<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12月の行きたいライブ

・12月の行きたいライブです。
また後で色々足すと思います。
年の始まりには今年は100本ぐらいライブみるぞ~と言っていたような気がするのですが
まったくたりません。
これから一日二回みてもたりません。

今年は一年すぎるのが早い気がしますね。

■12月1日(土)@荻窪ベルベットサン
エリオット・シャープ/カール・ストーン/ゲスト:ホッピー神山

■12月2日(日)@水道橋「Ftarri」
半野田拓、宇波拓、川口貴大、平間貴大

■12月2日(日)@新宿「ピットイン」
『ソロ・デュオ・パワートリオ!』
エリオット・シャープ(ギター)、八木美知依(21絃箏、17絃箏)、本田珠也(ドラムス)

■12月2日(日)映画『サンタクロースをつかまえて』公開記念 ゆきゆきて、クリスマス
@晴れたら空に豆まいて
yumbo / 麓健一 / 岩淵弘樹監督による、今宵限りのオリジナル短編作品の上映あり

■12月3日(月)ローカル・ミーティング vol.4 @Last Waltz
キノマルヨウコ、Go Everywhere、山崎怠雅、平井ミエ、

■12月4日(火)@西麻布「スーパー・デラックス」
エリオット・シャープ オーケストラ:エリオット・シャープ(ギター)、八木美知依(21絃箏、17絃箏)、ユザーン(タブラ)、ジム・オルーク(ギター、ほか)、坂本弘道(チェロ)、高良久美子(パーカッション)、ほか

■12月4日(火)PLASTIC GIRL IN CLOSET presents Kitten's Spoon@高円寺HIGH
LINE UP PLASTIC GIRL IN CLOSET
The Levee Breaks
The Keys
OA/the terminal stage(札幌/ex,末期症状)

■12月4日(火)SECRET SPORTS #2@渋谷www
DRY&HEAVY / GROUNDCOVER. / skillkills / DJ:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)

■12月5日(水)ハリネコpresents「つって。」 @ラストワルツ
ハリネコ、箱庭の室内楽、てあしくちびる、peno

■12月5日(水)@荻窪ベルベットサン
Gnu/STAND ALONE-404
【出演】
Gnu---大蔵雅彦(alto Sax, bass clarinet, keyboards)、種石幸也(electric bass)、熊田央(drums)、イトケン(drums)、千葉広樹(violin, contrabass, electronics)
STAND ALONE-404---坂口光央(syn)、4+4=8(bass)、若杉大悟(drums)

■12月6日(木)イーヴン・シュタイナー vol.7@渋谷www
salyu × salyu / Oorutaichi Loves The Acustico Paz Nova Band

■12月8日(土)@大崎「l-e」
『江崎將史「巴投げ・弐の1」』
20:47から7秒間トランペットでCの音を吹奏。それ以外は無音。

■12月8日(土)カーネーション CARNATION tour 2012 "SWEET ROMANCE"
@渋谷www

■12月8日(土)@荻窪ベルベットサン
ジョン・レノンの命日にblacksheepと日比谷カタン!

■12月9日(日)吉祥寺「Sound Cafe dzumi」
今井和雄(ギター)ソロ

■12月9日(日)@水道橋「Ftarri」
川口貴大 + 康勝栄 + 徳永将豪、美川俊治 + JUNKO

■12月11日(火)ライブラリアンズのパーティーvol.1@新宿御苑パペラ 
hikaru yamada and the librarians(ラウンジセット)   
むんず   
hikaru yamada and the librarians(ダンスセット)
yama yuki's "tones or sounds"【Arkestra set】  

■12月15日(土)@大崎「l-e」
『イグノラムス・イグノラビムス ミュージック Chapter 3』
木下和重(ヴァイオリン、RX-7)、鈴木學(エレクトロニクス)

■12月16日(日)@大崎「l-e」
『関心の壺 第2回 「録音について」』
トーク:柳川真法 (Amephone)、宇波拓、角田俊也

■12月20日(木)「毛玉の毛玉」
@南池袋ミュージックオルグ
ハシダカズマ(from箱庭の室内楽)+本田琢也(from箱庭の室内楽)
Go Everywhere(鈴木美紀子Vo、g露木達也Dr.、永田健太郎g)
やまのいゆずる
毛玉

■12月23日(日)西麻布「スーパー・デラックス」
Marginal Consort:今井和雄、多田正美、椎啓、越川 T

■12月27日(木)渋谷「Bar Isshee」
今井和雄トリオ:今井和雄(ギター)、伊東篤宏(オプトロン)、鈴木學(エレクトロニクス)
[PR]
by eugene_photo | 2012-11-30 01:20 | 観たいライブ

23、24、25の外語祭

・11月24日の東京外国語大学の学園祭で
13:00~ 山田光(サックス)・黒澤勇人(ギター)・高島正志(ドラム)
演奏致します。

久しぶりに23日現在朝早く起きてるので
自分が出る日だけでなく23日の情報も載せておきますね。
山田君の企画は21日から5日連続でやってますので25日のも。
色々面白そうなので24日来られない方は23日、25日に行ってみるとよいと思いますよ!
無料なので外語祭をいろいろまわる途中でふらっと立ち寄られてもよいと思います、
外語祭ではいろんな国の料理の屋台がでてるそうなので楽しみです。
ご飯のことばかり考えています。

アクセス情報などはコチラ


■11月23日  12:00~ deadheadsat佐藤利樹ソロ(説話・映像)
      12:30~ 竹田圭助(オーボエ)ソロ
      13:00~  本田祥康(ギター)・山田光(サックス)・荒井康太(ドラム)
      14:00~ 50次倍音鈴木公二(サックスetc)・山田光(サックス)・荒井康太(ドラム)
      15:00~ トロポイ(ギターデュオ)
      16:00~  山田光(サックス)・佐藤洸(ギター)デュオ

17:23 施錠


■11月24日  12:00~ deadheadsat佐藤利樹ソロ(説話・映像)
      12:30~ 山田光ソロ(アルトクラリネット・ソプラノサックス)
      13:00~ 山田光(サックス)・黒澤勇人(ギター)・高島正志(ドラム)
      14:30~ hikaru yamada and the librarians
      15:00~ 影山朋子ソロ(ビブラフォン)
      16:00~ 白石美徳(ドラム)・田井中圭(ギター)・山田光(サックス)
18:35 施錠

■11月25日 The Tokyo Improvisers Orchestra Work Shop
東京外国語大学  第90回外語祭 http://www.gaigosai.com/vis_index.shtml
部屋: 223
時間:12:00 - 18:00
料金 : 無料
The London Improvisers OrchestraよりビオラのBenedict Taylor 氏、そして彼と日本での行動をともにするインドの
コンテンポラリー音楽を演奏するKENDRAKAのメンバーが参加します。彼らの詳しいプロフィールはこちらで確認できます。
http://miya-music.com/KENDRAKA-Miya-Benedict

出演者プロフィールなどコチラ
[PR]
by eugene_photo | 2012-11-23 08:19 | 告知!

ビッグ・データとミュージサーカス

・最近はビッグデータの衝撃という本を読んでいる。

なにかでビッグ・データという言葉を聞いたか読んだかして
気になったので読んでみたのですが結構面白くて、
うまく説明するの難しいのですが
定義としては「既存の一般的な技術では管理するのが困難な大量のデータ群」
で管理が困難になる理由はその量と、多様性、発生頻度とのことです。

例えばツイッターのつぶやきなんかは
ツイッターに参加している人がどんどんつぶやいて日々蓄積されていっているので
膨大なデータになっています。
天気に関するつぶやきと位置情報を集めて、
どの地域で天候がどうなっているかを教えてくれるホームページなどがあります。

また、グリーではゲーム内の課金アイテムの色違いで
ユーザーが同じ形のものでどの色のアイテムを購入するかを調べて利益を得ているそうな。
ゲーム作りに関しては個人の感覚よりデータを最優先しているとのこと。
確かに何十万人も会員がいて、それが一人百円のアイテムを買うとして、
それがちょっと色を変えると目にみえて買う人が増えるならそうしていくに決まっていますな・・。

アマゾンだったら
購入したものと同じものを買っている人の顧客情報を調べて、
同じものを買っている人が他に何を買っているかを教えてくれるおすすめ情報とか。

マクドナルドだったら、
携帯会員だとクーポンがそれぞれの消費行動にあわせて発行されるとか。
以前はよく来ていて食べるものが決まっていたら、
そのよく食べていたもののクーポンをだすとか。
うまく消費意欲を促すようにそれぞれにあわせたクーポンが発行される。

そういえばこのあいだツタヤでDVD借りたらクーポン発行されたけど
これももしかしたらTポイントカードで他に何を買っているかを分析して
発行されているのかもしれない。

色々本に載ってた例をあげてみたけど説明するのがやはり難しいので
よくわからん人はまぁ本を読んでください!


今の時代はポストモダン的といいますか
「大きな物語」がなくなった時代なのだと思いますが、
こうそれぞれに好きなものがあって皆で共有できるものがなくなってきているというか。
(最近じゃあヱヴァくらいかもしれませんね、はよ観たい!)

企業側がビッグ・データを分析することで、
それぞれ皆好きなものが違うなら調べ上げて把握したらいいじゃない!って感じなのでしょうか。
資本主義はポストモダンも超克する、ということで非常に
アメリカンな感じがして面白いですね。

でももっともっとビッグ・データが進むと
何かデジタルのパンクというかそういうものがでてきそうな感じがしますね。
もうありそうですけど。
思想としてデータセンターを物理的に破壊してまわるとか
管理されないぜ~データも結局はものだぜ~、とか。
まぁネットを絶対に使わない、という信条の団体とかありそうですね。


・そのビッグ・データとこの間参加したケージのミュージサーカスを
なにか関連づけて考えられたら面白いなと思ったのですが
なかなか難しい。

300人ぐらいの演奏者がいてそれぞれの演奏をするっていう通常の演奏会では
有り得ない情報量の多さと参加者がインターネットでの公募を中心に集められている、
っていうのが多少ビッグ・データ的なものと関連づけられそうな気もするのだけれど。

最近ではフラッシュ・モブというパフォーマンスが流行っているみたいなんですが
例えば街中でいきなりとつぜん数100名の人が静止する、
とかマイケル・ジャクソンの踊りを踊りだすとかそういうもののことらしいのですが、
これはやっぱり一人とか二、三人でやってもあまり意味をもたない。
たくさん人がいるから意味や面白さが生まれてくるものですね。
そしてある程度人数を集めるにはインターネットで公募という手段をとることになる。



というところで何が言いたかったか思い出しました。
ミュージサーカスは社会の理想的な状況を表している、という話があったような気がして、
それは一つの音楽を皆で演奏するのではなく、それぞれの人が独立して成り立っている社会、
ということだったと思いますがビッグデータでは多分その独立している個人個人も
分析して利用することができるということなのだと思います。

ビッグ・データは最終的に多分人間はタイプで分類できるというところにたどりつき、
個性という言葉の意味を失くしていくのでしょう。
ビッグ・データの技術が進めば、人間の創造性と解析の戦いという感じになってくるのかしらん。

その解析がすんでしまえば例えば人工知能のようなものも作ることができるのでしょう。

伊藤計劃のThe Indifference Engineだと(SF小説なのですが)
肉体を取り替えて人格や記憶を転写しながら何十年と活躍するスパイが登場するのですが
最終的に転写をしすぎて自分の意思がまったくなく習慣だけで動いているという風になってしまうのですが、
これの怖いところは他の人にはこのスパイの意思が消失していることなどまったくわからないのです。
話せばいつものように応えてくれる(なぜなら「自分」が習慣化している、ルーチンの枠内での反応でしかないので)、任務もしっかりこなす、ただしその人には意味がない。

そういうものなら作れるようになるかもしれません。
外面上はなにも人間と変わらないもの、というかそれ実際にどう違うかを自分たちは
知ることができるのか?そもそも自分たちの思考が習慣でないと何故言えるのか?
虫とかが単純な仕組みで動いているようにそれが単に複雑になっているだけで
実のところ人間に意思というものが存在しているのか?

こらぁもう哲学の領域ですね。


あ、ミュージサーカスの実際に演奏に参加した感想ですが今回はもう
ビッグデータ話で精一杯なので後で思い出したら書きます~。
[PR]
by eugene_photo | 2012-11-20 02:18 | 雑記

外語祭

・11月24日の東京外国語大学の学園祭で
13:00~ 山田光(サックス)・黒澤勇人(ギター)・高島正志(ドラム)
演奏致します。

山田君に誘って頂きました!
なんと外語祭は5日間、
21日から25日までやっているそうで、
その間山田君の企画も5日連続でやっているとのことです!

詳細なタイムスケジュールなどコチラ
常にどの日も山田君は演奏しているので
5日間の他のもどんどん行かれるとよいと思います。
最終日はTokyo Improvisers Orchestraのワークショップもあるとか。

アクセス情報などはコチラ

外語祭は語学専攻のクラスでそのやっている先行の国の料理をだすらしいので
色んな国の食べ物が食べれるみたいなのでとても楽しみです!



・先週は箱庭の室内楽のライブを観にネストへ。
行くまで知らなかったけれどアニス&ラカンカもでてて観たかったので得した気分。
箱庭の室内楽は音源はかなり作りこまれている印象なのですが
ライブだとライブのよさというかエネルギッシュでよかったです。
一人色んな楽器を持ちかえている方がいて、
自分はこう切り替えが得意ではないのでよいな~と思いました。
今ギター弾いたけれどちょっと一瞬キーボードを弾かねばとか言うときに
キーボードに慣れるにはすいません三十分ほどキーボードを弾く時間をください、
ということになりかねません。
箱庭の室内楽のヴォーカル橋田さんとベースの本田さんは
12月の自分が企画しているオルグのイベントに出演頂くことが決定しております。
詳細まとまったらどんどん告知していきたいと思います!

しかし今年ももう11月なのに
たいしてライブみてない・・・。

1.コンポージアム2011「サルヴァトーレ・シャリーノの音楽」
2.『冬の樹』TAMARU(ベース・ギター)、横川理彦(ヴァイオリン)、Sachiko M(サインウェイヴ)
3. 「ブレッツに帰ってきたゾうさぎべや」KO.DO.NA.+七雪ニコ(ダンス)、人間ドッグ・バンド+変ガキドレス朗(板垣雄一朗+変なドレス)、蓄音機DJ>KO.DO.NA
4.キセルとオオルタイチ+ウタモの東京リサイタル
5.「Tyme. x Tujiko & くふき Release Party」Tyme. x Tujiko/くふき/AOKI takamasa
6.コンポージアム2012「細川俊夫の音楽」
7.コンポージアム2012年度武満徹作曲賞本選演奏会
8.下北沢インディーファンクラブ mmm/Arfred beach sandal/王舟/ホライズン山下宅配便/yumbo/カンザスシティバンド/レキシ
9.PUBLICHOUSE ATAK Dance Hall(Keiichiro Shibuya+evala)/tickles
10.Test Tone Vol. 83: Uncommon Attractors U/N.a+NOEL-KIT/Kinetic/VOIMA
11.「優遊する夏夜~渋谷毅オーケストラLive~」渋谷毅オーケストラ/ opening act:小田朋美
12.「conference of birds watching vol.1」山田光/横山祐太/影山朋子/yama yuki/田井中圭/白石美徳
13.「子午線をわたって」Tyme.×Tujiko / THE NOVEMBERS (Acoustic set)
14.Pascals Big Pink Tour 2012 vol.12 パスカルズ/ゲスト: 小川美潮
15.2012カワイ大正琴フェスティバル in 東京
16.『ビューティフル・ストーリーズ』箱庭の室内楽 / タラチネ / Lainy J Groove / アニス&ラカンカ


・ニコ動はエキサイトブログに埋め込み動画できなかったんですが
ニコ動のサイトのほうからアプローチすればできるみたいです。

こっちのほうがリンクに飛ばすよりみやすいですからね。
南アフリカのテクノ、シャンガーンエレクトロ風なミク曲を作っております。
理想は一週間に一回動画アップとかなんですがなんだかんだと
そう簡単にはいかないですね。
次に作っているのはカヴァーになりそうです。
これはこれでミミコピが苦手なのでまた遅くなりそうな予感・・。




[PR]
by eugene_photo | 2012-11-18 03:08 | 告知!

シャンガーン・エレクトロ風初音ミク二曲目

ニコ動にまたもやミク曲アップしました!
前回投稿したものから二週間くらいにと思ってたのですが結局一ヶ月以上経ってしまいました、
次はもうちょいはやくアップしたいところ。

エキサイトブログだと動画が直接貼れないので
リンクを載せておきます。
前回同様イラストは店島あやさんに描いて頂きました!
今回もシャンガーン・エレクトロ風に作っています。

Mujaga Dance

次の曲はどういう風にしたいか決まってるのでもうちょいアップがはやくなるとよい・んですが。
毛玉のほうも録音進めなきゃなのでどうなるか。
[PR]
by eugene_photo | 2012-11-05 10:29 | 動画

ジョン・ケージ「ミュージサーカス」

■11月3日(土)ジョン・ケージ「ミュージサーカス」芸術監督:足立智美
[時間]15:00~17:00
※雨天の場合、11月4日(日)12:00〜15:00に順延
会場:東京都中央卸売市場足立市場(足立区千住橋戸町50)
料金:無料(先着順でねぎま鍋の振る舞いがあります)

ということで土曜日は
ジョン・ケージの「ミュージサーカス」に参加致します!
雨天の場合4日とありますが3日は快晴らしいので多分3日土曜日にしっかり決行されると思います。

それぞれ別々のことをやっている演奏家なりパフォーマーが
様々な場所で、決まった時間に沿って演奏するというもので、
広い空間の中で様々な演奏が混じりあって聞こえると思います。
といっても演奏する人たちは各自普段やっていることを演奏して、
他の集団の音楽に合わせたりはしません。
ばらばらなままそれぞれが独立した状態が提示されます。

でも詳しくは足立さんがわかりやすく解説されているので
そちら(上手く直接リンクできず
トップページにリンクしました。右下のコラムというところです)を読むのが一番かと。

今回は300人くらい参加しているので結構凄いことになりそうですね。
自分も会場のどこかで一定時間演奏をしていますが、
実際当日どのようなことが起きるか、
自分の演奏よりも観ることがかなり楽しみだったりします。
マグロの解体ショーもあるってばよ。

そういえば最近とある方のツイッターで
ポスト・ケージ云々という話がでてて
その内容はともかくポスト・ケージって一体どういうことのことを
指してるのか気になりました。

というかその方はケージ特集号のユリイカに寄稿してるのでそれを読めばいいって話なんですが
まだ買っていない・・買わねば。

なんとなく自分としてはまだまだみなケージの手の中というか、
ポストっていう表現がどうもしっくりこなくてどういう意味合いなんだろうと。
ケージが亡くなった後も色々面白い音楽はでてきているけれど基本的にはケージの発見の中を
でているわけではない、という気がしているので。

それをでられるとすればSFチックな話ですが
多分脳科学の話になってくると思っていて、
神経とコンピュータをつなぐ、例えば1時間の音楽体験が5分で終わる(そして感動している)、とか
聴覚神経を一時的に切断して完全な沈黙がおとずれるとか、
一人一人違うはずの聴取体験を一時的に同一にしてしまうとか、
(例えば相対音感の人の脳に一時的に絶対音感をインストールするとか)
そこまでいかないと無理なんじゃないかな~とか。
そしてそういうことをするには脳のどこが音楽を認識しているかとかを
ある程度解明しなければいけないので、
そこで新しい音楽の定義が多分生まれるのだと思います。

とはいえやはりSFですね。
まぁips細胞が実現しつつあるからあながちそんなに胡散臭い話でも
もうないのかもしれませんが・・。

それは置いておきつつ、
ケージは録音をあまり好んでいなかったと聞きますし、
特に今回こういう形式のコンサートは録音はあまり意味なさないでしょうから、
とにかく参加して色々わかることがあるかな~と、
もちろん観てくださる方にも。

その後でユリイカ読んでみよっと。
[PR]
by eugene_photo | 2012-11-03 01:28 | 告知!


http://twitter.com/kurosawahako


by eugene_photo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Profile
観たいライブ
音源
告知!
写真
雑記
動画
過去のライブ
未分類

リンク

以前の記事

2017年 01月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新のトラックバック

キョードー西日本 安全地帯
from わんこの想い出

検索

翻訳

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽

画像一覧