆 / 永野亮(from APOGEE) / ビューティフルハミングバード


■3月7日(水)渋谷「Bar Isshee」
今井和雄ソロ

■3月9日(金)秋葉原グッドマン
doubt music presents
teneleven(ナスノミツル+坂口光央+南方美智子+山本達久)
/ sim(大島輝之:gt / 大谷能生:electronics / 植村昌弘:drums)


■3月10日(土)浜田山「浜田山会館」
The Tokyo Improvisers Orchestra
ヴァイオリン:阿部美緒、梶谷裕子、小塚泰、高橋暁、保科由貴、丸山明子、矢野礼子
ヴィオラ:田中景子
チェロ:大沼深雪、橋本歩
コントラチェロ:岡本希輔
コントラバス:高杉晋太郎、Pearl Alexander
篠笛:瀧田真奈美
フルート:Miya
オーボエ、イングリッシュ・ホルン、ピアノ:Entee
リード:堀切信志、森順治、Ricardo Tejero
トランペット:横山祐太
トロンボーン:古池寿浩
ギター:臼井康浩、細田茂美、吉本裕美子
エレクトロニクス:高橋英明
サウンドスケープ:益田トッシュ
パーカッション:松本ちはや、渡辺昭司
パーカッション、ヴォイス:ノブナガケン
ヴォイス:徳久ウィリアム
ピアノ、ヴォイス:蜂谷真紀
ピアノ:荻野都、照内央晴
ダンス:木野彩子、佐渡島明浩
ダンス、ヴォイス:冨岡千幸
朗読:永山亜紀子


■3月10日(土)SND / NHK / AOKI Takamasa / 渋谷慶一郎 + 池上高志 / and more
BRDG#5
渋谷www
SND(Mille Plateaux/Raster Noton)
NHK(Raster Noton/Important Records/PAN)
AOKI takamasa(Raster Noton/op.disc)
DUB-Russell(+MUS)
Jealousguy(Ihatov Remains/Lo-Vibes)
Special Guest:Keiichiro Shibuya + Takashi Ikegami
▷visual
Tetsu Kondo
Daihei Shibata (WOW inc.)
▷lounge
eli walks(motion±)
Yaporigami(+MUS/Hz Records)
Avec Avec
Fugenn & The White Elephants(PROGRESSIVE FOrM/Hz Records)
34423
nanonum
▷food
浅草橋天才算数塾


■3月13日渋谷www
キセルとオオルタイチ+ウタモの東京リサイタル


■3月18日(日)横浜「横浜みなとみらいホール 小ホール」 
『出逢うことのなかったピアソラとケージのために』
大友良英(ターンテーブル、ギター、プリペアド・ピアノ、作曲)、佐藤芳明(アコーディオン、作曲)、Sachiko M(サインウェイヴ)、林正樹(ピアノ)、鈴木広志(サックス、フルート、クラリネット)


■3月19日(月)Salle Gaveau 晴れたら空に豆まいて
鬼怒 無月(guitar) 喜多 直毅(violin) 佐藤 芳明(accordion)
林 正樹 (piano)スペシャルゲスト:西嶋徹(bass)

■3月20日(火)東京、足立区千住「荒川河川敷(虹の広場)」
『空飛ぶオーケストラ大実験~千住フライングオーケストラお披露目会』
大友良英、遠藤一郎、堀尾寛太、梅田哲也、毛利悠子、チャンチキトルネエド選抜メンバー、千住フライングオーケストラ、ほか。
音の出る凧や他の空飛ぶものを多数使って作って、空から音が降り注ぐオーケストラを画策中です。ワークショップで制作した凧や、音がなる空飛ぶものを荒川河川敷で飛ばし、音を奏でる実験会をおこないます。


■3月24日(土)Chant Down Babylon
六本木アートナイト2012@スーパーデラックス
ライブ: HOSE、Die Kosmisch Loops、河村康輔+Hair Stylistics+山口元輝、脳 (PPP)、Green Flames、ユタカワサキバンド改めucnvバンド、三角みづ紀トリオ
朗読: 三角みづき(詩人)、大島健夫(詩人)、&モア?
DJ: 伊藤桂司、塩田正幸、かよ&袋とじ (from lastdaybikini)、Violet Fizz (aka Kuro Pipe Stardust)
VJ: onnacodomo
アニメーション: me/t/ron
ライブペイント/展示: mograg garage、ERECT MAGAZINE


■3月27日(火)東京、渋谷「ステュディオ」
中村和枝 + 河合拓始(ピアノ連弾とソロによる現代音楽コンサート)
[PR]
by eugene_photo | 2012-03-01 14:01 | 観たいライブ


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧